本・音楽

竹取物語 3つの謎 ② かぐや姫の罪

投稿日:2019-09-15 更新日:

みなさま ご機嫌よう

あなたは竹取物語の中に
このような一文をみつけて、驚いたことはありませんか。

月からの迎えが、翁(おきな)に言うのです

『 かぐや姫は、ある罪を犯しなすったによって、
汝の如き賤(いや)しき者のところに、
(しばら)く身をお寄せになったのである。』

と。

「なんじのごときいやしき者・・」って
姫を一生懸命に育ててくだすった翁に向かって
天の方は、なんて酷い言い方をするのでしょう

それに、かぐや姫の罪 って?

どんなに探しても、本文に
姫の罪についての記述は 見当たらず

もちろん、子供の頃に読んだ絵本に
その記憶はなく

それ故、
その罪を解き明かそうとする研究者が
後を絶たちません

もちろん 諸説はありますが

その一説を
今宵は、覗いてみたいと存じます

 

 

 流刑の姫

駿河に鎮座する↑『富士山本宮浅間大社』には
創建より保管されている
【縁起】という書物があります

それによると
浅間大社に祀られている
木花之佐久夜毘売(かぐや姫)

夫である 瓊瓊杵尊ではない者の
子を身ごもった
その罪ゆえに、追放をうけたというのです

姫は、言います

『  実は、このわたくしの身体は、
本当はこの世の人間ではないのでございます。

・・何かの前世の因縁によって
この世に遣わされたのでございましょう。』

(川端康成・訳)

この時代でいう月は、
仏教において極楽浄土を表わし

=「あの世の極楽
地球=「この世の穢れ

となります。

ならば かぐや姫は、月の都で犯した罪
地上に送られた流刑の身

それ故、地上に長くとどまることも
殿方と結ばれることも叶わず

それで、あのように無理難題を言われた
と。
もしそうならば姫には、
決して傲慢で 我が儘なわけではない
強い意思をもった姿をも感じられますが

あなたは、どうお思いになりますか。

 

帝 


文武天皇 / wikipedia

この御方が
(みかど)のモデルではないかと言われている
文武天皇(もんむてんのう)です

持統上皇を祖母にもち
異例の14歳の若さで即位し、
わずか25歳で短い生涯を閉じた天皇です

その不遇が、
かぐや姫を失った哀しみで不死の薬を焼いてしまった
帝の姿と重なるためとも言われます

この時代を鑑みると、物語の中で
かぐや姫が5人に求婚されたのは 13歳

石作皇子(いしづくりのみこ)=左大臣多治比嶋は 73歳
車持皇子(くらもちのみこ)=藤原不比等は 38歳
右大臣阿部御主人(うだいじんあべのみうし)は 62歳
大伴御行大納言(おおともみゆきだいなごん)は 51歳
中納言石上麻呂(ちゅうなごんいそのかみまろたり)は 57歳

5人の貴公子の求婚騒動が終わったのは
姫が17歳のときの事

いよいよ 帝の登場と相成ります。

帝も
世の噂に高いをどうにかして見たくなります。

ある日、意を決した
狩りに出て竹取の翁の屋敷を訪れます。

屋敷で姫を見かけて近づこうとすると
姫は驚いて奥に逃げ込もうとして、
帝に袖を握って引き止められてしまいます

帝が強引に御輿を寄せた
そのとき、不思議なことに
姫は半透明の影のようになってしまいます

輝夜(かぐや)姫は、言います。

『 わたくしの身体が、
もしこの国に生まれたものでございましたなら、
わたくしは帝のお役にも立ちましょう。
しかしわたくしは、
この国の人間ではございませぬ。
無理にお連れになさろうとなすっても、
それは御無理でございます。』

と。

姫は、一度は驚いて姿を消してみせますが
そのあと 再び現れてみせ、
自分がこの世の人間ではないことを証すのです。

これも、かぐや姫伝説の一つ。

これをきっかけに帝は、
姫を宮中へと召されるのは諦めますが
ここから御二人の手紙のやりとりが始まるのです。

そして

かぐや姫は、月へと昇る前に
帝への手紙と共に「不老不死の秘薬」を託します

3つ目の謎
それは帝と姫の別れの物語り。

幼い頃には 語られなかった物語。

 


 

あなたは 覚えていますか・・幼いころ。

忙しい母の膝に
ちょこんと座って 物語をせがんだ日

あぐらを組んだ父の膝に すっぽりと埋もれて
その声に 耳を傾けた日

お昼寝の時間に 先生の読んで下さった本
みんなで輪になって聞いた物語を。

 

大人になった今
あの頃とは違う世界がみえてくる・・

不思議の世界へ

では この先は
また明日の宵の刻にいたしましょう

 

ご機嫌よう

⇒⇒⇒竹取物語 3つの謎 ③ 姫と帝、それぞれのラスト。

 

竹取物語
川端康成 河出書房新社 2013年11月22日
売り上げランキング :
by ヨメレバ

 

 

 

-本・音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

竹取物語 3つの謎 ① かぐや姫の名を借りた官領風刺

みなさま ご機嫌よう 『 今は昔、竹取の翁というものありけり。 野山にまじりて竹を取りつつよろづのことに使いけり…』 ご存知【竹取物語】の序文です。 あなたは、この物語にどのような印象をお …

大野智・偶像と真実。

    『 人生はね、本当に一回しかないから。 良く思うもん、悩んだり辛かったりする時とかさ 「何くよくよしてるんだ」と もう一人の自分がいるわけですよ 「人生一回しかないんだよ楽 …

竹取物語 3つの謎 ③ 姫と帝、それぞれのラスト。

  みまさま ご機嫌よう 「竹取物語」の謎を読む 三夜目。 実は、この物語の結びは、 姫と帝の2人が互いに宛てた こんな歌からはじまるのです。 輝夜(かぐや)姫は 身につけると全ての記憶を消 …

古典が苦手になる前に、子供のうちに出会いたい本

みなさま ご機嫌よう。 あなたは、日本の古典を読むことは お好きですか。 世の中には、こんな声があります。 「古典の現代語訳を読むなんて、時間の無駄」 「受験のために、興味のない古典を読むのは辛い」 …

「おこがましい」敬語よりも使える丁寧な言葉⑤

    みなさま ご機嫌よう。 宵の刻限にて 失礼いたします   水無月の頃になると 一部メディアで 通年の放映が続いている アイドルグループのお嬢さんたちの 総選挙の様 …