言 の 葉

『どう致しまして、こちらこそ・・』人柄を伝える美しい言の葉

投稿日:2019-09-20 更新日:

みなさま ご機嫌よう

あなたは この頃
誰かにお遣いになりましたか?

「どう致しまして」って。

そう。
ありがとう・・に対する謙遜の言葉。
美しい日本語のひとつ。

幼かったあの頃には、
もっと素直に
誰にでも笑顔で話せていたのに

人って、ときどき

大人の階段を上る途中で
大事なものを置き忘れてしまうもの。

宜しければ ご一緒に、拾い上げてみませんか

『どう致しまして・・
敬語よりも使える丁寧な言葉⑦

本日は、そんなお話しです

 

 由 来

『どう致しまして』
この言葉は、江戸時代から使われています。

江戸時代後期には、戯作(げさく・ぎさく)と言われる
滑稽本(こっけいぼん)があり
初期の戯作者の多くは武士階級の者です。

中でも『風流志道軒伝』などを書いた
平賀源内[戯作者の祖]と言われます。

その滑稽本には、
お茶をすすめられた時
「どういたしまして」と答える場面が見られます。
その頃から
感謝と共に遠慮や謙遜の意味で使われていたのです。

 

たおやかな物腰を感じられる
繊細な言葉と思っていたのですが・・

武士言葉が、由来なのですね。
意外です。

語源を知ると
その言葉の味わいが変わることがある

面白いですね。

 

 語 源

『どう致しまして』の語源は、
《ほめ言葉やお礼に対し、謙遜して打ち消す言葉》です。

「どう(どのように)」 + 「いたす(「する」の謙譲語)」 + 「ます(丁寧語を造る助動詞)」 + 「て(反問的用法の終助詞)」
「私は、大したことはしていませんよ(だから、気になさらないでください)」

という意味です。
いかにも、日本人らしく奥ゆかしい表現ですね。

お相手に『有難う』とお礼を言われた際に
「お礼を言われるようなことは何もありませんでしたよ」と言うのです。

この「有難う」という言葉も
元は、
「有り難きこと」つまり「有ることが難しいこと」
「普通ではあり得ないくらい大変なことをして頂いて」
という意味です。

ですから、それに対して
「どう致しまして。いいえ、そんなに大変なことはしていません」
という謙遜のお返事になるのですね。

 

「どう致しまして、こちらこそ・・」

近頃
「どういたしまして」という言葉を、
上から目線と仰る方もいるようです。

もったいないですね
美しい日本語なのに・・。

ならば、
こんな風に遣ってみては如何でしょう。

「どういたしまして」+「こちらこそ」
で仰ってみて下さい。

「どう致しまして、こちらこそ 至りませんでと。

印象も、柔らかな言葉になったように
思われませんか。

また
「どう致しまして、こちらこそ 良い経験になりました

こんな風に言い添えると、遣う方のお人柄も伝わり
やさしく美しく魅せてくれます。

 


 

あなたは、
あなたの口にする言葉に
愛情をもっておられますか?

言葉は、
使う方の心ひとつ
鋭い剣にも、真綿にもなります。

それが
「言霊」といわれる由縁です。

日本語は、世界的にも難しく
表も裏もある言語で

その意味の深さの分だけ
魅力があるのです。

心を添えて丁寧に扱えば

あなたの未来に
寄り添ってくれるはずです。

本日も
最後までお読み下さり ありがとう存じます。

『どう致しまして』

美しい言い回しで
あなたを
やさしく彩ってくれますように。

 

本日は
これにて、おいとま致します

ご機嫌よう

 

 

-言 の 葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

雛飾り【左近桜・右近橘】の置き方に困っているお母様へ。( 動画あり )

鳥居清長「子宝五節遊 – 雛遊」 引用元:  Wikipedia   みなさま ご機嫌よう ゆみこです 今日もいらしてくださり ありがとう存じます   あなたは 雛飾り …

聞き上手になるために大切な3つのこと。

皆さま ご機嫌よう 夕べは よく お休みになれました? 優しい心根に いちばん必要なのは 心身の健康かな・ って思うのですが 自分の心に 余裕がないと 誰の声にも 寄り添えないから そして よく言われ …

謎解き「ハレ・ケ・ケガレ」意味と由来。時代を読む言の葉

みなさま ご機嫌よう お見えくださり ありがとう存じます ゆみこです さて 時代を遡(さかのぼ)ることは 今を知ること 言の葉から、人の生き方さえ 見えることはあるもの 本日の言の葉は 「ハレ」と「ケ …

月暦

  みなさま ご機嫌よう ゆみこです 今日もいらしてくださり ありがとう存じます   女性は あまり熱心に 月を見上げては ならない それは 感情を 揺さぶられ過ぎるから。 いつか …

【竹取物語】の謎と作者の意図 ① 5人の求婚者たち

  みなさま ご機嫌よう ゆみこです 今日も いらしてくださり ありがとう存じます     『 今は昔、竹取の翁というものありけり。 野山にまじりて竹を取りつつよろづのこ …