言 の 葉

『貴方どうかしていませんか?』自分の身を守るための【失礼な敬語】

投稿日:2020-01-21 更新日:

みなさま ご機嫌よう

 

「どうなさいましたか」
「どうされましたか」
ならば、
それはお相手を思いやる気持ち。

けれど
『あなた、どうかしていませんか?』

と言われたなら
そこには
毒が含まれるように感じます

こんな言い回しは
そうそう
出来るものではありませんが

生きていると
どうしても納得できないこと
どうにも
許せない思いにさいなまれる
こともあるもので

吐き出したい思いに
追い詰められたとき

この言葉を耳にしたのです

と或る方の
『あなた、どうかしていませんか?』を。

丁寧でいて
シッカリと怒りが含まれているから

オススメできるものとは
言い難いのですが

怒りに耐えかねて
身を焼くぐらいなら

仰った方が良い言葉もあるはず

あなたは
この【失礼な敬語】

どう思われますか?

 

そう
あなたも お気付きのように

【失礼な敬語】という時点で
これはもう おかしな言の葉

「失礼しながら、敬う」
なんて 意味不明ですもの

それでも
自分を守るため

毒のある・棘のある相手を
敬遠するためにだけに
使うのが許される

そんな
【失礼な敬語】があってもいいかなって
私はときどき 思うのです。

 

ただ、それでも
むやみに使ってはなりません

 

もし、あなたが

思い切り
間違えたことを言われたとき

聞き捨てならないことを
言われたときに

まず
試していただきたいのは

決して 相手の視線から

目を外さないこと

まっ直ぐに
お相手を見つめ返して

背骨に一本 筋を通すように
シャンと胸を張り

黙ってはいても
決して目は離さないで
ゆっくり
呼吸を整えて

その上で

もう一度
目に力を込めて
シッカリとお相手を見つめ返して。

この時は まだ

あの言葉で
あなたの口を汚してはいけません

 

ここまでを 落ち着いて
時間をかけて 出来たのなら

それだけでも充分
お相手には
何かが伝わるものです

が…

それでも、どうしても
もっと勇ましくなさりたいのなら

 

そこで初めて
仰ってみてください

『あなた、どうかしていませんか?』
と。

お返事を聞く必要はありません

その代わり
わたくしなら

にっこり微笑んでから
深くお辞儀をし
きびすを返して すぐに失礼致します。

 

人の誠は
人それぞれです

積み上げた経験や出会いは
互いに違うから
言い分はあるもの

だから
解らずともいいの

ただ
あなたには
あなたを信じている人を
裏切らないという責任があります

大切なのは
時に

正しい言葉を遣うことではなく
自分の芯を守ること

・・・。

あなたは
どう感じましたか

 

本日はこの辺りで
お暇いたします

 

ご機嫌よう

 

 

-言 の 葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【軍配】「宝尽くし」の意味⑨着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 宝尽くしに描かれる文様の中でも、 ひときわ勇ましいのが、 こちらの【軍配】文様です。 主に、男児の着物の絵柄として 目にしますが、そこには どういった意味が込められているのでし …

『御冠(おかんむり)』の意味・語源。かんたん解説

  みなさま ご機嫌よう。   機嫌の悪い人のことを 「あの人、おかんむりね。」などと言います。 その意味、それは? 何故こんな言葉が生まれたのでしょう? 本日は、 【御冠 おかん …

年末年始に見直したい。ふるさと別の言い方で「お粗末さま」

みなさま ご機嫌よう。 お帰りなさいませ。   「お食事できましたよ。」 「いただきま~す。」 「ご馳走様でした」 あなたがご馳走した側なら、 この後なんと仰いますか。 「お粗末さまでした」 …

「行って参ります」② 文法・意味・文例・使われ方 を識る

日ごろより ご覧いただき ありがとう存じます うつくしい日本の口語に ご興味のあるあなたへ 質問です あなたは 普段 おでかけになるとき 「行って来ます」とおっしゃいますか? それとも 「行って参りま …

古典が苦手になる前に、子供のうちに出会いたい本

みなさま ご機嫌よう。 あなたは、日本の古典を読むことは お好きですか。 世の中には、こんな声があります。 「古典の現代語訳を読むなんて、 時間の無駄」 「受験のために、 興味のない古典を読むのは辛い …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

【 恩 師 】

山王日枝神社
宮西惟道 師

松竹衣裳
根津昌平 師

和裁学苑
村林益子 師

小笠原流礼法
吉澤菱久 師

煎茶道日泉流
小泉萌生 師

日本舞踊
花柳美貴龍 師

京都芸妓
中嶋よしゑ 師