言 の 葉

『頑張らなくていいよ、居てくれるだけで』真心を伝える美しい言の葉

投稿日:2019-10-16 更新日:

 

みなさま ご機嫌よう

本日
あなたへ お伝えしたい言の葉は、
こちら。

『がんばらなくていいよ、居てくれるだけで』

 

いま、頑張っている あなたへ
心をこめて。。

 

充分に 嬉しい存在だから・・

 

頑張る・・ って。

頑(かたく)なに 心を突っ張って、
一所懸命に努めます 。

と、いう事でしょうか

 

目の前に 立ちはだかる壁に
闘志をもって 果敢に挑む!!

それは 確かに
人間として 美しい姿でもあります。

 

でも、それは
あなたの ここ一番のときの為に

とっておいて下さい。

 

例えば

生まれたばかりの赤ちゃんに
お母さんは
「早く立て!」なんて言わない。

ほんの一瞬、
笑ったように見えただけで

『見て見て~
うちの子って、天使みたい~♡』

となるもので

そして、他の子より
一日 早く立ち上がっただけで

『うわぁ~
うちの子って、すごーい!天才?』

となる… (微笑)

 

なのに

人は、歳を重ねると

いろいろな 経験と
いろいろな 想いを重ねて

嫌でも
どんどん みんな頑張って

居てくれるだけでいい
・・ではなく、
「 頑張れ!」 って言われようになるの。

 

せめて

一緒にやろう って言ってくれたら
強くもなれるのに

何でかな。。

 

甘えん坊だって
わがままな子だって
頑張ってないように見える子だって

本当は、頑張っているはず。

なまけ者に見える・・

って?

どこを見て言うのかな。

 

大人には 誰でも

一人一人に 違った立場があって
責任があって、
たくさんの 我慢もある。

 

それでも
幸せになりたくて

みんな 必死でがんばっている

みんな 偉いよね

 

ほんとうに辛いときは、
無理して
大人顔なんてしなくていいからね。

『 がんばらなくていいよ、居てくれるだけで 』

 

もしも、あなたのそばに今
必死に 頑張っている人がいたら

伝えてね。

そばに居てくれるうちに
それも大事

 

それも駄目なら

心の中で
『 ムギュ―――ッ!! 』  って
思いっきり抱きしめてあげて

そういう事は、黙っていても
視線で伝わる

必ず、伝わるから

 

想いは
言葉よりも重いものだから

 

 

 

ご機嫌よう

 

-言 の 葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

愛される聞き上手になるために押さえたい、3つの事。

  皆さま ご機嫌よう。 よく お休みになれました? 優しい心根に いちばん必要なのは 心身の健康かな・ って思う 自分の心に 余裕がないと 誰の声にも 寄り添えないから よく言われるのが …

「おはよう」の意味と由来・この言葉を24時間使いますか?

  みなさま ご機嫌よう そして おはようございます ゆみこです   夕べは ゆっくりと お休みになりましたか あなたの とっておきの 「おはよう」の風景はどんなですか 本日は 「 …

【打ち出の小槌】「宝尽くし」の意味⑧着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 お着物を大切にされている あなたへ。 あなたの身にまとうお着物には 何が描かれていますか? そこにある物語を読み解いて参ります。 本日は【宝尽くし】の意味を探す 八の巻 『打ち …

『うつつを抜かして得るもの』敬語よりも使える深い言葉 ①

みなさま ご機嫌よう お見えくださり ありがとう存じます ゆみこです   いきなりですが あなたは、どう思われますか? 自分のために 大切に、うつつを抜かす人生 私は 有り・・と思うのです …

『いらしてください』いつまでも女らしさを大切にしたい人の言葉②

みなさま ご機嫌よう。 あなたは 誰にでも臆することなく いらしてください・・と言えますか? ええ、もちろん。 と仰るのであれば、私 ほんとうに尊敬してしまいます。 私も、そうでありたい。。 本日は、 …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

【 恩 師 】

山王日枝神社
宮西惟道 師

松竹衣裳
根津昌平 師

和裁学苑
村林益子 師

小笠原流礼法
吉澤菱久 師

煎茶道日泉流
小泉萌生 師

日本舞踊
花柳美貴龍 師

京都芸妓
中嶋よしゑ 師