言 の 葉

「すみません」が口癖のあなたへ。 直すために 魔法の言葉を。

投稿日:2020-06-15 更新日:

みなさま ご機嫌よう

今日もお見えくださり
ありがとう存じます ゆみこです

 

人と人との 距離の保ちかたが
なかなか難しい時世ですが

いかがお過ごしでしょうか

あなたも どうぞ
お健やかでありますように。

 

本日は

日常において、ややもすると
「すみません」と
口癖のように言ってしまう

そんな 優しい あなたへ

よろしければ ほんのひととき
ごゆるりと
お付合い下さいませ。

 

「すみません」

 

日々を、素直に
当り前に生きていても

人が なにかの折に
つい「すみません」と言ってしまうのは
いたく普通で 自然なことですもの

どんなときにも
相手をおもいやって
「すみません」と言えるかたは

きっと、心優しい人でしょう?

 

無自覚に人を傷つけるように

見ぬ振りをしたり
見なかったことにして
通り過ぎてしまうことを

良しとするかたよりも
よほど 立派なかたです

 

ただ、

全く いけないこともしていないのに
「すみません」と
口癖のように言ってしまう

「あやまりすぎ」
「へりくだりすぎ」

「すみません」を口にし過ぎるのは
いけないこと。

心を病んでしまいます

あなた自身も
それを耳にする 周りの方も

ともに
疲れてしまうから。

 

 周りの方が感じていること。

 

もし身近に
あやまり癖のある人」がいたら

もし、日に幾度も
「すみません」
と、聞かねばならぬとしたら

それは、お辛いもの
我慢しておられるものです

渦中の方々は
こんな風におっしゃいます

  • なんで謝るところでもないのに、謝るの?
  • 自分を守るために、無意識に言ってない?
  • 嫌われたくない、と思って自己防衛しているの?
  • 謝っておけば、丸く収まると思っているのかな
  • そんなに言われたら、こちら方がストレスなのに

あなたは
あなたの大事な人を

不本意に傷つけていませんか。。

 

「ありがとう」

 

ありがとう」は、魔法のことばです

あやまり癖のある人は
そう。

「すみません」と
同じ数だけ 
「ありがとう」も 仰ってみてください

こころが冷えてしまう前
必ず「ありがとう」で
こころを
あたため直してくださいね

 

人が 動けば

どこかで 誰かと
何かが起こる・ のが 自然です

あなたの
その繊細な やさしいお人柄は
尊いものです

だから
謝罪のことばに変えて
敬う気持ちをのせてみましょ

敬語の一番かんたんな言い方
ありがとう

あなたには
どんな敬語より
お似合いになる言葉だとおもうのです

 

 いろいろな謝罪の言葉

日本には
たくさんの謝罪の言葉がありますね

  • ごめんなさい
  • すみません
  • 失礼しました
  • 恐れ入ります
  • 申し訳ございません
  • 恐縮いたします

等々。

大人たちは、なにかあると
まるで当たり前のように瞬時に

それぞれの立場をかんがみ
その場の空気を読み
そのどれを遣うかを判断しているのです

すごいですね。

 

いまだに私は
何かに失敗してしまったとき
戸惑います

(あやまらなきゃ・・)と
思うのと同時に

(この場合は、この言葉で大丈夫?)
っと。

けれど元来、謝罪のことば選びは
難しいものだから

難しいと感じる気持ちが
大切で

感じなくなったときが
とても怖いもの・です。

 

「ごめんなさい」

ごめんなさい

私はこの言葉に
ひときわ素直さと、優しさとを感じます

それは きっと

幼いころに
目にいっぱいの涙をためて
父や母の顔をみつめた

あの日の心の痛さを
どこか覚えているせいでしょう

 

あなたが
これまで遣ってきた言の葉
あなたを育ててくれたもの
「愛された証」

そして
これから、あなたの口にする言の葉
「あなたの未来をつくるもの」

だから、とても大切なのです

 

「あい すみません」

「あい すみません」

時折、そんな言葉を
お着物をお召しの女性から
耳にすることがあります

同じ
「すみません」ですが
なぜか こちらを耳にすると
とても嬉しくなります

「あい すみません」は
漢字にすると
相 済みません」で

「相」を加えるだけなのですが

『誠にもって、あいすみません』

というように
謝罪に 深みが加わり
先様への
敬いの気持ちも 加わります

 

日本語は「なにを選び、どう扱うのか」で

つかう人のこころの余裕
個性を引き立てるよう。

日々が どんなに苦しくとも
いまの自分に 自信をもてる人は
つかう言葉に
愛がこもる「敬語」に、なる

 

疲れていると
それが出来なくなるから

不思議ですね。

 

 怒る理由。

 

小学生のころ こんな事がありました

クラスのお友達に
お腹がすくと
黙りこくる癖のある子がいました

はじめは
その意味が わからなくて
なにを怒らせてしまったのかと
いつも
ビクビクしていました

けれど、ある日のこと

学校からの帰り道
また 黙りこくっている
彼女の背中を見つめながら
困り果てて
とぼとぼ と、歩いていたら

ふいに 彼女が
くるり! っと振り返って
顔を真っ赤にして叫んだのです

 

「わたし、お腹がすいてるの !!」

( えっ・?)

「だからっ、
怒ってないってばぁ~! ごめんね!!」

( ・・ ?! )

言い終わると
また、くるりと きびすを返して
前へ ずんずん 歩いて行きました

 

彼女は 大人になって
お母さんになりました

いまも お腹がすくと
すぐに無口になってしまいます

でも、がんばって
笑顔で赤ちゃんを 抱いています(微笑)

 

私は、それ以来
今でも
街で、イライラした人に出合ったら

「きっと お腹がすいているのね」

と思うようになりました

 

人が怒ってしまうのには
『いろいろな事情』があるから

あまり相手をおもんばかりすぎて
怖がる必要はないのね

と、学んだ出来事でした。

 

たしかに 世の中には
いろいろな人がいて

なかには

絶対に
あやまらない人もいます
何故なのか、わからないし

もしかしたら、そうなったのにも
なにか訳があるのかな?
・・と思うと、寂しくなります

それから

「あやまったら負け」
などと、思っている人もいて

もう。
何が、どうして
どうなると、そうなるの?

・・です。

 

けれど、そんな時は
「お腹がすいているのね」
っと気持ちを切り換えて

あなた自身を
守ってあげるのも 一策ですよね。

 

 まとめ

 

いま
「すみません」という口癖を 直したい
優しいあなたへ、お伝えしたいこと。

こんな風に考えてみては
如何ですか

  • すみません」と、口からこぼれるのは
    いたく普通で 自然なこと

  • 「あやまりすぎ」「へりくだりすぎ」
    自分も、お相手も、つらいのです
  • 「すみません」と言ってしまったら
    同じ数だけ
    「ありがとう」も言ってみましょう
  • あなたは
    言葉で未来を変えることができます

まじめに生きていれば
誰もが悩むこと

そんなに怖がらなくても
あなたは

きっと、大丈夫。

 

最後まで お付合いくださり
ありがとう存じます

では 本日はこの辺りで
おいとま致します

 

ご機嫌よう

 

 


ことのは (@cocoro_kotonoha) / Twitter

 

 

 

-言 の 葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『今しがた』いつまでも女らしさを大切にしたい人の言の葉④

  みなさま ご機嫌よう。 つい今しがた戻って参りました…と おっしゃる方もおありでしょうか。 お疲れ様です、 お帰りなさいませ。 今宵は・・    大和言葉の『今しが …

『お手間を、おかけ致します。』敬語よりも使える丁寧な言の葉⑥

みまさま ご機嫌よう 些細なことでも 信じて寄りかかれる人の存在は かけがえの無いもの。 けれど、 世の中には 人を信じることの 得意な人と 苦手な人とがあるもので 思いやりの 深さや 恥じらいの 強 …

愛される聞き上手になるために押さえたい、3つの事。

  皆さま ご機嫌よう。 よく お休みになれました? 優しい心根に いちばん必要なのは 心身の健康かな・ って思う 自分の心に 余裕がないと 誰の声にも 寄り添えないから よく言われるのが …

『どう致しまして、こちらこそ・・』人柄を伝える美しい言の葉

みなさま ご機嫌よう あなたは この頃 誰かにお遣いになりましたか? 「どう致しまして」って。 そう。 ありがとう・・に対する謙遜の言葉。 美しい日本語のひとつ。 幼かったあの頃には、 もっと素直に …

【分銅 ふんどう】「宝尽くし」の意味④着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 お着物を大切にされている あなたへ。 明日、 あなたの身にまとうお着物には 何が描かれていますか? もしかしたら そこには 福徳を招く物語が、たくさん隠れているのかも。 【宝尽 …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

[ 略 歴 ]

呉服店・長女
日枝神社・巫女奉職

松竹衣裳(株)和装着付
故・根津昌平氏師事

和裁学苑 ( 和裁 )
故・村林益子氏師事

和装仕草
パリコレモデル 田中レーヌ氏師事
京都芸妓 中嶋よしゑ氏師事
日本舞踊・花柳美貴龍氏師事

メンタルケア・スペシャリスト認定
きもの文化検定3級
小笠原流礼法・師範