言の葉

「ごめんください。」敬語よりも使える丁寧な言葉①

投稿日:2018-04-27 更新日:

みなさま ご機嫌よう。

いきなりですが、質問です。
こんな想像をしてみて下さい。

本日、あなたは
初めての場所を訪れます。

そのとき 最初に、
中の方へ
何と声をかけられますか?

・・・如何でしょう

「こんにちは~!」  ですか?

それとも「すみませ~んっ。」??

それも、元気があって良いですね。

私は 好きです。

けれど・・・

 

 ごめんください。

そんな時には

「ご免くださいませ。
どなたか いらっしゃいませんか」
です。

さぁ、本日は
あなたが目指す あなた自身の姿
想像しながら

ご一緒に「ごめんください」について
考えましょう。

 

 訪問

今日のあなたは
そこを訪れるために
一番お気に入りの服を 身につけています。
素敵ですね。

訪問先は、憧れの人のお宅です。
片手に提げた お土産も確認して
ドキドキしながら 身繕いも致しました。

では、再び 質問です。

あなたは 中の方へ
なんと声をかけられますか?

そう。
 ごめんください 』
・・ です。

この言葉自体は、さして難しい日本語でも
言い回しでもありませんが

「失礼いたします」と言い換えられ
実は
普段遣いをされる方が 少ない言葉
のひとつです

そして
この言葉には もう一つ
覚えておくと素敵な使い方がありますよね。

 

 お電話

電話を切る際に 添えるひと言。

「失礼します。」 の代わりになるのが
やはり この言葉
「 ごめんください 」 です。

とても柔らかな音色で
耳ざわりの優しい 日本語です

私は 面識のない方などと
お電話でお話しした折、

別れ際に
こんな風に 仰っていただけると
「なんて大人な方かしら・・」
と 嬉しくなります。

ぜひ あなたも
自然に使いこなせます様に。

さりげなく

いつもそこに、余韻の残せる
そんなあなたでいて欲しいのです。

 

最後までご覧いただき
ありがとう存じます。

ではまた

ご機嫌よう。

 

-言の葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【お福分け】も【お裾分け】も共に、愛おしい。「お福分け鶴」動画も

みなさま ご機嫌よう。 最近、 気になっている事があるのです。 それは 【お福分け】と【お裾分け】の 使い分け・・? 【お福分け】は素敵な言い回しで 私も、好きな言の葉です。 けれど、いつの頃からか …

大野智・偶像と真実。

    『 人生はね、本当に一回しかないから。 良く思うもん、悩んだり辛かったりする時とかさ 「何くよくよしてるんだ」と もう一人の自分がいるわけですよ 「人生一回しかないんだよ楽 …

五色って何いろ?「色」と「四季」との組み合わせで優しく覚える

みなさま ご機嫌よう。 あなたは 五色(ごしき)というと、 何を思い浮かべますか。 七夕の短冊? 鯉のぼりの吹き流し? 神社の真榊・鈴の緒? 上棟式の旗? 寺院の幔幕? 国技館の四房? あら。 五色素 …

天命を待つ

  みなさま ご機嫌よう   あなたには いつの間にか身に染みて、 知らないうちに 心の片隅に 住み着いてしまっているような、 そんな言葉はありませんか。   私の好きな …

【丁子 ちょうじ】「宝尽くし」の意味 ③着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 お着物の礼装に似よく見られる「宝尽くし」 その文様を読み解く『参の巻 』は、 こちら【丁子(ちょうじ)】です。 丁子 って一見、奇妙な形をして見えますよね。 なぜ、こんな形なの …