言 の 葉

教えて。「御多分に洩れず」と「博学多聞」

投稿日:2018-10-16 更新日:

 

みなさま ご機嫌よう。

本日も、お疲れ様です。

今宵は、
ビジネスシーンに使われる・・

 

 『御多分に洩れず・・』の、お話し。

 

『男には閾(しきい)を跨(また)げば
七人の敵あり』と申します。

お仕事のある方、学校のある方、
御身おひとりで頑張っておられる方

それぞれの背景になぞらえた場所で
身につけておれる言の葉にも

十人十色
きっと色々あるのでしょう?

如何ですか。

今宵も お疲れのところ
あいすみません。

宜しければ お休み前に
一刻、お付き合い下さいませんか。

 

 その語意は。

 

この言葉は、

江戸後期に
為永春水「春色梅美婦禰」
(しゅんしょくうめみぶね)の中の
[何れ御多分に洩れやすめへ] や、

大正~昭和初期に活躍した
泉鏡花「売色鴨南蛮」
(ばいしょくかもなんばん)の中の
[泰氏も御多分に漏れず] に、見られますので
広く使われ始めたのは、それ以前と思われます。

お仕事上で使われることの多い
『御多分に洩れず・・』【多分】は、
大多数の意。

そして、世間一般で起きていること言われていることと
自分自身の状況が同じである。
という意味。

置換えるのならば

・ 世間の大多数の例外ではなく
・ 世間の・・・の予想通りに
・ 世間の・・・の期待を裏切らず
・ 世間の・・・の状況と同じで

というように使いますね。

良い意味でも、悪い意味でも
言いにくいことを煙に巻いて
相手に伝える術にも使えますが

決して トラブルの起きたとき
酷く厳しい状況のときには使わないで。

きっと
「わかっていたのなら 何故対処しなかったのか!」
と叱られてしまします。

あっ。
ビジネスの世界に疎い私の申し上げることではないですね
すみません。

本日の表題にあげました、こちら

 博学多聞


のことですが、
実は と或るかたが

間違って
×御多聞に漏れる・・が、正しい!
みな御承知のとおり・という意味だ

と、言い切って曲げぬ御様子に困ってしまい
それで調べたのです。

確かに「多聞」は「物知り」の意味
類義語は「百聞」です。

多くの事物をよく聞き知っている…
という意味では【博学多聞】も正解です。

ですが『御多分に洩れず』多分は、
決して、多聞ではありません

・・・。

やはり、日本語って難しいですね
なんだか理屈っぽいな・って
思いもかけぬ毒気にあたり、後ずさりした私です

どうか殿方には、
その博学多聞に心の広さもプラスして
曲げてもなお、しなるような強さでいて欲しい。

世間の強風と対峙し、御活躍くださいますように。

 

秋風も、めっきり冷えて参りましたので、
どうぞ お風邪など召されませんように。

 

本日も、お付き合い下さり

ありがとう存じます。

 

ではまた

ご機嫌よう。

 

-言 の 葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『行って参ります。』敬語よりも使える丁寧な言葉③

みなさま ご機嫌よう。 ゆみこです 今日もいらしてくださり ありがとう存じます。   本日は 『 行って参ります。』 のお話し。 ※ 補足記事 は こちらから ⇒「行って参ります」② 文法・ …

【分銅 ふんどう】「宝尽くし」の意味④着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 お着物を大切にされている あなたへ。 明日、 あなたの身にまとうお着物には 何が描かれていますか? もしかしたら そこには 福徳を招く物語が、たくさん隠れているのかも。 【宝尽 …

年末年始に見直したい。ふるさと別の言い方で「お粗末さま」

みなさま ご機嫌よう。 お帰りなさいませ。   「お食事できましたよ。」 「いただきま~す。」 「ご馳走様でした」 あなたがご馳走した側なら、 この後なんと仰いますか。 「お粗末さまでした」 …

雛飾り【左近桜・右近橘】の置き方に困っているお母様へ。( 動画あり )

鳥居清長「子宝五節遊 – 雛遊」 引用元:  Wikipedia   みなさま ご機嫌よう ゆみこです 今日もいらしてくださり ありがとう存じます   あなたは 雛飾り …

『うつつを抜かして得るもの』敬語よりも使える深い言葉 ①

みなさま ご機嫌よう お見えくださり ありがとう存じます ゆみこです   いきなりですが あなたは、どう思われますか? 自分のために 大切に、うつつを抜かす人生 私は 有り・・と思うのです …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

 

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

 

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

 

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

 

略 歴

 

 

千羽屋呉服店・長女

永田町・山王日枝神社奉職

舞台着付
根津昌平氏師事(松竹衣裳)

和裁学苑
村林益子氏師事

和装ポージング&ウォーキング
田中レーヌ氏(パリコレモデル)師事

和文化講座
中嶋よしゑ氏(京都・芸妓)様

メンタルケア・スペシャリスト認定

きもの文化検定3級

小笠原流礼法・師範