言 の 葉

【軍配】「宝尽くし」の意味⑨着物の文様

投稿日:2018-12-06 更新日:

みなさま ご機嫌よう。

宝尽くしに描かれる文様の中でも、
ひときわ勇ましいのが、

こちらの【軍配】文様です。

主に、男児の着物の絵柄として
目にしますが、そこには
どういった意味が込められているのでしょう。

本日、読み解くのは
「宝尽くし」の《九の巻》

軍配】です。

 

 軍配とは

軍配は

羽根=鉄・革・木・網代(あじろ)
=円形・瓢箪(ひょうたん)形・角形
装飾=漆黒・朱塗り・金銀箔押し
=無地・三日月文(日月)・戦勝祈願の文字
・戦の日取り・方位の吉凶・八卦など

で、作られています。

【軍配】は、軍配扇の略で
団扇(だんせん)』とも呼ばれます。

その意味は、天狗の持つ
天狗羽団扇(てんぐはうちわ)と同じで
魔除け疫病邪気払いといったものや

扇ぐという観点から、
神を呼び寄せるもの
神の依代(よりしろ)とも言われます。

また、武士が合戦で用いた軍配
戦の勝敗を司る指揮道具であり、
矢玉を防ぐ武具でもありました。

更に、武士達は陣中でこれを
相撲技の勝敗判定に用いたことから
現在の、行司軍配へと繋がります。

今でも、この大相撲の他に
伊勢神宮の御田植えの神事や、
男児のお宮参りを祝う祝着の絵柄として
見ることが出来ます。

 

 文様の意味

軍配団扇
出典元 /Wikipedia

 

【軍配文様】の意味は

・ 勝負の象徴
・ 指揮を執り、舵をきる力
・ 物事の勝敗を見極める才
・ 矢玉を防ぐ武具、防災の力
・ 天下泰平を祈願の象徴
・ 邪気払いをする神の力

これが
男児の祝着の絵柄に多様される意味は

未来の組織にあって、
人として先頭に立ち、
人をまとめ動かす
知力・体力・決断力を持つ人間へ成長して欲しい
と思う
親心

また、頂点に立たずとも

人生の節目節目に、自らの力で采配を振るい
道を誤ることなく進むための象徴として
立派な『宝尽くし』吉祥文の1つと言えます。

 

 戦国の「軍配団扇」


武田信玄像


戦国
の世における軍配団扇とは、
合戦のときに指揮官(軍配者)が
軍の進退を動かす武具

その【軍配】には、
方位・天文・八卦・十二支
二十八宿・陰陽・梵字などが
箔置きされ、

これにより
天文(月星)を観察し、正確に方位を読み
出陣する日時を決め
十二の方角の吉凶を読み
陣軍の戦略を定めて、陣形を組み・配置する。

一歩、読み間違えれば
即刻、敗戦の印を押される戦国の世に
指揮官である大将や軍師がいかに才を握り
【軍配】の采配の重さ・厳しさを持ったのかが忍ばれます。

日本の歴史の中でも、
多く人々が戦国の歴史に惹かれ続ける理由が
ここにも在るのでしょう。

 

 相撲の「行司軍配」

 

現代に見られる【軍配】といえば
大相撲行司軍配です。
力士の立ち合いと勝敗の判定に使われますね

これは戦国時代に武士達が陣中にて
士気を高めるため相撲をとった時、

行司役が軍配を使って
裁定を下したことに始まります。

行司の主な所作といえば

・ 軍配が上がる
(軍配を勝者に向けて「勝敗を決定する」)
・ 軍配が返る
(軍配を返して「待ったなし」)
・ 軍配を差し違える
(誤審で「物言いが付く」)

行司は今も
命がけの覚悟で軍配を振るうのも。
その証拠に
腰には、脇差しをたづさえています。
これは「軍配が差し違えたときには、
切腹をして責任をとる覚悟です」の意。

もしも、あからさまな差し違えならば、
誤審→行司黒星→脇差し→進退
の流れが暗黙の了解の世界です。

そういう意味で
現代社会にも軍配の重みを伝えるのが
この行司軍配と言えますね。

 


 

本日の『宝尽くし』文様
【軍配】の巻は、如何でしたか?

お宮参りの男児の祝着に込められた
文様の意味が、またひとつ
着物を好きにさせてくれた気がします。

一方で、

歴史ファン・相撲ファンの方々には
どこか物足りなさも感じたかもしれません。
申し訳ありません。
掘り下げれば掘り下げるほどに広がりを見せる
軍配の秘密ですが

このページでは、とにかく解りやすくを目指して
割愛が相次ぐ形となり、四苦八苦しました。

それでも、
一人でも楽しんで頂けると嬉しいです。

また、
【軍配】の物語りを読み解く中で
今回、出合えたのがこちら

富樫倫太郎軍配者シリーズ
早雲・信玄・謙信の三部作の第一巻

軍配・軍師の魅力
思う存分、味わえる一冊です。

ご興味を持たれた方のために
こちらを貼っておきますね。

 

本日も
最後までお付き合い下さり
ありがとう存じます。

また、
どこかでお目に掛かかれますように。

ご機嫌よう。

 

-言 の 葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

怖がりさんでも、面白く読める 古典。ライトな【雨月物語】

みなさま ご機嫌よう ゆみこです 今日もいらしてくださり ありがとう存じます。   ライトノベルに見られる 文章表現の軽妙さで 古典の原文の 美しさを量るのは 難しいもの。 だから 原作を大 …

「おはよう」の数は「しあわせ」の数。明日を作る言葉の由来

  みなさま ご機嫌よう そして おはようございます ゆみこです   夕べは ゆっくりと お休みになりましたか 今朝、あなたが真っ先に 「おはよう」とお声をかけたお相手は どなたで …

「アマビエ現わる!」江戸時代の瓦版~古文書原文を読み解く

   引用元:東映アニメーション公式You Tubeチャンネル   みなさま ご機嫌よう ゆみこです 今日も いらしてくださり ありがとう存じます   疫病退散の御利益が …

『お戯れを』いつまでも女らしさを大切にしたい人の言の葉⑦

みなさま ご機嫌よう ゆみこです 今日もいらしてくださり ありがとう存じます。   あなたは会話中のお返事に 困ってしまわれた事はありますか。 お話し相手に 悪意のない事は分かっていても す …

「お供します」尊敬を伝える美しい言の葉

みなさま ご機嫌よう ゆみこです 今日もいらしてくださり ありがとう存じます。   あなたは子供のころ こんな風に思ったことはありませんか? 「そんな言い方をしてみたいなぁ」 「そういう言葉 …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

 

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

 

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

 

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

 

略 歴

 

 

千羽屋呉服店・長女

永田町・山王日枝神社奉職

舞台着付
根津昌平氏師事(松竹衣裳)

和裁学苑
村林益子氏師事

和装ポージング&ウォーキング
田中レーヌ氏(パリコレモデル)師事

和文化講座
中嶋よしゑ氏(京都・芸妓)様

メンタルケア・スペシャリスト認定

きもの文化検定3級

小笠原流礼法・師範