言の葉

【巻物・宝巻】「宝尽くし」文様の意味⑤着物の文様

投稿日:2018-11-20 更新日:

みなさま ご機嫌よう。

慶事に身にまとう着物や、帯、小物。
そこに良く使われる
宝尽くし文様』の意味を解きたくて

本日は【巻物】のお話しです。

昨今では、身近に手にする機会のないものですが
今もなお『宝尽くし』として愛される意味を探ります。

では、本日もどうぞ ごゆるりと。

宝尽くしを読み解く《伍の巻》は
『巻物』の、お話しです。

 

 巻物とは

巻物』は、この呼び方の他に

・ 宝巻(ほうかん)
 巻軸(まきじく)
・ 巻子本(かんずぼん・けんずぼん)

と、呼ばれます。

そして、その意味するところは

・ 「知恵の象徴」
・ 「有難い経文」
・ 「人生の道標・虎の巻」
・ 「門外不出の奥義書」
・ 「学業成就祈願」

と言われます。

あなたは「巻物」といって 何を思い浮かべますか?
親しみはありますか?

例えば・・
宝尽くしとは、少し意味合いは異なりますが、

忍者が口にくわえていた巻物
忍術の極意・解説・心得などの書かれた秘伝書と
言われていますね。

小説『里見八犬伝』でも
八つの玉と共に巻物が使われるたことも。

絵巻物といえば、『鳥獣人物戯画』
そして『源氏物語絵巻』でしょうか。

あなたは、如何ですか。

 

 歴史

長い巻き紙に、文書や絵物語を記したものを
巻子装(かんすそう)と言います。

日本では、主に
飛鳥・奈良時代~平安時代までは
基本は、巻子装の形態でした。

しかし、この巻子装(巻物)では
最初から読み返したり、途中から読むことが難しく
必要な部分を探すことが大変なため

平安以降には、
冊子装、帖装という形態に代わってゆきます。

今なお、その形態を残しているのは
掛け軸と、奥義書といわれます。

また
平安~鎌倉時代にかけては、写経が流行します。
「平家納経」に代表されるなど、何万巻もの写経が行われました。

* へいけのうきょう・・とは、
平安時代に、平家一門がその繁栄を願い厳島神社に奉納した経典の総称です。

 

 文様の違い

宝尽くしの文様も、
描かれ方は同一ではありませんが、
宝尽くしの【巻物】として描かれる多くは、
2~3本の巻軸を重ねた物です。

 

こちらは『祇園守文』

交差した巻物に銀杏の葉飾りが特徴の
京都八坂神社の護守・守り札です。
疫病・厄除けのお守り、
キリストの十字架を模した
戦国期以降の隠れキリシタンの用いた文様ともいわれ

それは「宝尽くし」とは、
似て否なる意味あいのものです。

この他に

『筒守(つつもり)』という
首から掛ける、筒型のお守り入れをかたどった文様もあります。

こちらは、江戸時代の竹製の筒に金属板をめぐらせた
両端に家紋をあしらった蓋(ふた)を付けたものが現存しています。

 

 名残り

巻物として今なお
その形態を残す「掛け軸」「奥義書」以外に

言葉の名残りが見られるものとして上げられるのは
本の呼び方である「全巻」という言い方。

そして、本を1巻、2巻、3巻・・と数える言い方。
題名の末尾に「~の巻」と付ける言い方。

変わり種としては、やはり
海苔で巻いたお寿司
これは今も「巻物」と言いますね(微笑)

 

 巻物という「宝」

そもそも=神と拝した古来の人々。
お祓い・お清めの時には、塩・酒・麻・紙を使いました。

書物に対する畏敬(いけい)の念も、
経文・奥義などを得がたく希有なものと崇める思いも、
現代とは違うものです。

書物・冊子、そのものの価値が、
今とは比べものにならないほど高いのです。

【巻物】それは、【宝巻ほうかん】

「知恵の象徴」として
「人生の道標・虎の巻」として
「門外不出の奥義書」として
「得難い経文・学びの書」として

【生きる上で、かけがえのない宝】

といって間違えないでしょう。
七福神と、米俵と、と、小槌と・・
そして、巻物をのせた【宝船】

そんな宝物は
いつも、あなたのすぐそばに在る本。
書物のこと。

きっと、あなたも
たくさんの宝物を持っている事でしょう

こんな可愛らしい動画を見つけました。
作って遊びたいなぁ。。


 

本日も、最後までお付き合いいただき
有難う存じます。

華やかのものから控えめなものまで
お着物に彩られ、込められた祈り。

その声に耳を傾け
末長く、身に付けたいものですね。

そして、次は

こちらです。
⇒⇒⇒【金嚢 きんのう・宝袋】「宝尽くし」の意味⑥着物の文様

 

また、お目にかかりましょう。

ご機嫌よう。

 

-言の葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

教えて。「御多分に洩れず」と「博学多聞」

  みなさま ご機嫌よう。 本日も、お疲れ様です。 今宵は、 ビジネスシーンに使われる・・   目次1  『御多分に洩れず・・』の、お話し。2  その語意は。3  博学多聞  『御 …

『お手すきの折にでも』いつまでも女らしさを大切にしたい人の言葉①

  みなさま ご機嫌よう。 言葉の習慣は、 日々の小さな積み重ね。 ですが、 あなたの未来を作るもの。 では本日の言の葉は、こちら。 「お手すきの折にでも」 これは 何かを人さまに頼むときに …

【橘】の意味・吉祥文様を解く(動画あり)

    みなさま ご機嫌よう。 嫁ぐ日に袖を通したい衣裳。 絢爛豪華な色打掛に秘められた、 吉祥紋様。 その中に 常世の国に生えていたという、 日本にしか自生しない蜜柑 『橘』があ …

五色って何いろ?「色」と「四季」との組み合わせで優しく覚える

みなさま ご機嫌よう。 あなたは 五色(ごしき)というと、 何を思い浮かべますか。 七夕の短冊? 鯉のぼりの吹き流し? 神社の真榊・鈴の緒? 上棟式の旗? 寺院の幔幕? 国技館の四房? あら。 五色素 …

「ごめんください。」敬語よりも使える丁寧な言葉①

みなさま ご機嫌よう。 いきなりですが、質問です。 こんな想像をしてみて下さい。 本日、あなたは 初めての場所を訪れます。 そのとき 最初に、 中の方へ 何と声をかけられますか? ・・・如何でしょう …