言 の 葉

【宝鑰 ほうやく】「宝尽くし」の意味②着物の文様

投稿日:2018-11-13 更新日:

みなさま ご機嫌よう。

晴れの日にまとうお着物の絵柄に
良く見られる文様の「宝尽くし」

その美しい文様に込められた意味を
掘り下げたくて

本日は、弐の巻。

『宝鑰』の、お話しです。

 

 宝鑰(ほうやく)とは

出典元 / オオタの脳みそ

 

宝鑰の「鑰」とは「錠」のことです。

正しくは、宝鑰と書いて
ほうやく」と読みます。

そのむかし 日本家屋といえば、
引き戸ですね。

戸締まりのために使った
戸を支える木の棒
それが、錠の原型です。

そして
そこには[さる]と呼ばれる
つっかえ棒のような形をした
落とし錠が、掛けられていました。

戸を開くには、この[さる]を
引き上げたり 落としたりして
錠を外さなければならず、

そのための道具に当たるのが
『宝鑰』です。

 

 見られる所は

気付いておられましたか?

実は、
伏見稲荷
がくわえているのが
『宝鑰』で、蔵の鍵
富貴・豊穣の象徴です。

そして
鍵屋など「鍵」と名の付く
屋号紋章や、
土肥家家紋としても有名で
丸に鍵・房付き鍵・違い鍵
などがあります。

なんと、絵本にもありました。
あなたも幼い頃に、
手に取ってはいませんか?

「どろぼうがっこう」1973年
加古里子・著 / 偕成社・刊行

表紙に

描かれています・・ね?(微笑)

 

 意味と 空海と。

宝鑰 = 蔵の錠  ということから
一般に、よく使われる意味としては

「富の象徴」

「蔵をたくさん持つほどの富を得る」

です。

が、
その裏には深い意味が隠れている様で

それを解く鍵は、
弘法大師・空海さまが握っていらっしゃいました。

宝鑰といえば『秘蔵宝鑰』

仏教史上でも名高いとされる
弘法大師さまの名著です。

この中で師は
「大日如来の大いなる光の中で
心を正しく見直すならば、
毎日は新しい生活になる」と説き、

『宝鑰』とは
[秘められた蔵]の《鍵》

【蔵】とは
『真の仏の教え』のこと

即ち、

『宝鑰』とは
真の仏の教えを開く鍵
(宝の蔵をひらく鍵)

と仰せになりました。

更に、この言葉は
保護といった意味も持ち

宝鑰は、扉を閉じ
外敵から身を守る役割もあるという

それは
物質的な〔宝の象徴〕というよりも
神仏からの加護を与えられている道具
との意味あいで

人としての道を説いたもの。

【宝】は
そこへ辿り着く扉をひらく錠

 

 秘蔵宝鑰

正直、
また前回の如意宝珠と同じく
空海さまが出て来られようとは
思っていませんでした。

1200年も前に
この国にいらした偉人・哲学者。

その人は、
香川県生まれの
幼名・佐伯真魚(さえきのまお)

えっ、
真の魚?
魚・蛇・龍・宝珠・宝鑰??

あらら。。

前回の如意宝珠をお読みの方は
何か お気付きかしら。

そして、このご縁で

もしも
謎解きの旅に出掛けたくなった
そんな、あなたの為には
こちらも貼っておきますね。

 

 

本日も、
最後までお付き合い下さり
有難う存じます。

では、ここで得た宝の鍵を元手にして次へ。

宝尽くしの『参の巻』は、こちらです。
⇒⇒⇒【丁子 ちょうじ】「宝尽くし」の意味 ③着物の文様

 

宝尽くしの意味とお着物を通して、
あなたと周りの皆さまの幸せの時が
より深くなりますように。

ではまた、御一緒頂ければ幸いです。

ご機嫌よう。

 

-言 の 葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

敬語よりも使える丁寧な言葉①~⑥【まとめ】

  みなさま ご機嫌よう これまで いくども言葉について 語っているもので 私自身が 話し上手? っと、思われがちなのですが いいえ、 どちらかと言えば 不得手です。   けれど …

【金嚢 きんのう・宝袋】「宝尽くし」の意味⑥着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 美しい晴れ着で迎える門出。 その人生儀礼に使われる吉祥文様に 『宝尽くし』が あります。 そこに良く描かれる宝ものを 一つ一つ拾い集める中、 今回、手に致しますのは 【金嚢 き …

『頑張らなくていいよ、居てくれるだけで』真心を伝える美しい言の葉

  みなさま ご機嫌よう 本日 あなたへ お伝えしたい言の葉は、 こちら。 『がんばらなくていいよ、居てくれるだけで』   いま、頑張っている あなたへ 心をこめて。。 &nbsp …

明日の朝は、時雨れます・・?

  みなさま ご機嫌よう。   蝉しぐれ・露しぐれ・雪しぐれ。 この言の葉 あなたは使ったことがありますか? 今朝、AM6:00前 ラジオから流れてきた声 「明日の朝は、時雨(しぐ …

天命を待つ

みなさま ご機嫌よう あなたには いつの間にか身に染みて、 知らないうちに 心の片隅に 住み着いてしまっているような、 そんな言葉はありませんか。 私の好きな言の葉 それは、 目次1  人事を尽くして …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

 

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

 

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

 

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

 

略 歴

 

 

千羽屋呉服店・長女

永田町・山王日枝神社奉職

舞台着付
根津昌平氏師事(松竹衣裳)

和裁学苑
村林益子氏師事

和装ポージング&ウォーキング
田中レーヌ氏(パリコレモデル)師事

和文化講座
中嶋よしゑ氏(京都・芸妓)様

メンタルケア・スペシャリスト認定

きもの文化検定3級

小笠原流礼法・師範

 

Special thanks !

立川・府中アスレティックFC