言 の 葉

【分銅 ふんどう】「宝尽くし」の意味④着物の文様

投稿日:2018-11-17 更新日:

みなさま ご機嫌よう。

お着物を大切にされている
あなたへ。

明日、
あなたの身にまとうお着物には
何が描かれていますか?

もしかしたら そこには
福徳を招く物語が、たくさん隠れているのかも。

【宝尽くし】を読み解く 四の巻

本日は『分銅』の、お話しです。

 

 分銅と 上皿天秤

分銅(ふんどう)は、
物を正確に量るための「おもり」のことです。

現在でも、理科の時間
学生さんたちは指先の油が付いて分銅が錆びないよう
手袋をはめ、ピンセットを使って
重さを量る実験をされると思いますが

あなたは覚えておられますか?

私も かつて理科の実験室の棚から
先生が取って下さった上皿天秤を使い
そのお皿の上に 薄くて四角い板状
おもりを重ねて置いたり、
円柱形で上に突起のついた分銅を扱った記憶があります。

こんな感じ。
なんだか懐かしいです。

 

でも、この↓【分銅】の文様とはずいぶん形状が違いますね。
なぜでしょう?

 

 

 

 

 

 分銅文と 地図記号

実は、【宝尽くし】の分銅文(ふんどうもん)に使われる
円の左右を弧状にくびらせた形は、

あなたも、社会科の授業の時に目にしているはず。

それが、こちら。

そう、地図記号です。
【分銅】を模した形は、銀行のマーク

突然、社会の教科書にたくさん出て来て
私は、先生から「次のテストまでに覚えましょう」と言われました(微笑)

銀行は、昔でいうところの『両替商』
昔の人々は、物の重さを基準に取引をしましたから
これは当然かもしれませんね。

でも、ということは分銅の意味するのは
重さではなく、お金でしょうか??

 

 後藤分銅

日本では、紀元前の遺跡からも
物を量るための重りに使われたが出土しております。

その後、
豊臣秀吉のいた安土桃山時代には
(ます)で、豆や米を量ったり

江戸になり【竿秤(さおばかり)】や
明治には【台秤】も登場しました。

宝尽くしに、『分銅』に似た形が使用されたのは
江戸の初期・寛文(かんぶん)の頃。

取引のたびに厳格に貨幣の重さを量っていた時代に
重さを統一させる為、徳川幕府は
分銅座支配の後藤四郎兵衛家へ
その製造を、一手に任せました。

当時の分銅は『後藤分銅』と呼ばれ

には → 重さの表示
には → 後藤の文字花押
全面には→ 家紋の『五三の桐』

が、刻印されました。

出典 wikipedia

 

ようやく、
宝尽くしの文様が見えてきましたね!

 

 貯蓄の象徴

もしも、分銅が
取引の正確性を死守するだけのものであるなら

秤(はかり)に掛けるのは、
鉄や真鍮だけでも、充分だったはず。

けれど、時の天下人

金や銀を 分銅形に鋳造(ちゅうぞう)し
それを貯えることで、
非常時の貨幣代わりにしました。

そう。
これこそが分銅が宝といわれる由縁

分銅を たくさん持つということ

それは
それだけ金銀があるということ。
財があるということの

どんなに時代が変わっても

分銅文様が、「富の象徴」であり
「貯蓄の象徴」であり続ける理由は

それを身に付ける人が
大切な人の門出を祝い富と福徳の祈りを
分銅文を織り込むからなのでしょう。

こちらは『分銅繋(つな)ぎ』です。

円形で左右にくびれた
この形が美しい事から家紋にも好まれました。

 


 

如何でしたか。

分銅の、奇妙な形から
またどんな世界に連れて行かれるかと
思っていた私ですが

これまで見てきた3文様とは違う
日本独自の文様でした。

知らないことって、
ほんとうに多いのですね。

お着物から繋がった、文様の旅路。

この後も、たくさんの宝物を
拾い上げて参りましょう。

次に参りますのは、こちらです。

⇒⇒⇒【巻物・宝巻】「宝尽くし」文様の意味⑤着物の文様


引用元:晴れ着の丸昌 横浜店さま

 

どうぞ ごゆるりと
また、付き合いいただけますと嬉しく存じます。

ご機嫌よう。

 

-言 の 葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

柳家さん喬「たちきり」落語を知らなかった私を変えた忘れられぬ一席

  みなさま ご機嫌よう ゆみこです 今日もいらしてくださり ありがとう存じます。   落語好きの方に あなたは、どんな作品がお好きなの? と訊かれれば わたくしは必ず お答えして …

天命を待つ

みなさま ご機嫌よう あなたには いつの間にか身に染みて、 知らないうちに 心の片隅に 住み着いてしまっているような、 そんな言葉はありませんか。 私の好きな言の葉 それは、 目次1  人事を尽くして …

【金嚢 きんのう・宝袋】「宝尽くし」の意味⑥着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 美しい晴れ着で迎える門出。 その人生儀礼に使われる吉祥文様に 『宝尽くし』が あります。 そこに良く描かれる宝ものを 一つ一つ拾い集める中、 今回、手に致しますのは 【金嚢 き …

【梅】きもの模様の意味を知りたい。

  みなさま ご機嫌よう。 本日は 和装に見る【梅】の柄の意味 たくさんの雑学と一緒に きっと 梅模様が、愛おしくなる そんなお話しです。   目次1  意味と花言葉2  松竹梅3 …

『うつつを抜かして得るもの』敬語よりも使える深い言葉 ①

みなさま ご機嫌よう お見えくださり ありがとう存じます ゆみこです   いきなりですが あなたは、どう思われますか? 自分のために 大切に、うつつを抜かす人生 私は 有り・・と思うのです …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

【 恩 師 】

山王日枝神社
宮西惟道 師

松竹衣裳
根津昌平 師

和裁学苑
村林益子 師

小笠原流礼法
吉澤菱久 師

煎茶道日泉流
小泉萌生 師

日本舞踊
花柳美貴龍 師

京都芸妓
中嶋よしゑ 師