言 の 葉

『今しがた』いつまでも女らしさを大切にしたい人の言の葉④

投稿日:2018-10-15 更新日:

 

みなさま ご機嫌よう。

つい今しがた戻って参りました…と
おっしゃる方もおありでしょうか。

お疲れ様です、
お帰りなさいませ。

今宵は・・

 

 大和言葉の『今しがた』

宜しければ、ほんの一刻
お付き合い下さいませ。

日頃、何げなく使っている日本語。

もちろん確かに、日本語なのですが
生粋の日本語? と問われたら

・・・。

そう
実は、ほぼ「漢語」なのですね。

漢語とは、中国から渡来した漢字を
音読みで発音する言の葉です。

 

日本語には、大分して
① 漢語
② 外来語
③ 大和言葉  ・・の3種があり

大和言葉【和語】とも言います。

その言の葉の、ゆかしくて雅な響きは
みなさんの憧れるもの

だから、
大切に使いたいし残して欲しいもの

「今しがた」を漢字で書くと
「今し方」となり、

【今】→ ごく最近の過去
【し】→ 強調の副助詞・間投詞
【方】→ 時間的な方向・位置

を示します。

使い方は
「先ほどの…」「先刻の…」
代えて

・ 今し方+(副詞)~した
・ 今し方+(助動詞)+された
・ 今し方+(動詞)~ばかり
・ 今し方の+(名詞)のことですが

例えば

つい今し方、拝見ました
つい・・・、連絡がありました
つい・・・、お戻りになりました
つい・・・、お見えになりました
つい・・・、耳にしたばかりです

などと言います。

ただ、男性ならば
「先刻の件でお話しが・・」
という風にお使いになった方が
気骨のある言いような気も致します。

近年の大和言葉のブーム
漢語がなぜか肩身の狭い想いをしているようで
あら? っと思ってしまう私。

言葉だけで、
相手を判断したりは致しませんが

ごめんなさい。
矛盾していますね

でもでも。。

相手の目線にあった言葉で
相手の目線の高さまで降りて
相手の心に語りかけるように

そうして選んだ貴方らしい言の葉が
やっぱり一番いいって、
そんな気がしています。

う・ん?

でも、やはり
素敵な大和言葉を身につけたい?

きっと
あなたも お近くの図書館へ行くと、
たくさん手に取る事ができますし

私も、利用します

ただ、
それでも目で読むより
やはり
書いた方が身につくものですね。

 

本日も、ありがとう存じます。

ご機嫌よう

 

-言 の 葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

60代以上の方には失礼?「お疲れ様」の使い方。

みなさま ご機嫌よう。 日本語は難しいと言いますが、 本当に身に染みてそう思う時って あるもので。。 あなたは、その言葉の使い方に 自信はおありでしょうか。 本日は 「お疲れ様」についての お話しです …

『お手間を、おかけ致します。』敬語よりも使える丁寧な言の葉⑥

みまさま ご機嫌よう 些細なことでも 信じて寄りかかれる人の存在は かけがえの無いもの。 けれど、 世の中には 人を信じることの 得意な人と 苦手な人とがあるもので 思いやりの 深さや 恥じらいの 強 …

『お使い立てして申し訳ありません』女らしさを大切にしたい人の言葉③

みなさま ご機嫌よう 本日も、お疲れ様です ゆみこです   あなたは 人に頼るのは上手ですか? 頼みごとを素直にできる方って とても魅力的ですね だって それだけ相手を信じている ということ …

『うつつを抜かして得るもの』敬語よりも使える深い言葉 ①

みなさま ご機嫌よう お見えくださり ありがとう存じます ゆみこです   いきなりですが あなたは、どう思われますか? 自分のために 大切に、うつつを抜かす人生 私は 有り・・と思うのです …

【巻物・宝巻】「宝尽くし」文様の意味⑤着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 慶事に身にまとう着物や、帯、小物。 そこに良く使われる 『宝尽くし文様』の意味を解きたくて 本日は【巻物】のお話しです。 昨今では、身近に手にする機会のないものですが 今もなお …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

【 恩 師 】

山王日枝神社
宮西惟道 師

松竹衣裳
根津昌平 師

和裁学苑
村林益子 師

小笠原流礼法
吉澤菱久 師

煎茶道日泉流
小泉萌生 師

日本舞踊
花柳美貴龍 師

京都芸妓
中嶋よしゑ 師