言 の 葉

『いらしてください』いつまでも女らしさを大切にしたい人の言葉②

投稿日:2018-10-09 更新日:

みなさま ご機嫌よう。

あなたは 誰にでも臆することなく
いらしてください・・と言えますか?

ええ、もちろん。
と仰るのであれば、私
ほんとうに尊敬してしまいます。
私も、そうでありたい。。

本日は、そんな・・

 「いらしてください」

のお話しです。

もしも、ふいに妙齢の女性から
「お構いもできませんが
どうぞいつでも、いらしてくださいね。」

なんて言われたら
同性の私だって胸をつかまれる

なんでしょう・・
今、SNSなど
すべてに開いているように見えて

その実、
肝心なところは固く閉じている様に

この時代を
そんな風に感じているものだから。

いらして・・
と、素直に言えないのは

きっと私が自分を

飾ろうとする心が
邪魔をするのでしょうね。

 

 元の言葉は「お入(はい)りになる」

いらしてください。 は、
「いらっしゃって下さい」の略で

いらっしゃる。の元の言葉は
お入(はい)りになる」です

文法は

来て下さい(敬語
いらしてください(丁寧語
お越し下さい(尊敬語

になります。

「いらしてください」の使い方は

・ 遊びに~
・ ぜひ見に~
・ どうぞ お気軽に~

です。

お試験の手助けになるかしら。
お邪魔でなければ
どうぞ こころ置きくださいね

 

 そぎ落とした美。 飾らない心で

「いつでも、いらしてくださいね。」

にこやかに そんな風に言えたなら
と、思います。

でも
何かしら整えてから 「どうぞ」
な私は、
ありのままへの恥じらいが抜けず
時間も 心の準備も、必要です。

そんなとき、
思い出すことがあります。

以前、年上の方に頼まれて
急ぎ
その方のご実家のご両親の
お宅へと、お邪魔したことがあります。

おふたり共に 八十の御歳をすぎた
とても優しい面立ちで、
何のてらいもなく
自然に迎えて下さいました。
それは素朴で、
美しい佇まいでいた。

古い木造の隅々まで手入れの行き届いて
余計なものを すべてそぎ落とした
そこに見える、美・優しさ・清潔感

開け放された窓から
山野草の上を 風がよせて

よい空気に満たされているのが
肌でわかる尊敬のできる お住まいだと

言葉でなく、姿で伝わる
何か・に震える想いがしたものです。

そして 帰り際にいただいた

「また いつでもいらしてね。」

の言の葉が、染みました。

あんな風に生きよ、と
どこかで
そんな風の声が聴こえた日。。

私も 微笑みながら
「いつでも いらしてね・・」

と言える人になりたいと、心から思いました。

 

最後までお目通しくださり、有難う存じます。

 

ご機嫌よう。

また お目にかかれますように

 

-言 の 葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『お手間を、おかけ致します。』敬語よりも使える丁寧な言の葉⑥

みまさま ご機嫌よう 些細なことでも 信じて寄りかかれる人の存在は かけがえの無いもの。 けれど、 世の中には 人を信じることの 得意な人と 苦手な人とがあるもので 思いやりの 深さや 恥じらいの 強 …

『お使い立てして申し訳ありません』女らしさを大切にしたい人の言葉③

みなさま ご機嫌よう 本日も、お疲れ様です ゆみこです   あなたは 人に頼るのは上手ですか? 頼みごとを素直にできる方って とても魅力的ですね だって それだけ相手を信じている ということ …

ありがとう。

ありがとう。   2018年4月に このブログは この言の葉から始まりました。   ありがとう。 この言葉の先に 誰の顔が見えますか そこに居るのは だれ? 右の手と 左の手と 指 …

明日の朝は、時雨れます・・?

  みなさま ご機嫌よう。   蝉しぐれ・露しぐれ・雪しぐれ。 この言の葉 あなたは使ったことがありますか? 今朝、AM6:00前 ラジオから流れてきた声 「明日の朝は、時雨(しぐ …

【橘】の意味・吉祥文様を解く(動画あり)

  みなさま ご機嫌よう。 嫁ぐ日に袖を通したい衣裳。 絢爛豪華な色打掛に秘められた、 吉祥紋様。 その中に 常世の国に生えていたという、 日本にしか自生しない蜜柑 『橘』があります。 それ …