言の葉

『いらしてください』いつまでも女らしさを大切にしたい人の言葉②

投稿日:2018-10-09 更新日:

みなさま ご機嫌よう。

あなたは 誰にでも臆することなく
いらしてください・・と言えますか?

ええ、もちろん。
と仰るのであれば、私
ほんとうに尊敬してしまいます。
私も、そうでありたい。。

本日は、そんな・・

 「いらしてください」

のお話しです。

もしも、ふいに妙齢の女性から
「お構いもできませんが
どうぞいつでも、いらしてくださいね。」

なんて言われたら
同性の私だって胸をつかまれる

なんでしょう・・
今、SNSやら何やらと
すべてに開いているように見えて

その実、
肝心なところは固く閉じている様に

この時代を
そんな風に感じているものだから。

いらして・・
と、素直に言えないのは

きっと私が自分を

飾ろうとする心が
邪魔をするのでしょうね。

 

 元の言葉は「お入(はい)りになる」

いらしてください。 は、
「いらっしゃって下さい」の略で

いらっしゃる。 の元の言葉は
お入(はい)りになるです

文法は

来て下さい(敬語
いらしてください(丁寧語
お越し下さい(尊敬語

になります。

「いらしてください」の使い方は

・ 遊びに~
・ ぜひ見に~
・ どうぞ お気軽に~

です。

お試験の手助けになるかしら。
お邪魔でなければ
どうぞ こころ置きくださいね

 

 そぎ落とした美。 飾らない心で

「いつでも、いらしてくださいね。」

にこやかに そんな風に言えたなら
と、思います。

でも
何かしら整えてから 「どうぞ」
な私は、
ありのままへの恥じらいが抜けず
時間も 心の準備も、必要です。

そんなとき、思い出すことがあります。

以前、年上の方に頼まれて
急ぎ その方のご実家のご両親の元
そのお宅へと、お邪魔したことがあります。

おふたり共に 八十の御歳をすぎた
とても優しい面立ちで、
何のてらいもなく自然に迎えて下さいました。
それは素朴で、美しい佇まいでいた。

古い木造の隅々まで手入れの行き届いて
余計なものを すべてそぎ落とした
そこに見える、美・優しさ・清潔感

開け放された窓から
山野草の上を 風がよせて

よい空気に満たされているのが
肌でわかる尊敬のできる お住まいだと

言葉でなく、姿で伝わる
何か・に震える想いがしたものです。

そして 帰り際にいただいた

「また いつでもいらしてね。」

の言の葉が、染みました。

あんな風に生きよ、と
どこかで
そんな風の声が聴こえた日。。

私も 微笑みながら
「いつでも いらしてね・・」

と言える人になりたいと、心から思いました。

最後までお目通しくださり、有難う存じます。
宜しければ、こちらもどうぞ。

⇒⇒⇒『お使い立てして申し訳ありません』女らしさを大切にしたい人の言葉③

ご機嫌よう。
また お目にかかれますように

 

-言の葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「おこがましい」敬語よりも使える丁寧な言葉⑤

    みなさま ご機嫌よう。 宵の刻限にて 失礼いたします   水無月の頃になると 一部メディアで 通年の放映が続いている アイドルグループのお嬢さんたちの 総選挙の様 …

五色って何いろ?「色」と「四季」との組み合わせで優しく覚える

みなさま ご機嫌よう。 あなたは 五色(ごしき)というと、 何を思い浮かべますか。 七夕の短冊? 鯉のぼりの吹き流し? 神社の真榊・鈴の緒? 上棟式の旗? 寺院の幔幕? 国技館の四房? あら。 五色素 …

【金嚢 きんのう・宝袋】「宝尽くし」の意味⑥着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 美しい晴れ着で迎える門出。 その人生儀礼に使われる吉祥文様に 『宝尽くし』が あります。 そこに良く描かれる宝ものを 一つ一つ拾い集める中、 今回、手に致しますのは 【金嚢 き …

『お手すきの折にでも』いつまでも女らしさを大切にしたい人の言葉①

  みなさま ご機嫌よう。 言葉の習慣は、 日々の小さな積み重ね。 ですが、 あなたの未来を作るもの。 では本日の言の葉は、こちら。 「お手すきの折にでも」 これは 何かを人さまに頼むときに …

上さま。

  かみさま・・って、何ですか? ためらいも無く 真っ直ぐに問うと 『 かみさま なんて、 わからなくてもいいよ。 ただ かみさまの カミという字を上って書いても、 かみさま・になるよね。 …