言 の 葉

『いらしてください』いつまでも女らしさを大切にしたい人の言葉②

投稿日:2018-10-09 更新日:

みなさま ご機嫌よう。

あなたは 誰にでも臆することなく
いらしてください・・と言えますか?

ええ、もちろん。
と仰るのであれば、私
ほんとうに尊敬してしまいます。
私も、そうでありたい。。

本日は、そんな・・

 「いらしてください」

のお話しです。

もしも、ふいに妙齢の女性から
「お構いもできませんが
どうぞいつでも、いらしてくださいね。」

なんて言われたら
同性の私だって胸をつかまれる

なんでしょう・・
今、SNSなど
すべてに開いているように見えて

その実、
肝心なところは固く閉じている様に

この時代を
そんな風に感じているものだから。

いらして・・
と、素直に言えないのは

きっと私が自分を

飾ろうとする心が
邪魔をするのでしょうね。

 

 元の言葉は「お入(はい)りになる」

いらしてください。 は、
「いらっしゃって下さい」の略で

いらっしゃる。の元の言葉は
お入(はい)りになる」です

文法は

来て下さい(敬語
いらしてください(丁寧語
お越し下さい(尊敬語

になります。

「いらしてください」の使い方は

・ 遊びに~
・ ぜひ見に~
・ どうぞ お気軽に~

です。

お試験の手助けになるかしら。
お邪魔でなければ
どうぞ こころ置きくださいね

 

 そぎ落とした美。 飾らない心で

「いつでも、いらしてくださいね。」

にこやかに そんな風に言えたなら
と、思います。

でも
何かしら整えてから 「どうぞ」
な私は、
ありのままへの恥じらいが抜けず
時間も 心の準備も、必要です。

そんなとき、
思い出すことがあります。

以前、年上の方に頼まれて
急ぎ
その方のご実家のご両親の
お宅へと、お邪魔したことがあります。

おふたり共に 八十の御歳をすぎた
とても優しい面立ちで、
何のてらいもなく
自然に迎えて下さいました。
それは素朴で、
美しい佇まいでいた。

古い木造の隅々まで手入れの行き届いて
余計なものを すべてそぎ落とした
そこに見える、美・優しさ・清潔感

開け放された窓から
山野草の上を 風がよせて

よい空気に満たされているのが
肌でわかる尊敬のできる お住まいだと

言葉でなく、姿で伝わる
何か・に震える想いがしたものです。

そして 帰り際にいただいた

「また いつでもいらしてね。」

の言の葉が、染みました。

あんな風に生きよ、と
どこかで
そんな風の声が聴こえた日。。

私も 微笑みながら
「いつでも いらしてね・・」

と言える人になりたいと、心から思いました。

 

最後までお目通しくださり、有難う存じます。

 

ご機嫌よう。

また お目にかかれますように

 

-言 の 葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

明日の朝は、時雨れます・・?

  みなさま ご機嫌よう。   蝉しぐれ・露しぐれ・雪しぐれ。 この言の葉 あなたは使ったことがありますか? 今朝、AM6:00前 ラジオから流れてきた声 「明日の朝は、時雨(しぐ …

『痛み入ります。』敬語よりも使える丁寧な言葉④

みなさま ご機嫌よう。 ゆみこです 今日もいらしてくださり ありがとう存じます。   あなたは 胸がいっぱいで 言葉が みつからないような 深い感謝の想いを感じたとき どんな言葉を遣われます …

『貴方どうかしていませんか?』自分の身を守るための【失礼な敬語】

みなさま ご機嫌よう   「どうなさいましたか」 「どうされましたか」 ならば、 それはお相手を思いやる気持ち。 けれど 『あなた、どうかしていませんか?』 と言われたなら そこには 毒が含 …

「すみません」が口癖のあなたへ。 直すために 魔法の言葉を。

みなさま ご機嫌よう 今日もお見えくださり ありがとう存じます ゆみこです   人と人との 距離の保ちかたが なかなか難しい時世ですが いかがお過ごしでしょうか あなたも どうぞ お健やかで …

怖がりさんでも、面白く読める 古典。ライトな【雨月物語】

みなさま ご機嫌よう ゆみこです 今日もいらしてくださり ありがとう存じます。   ライトノベルに見られる 文章表現の軽妙さで 古典の原文の 美しさを量るのは 難しいもの。 だから ここで紹 …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

【 恩 師 】

山王日枝神社
宮西惟道 師

松竹衣裳
根津昌平 師

和裁学苑
村林益子 師

小笠原流礼法
吉澤菱久 師

煎茶道日泉流
小泉萌生 師

日本舞踊
花柳美貴龍 師

京都芸妓
中嶋よしゑ 師