言 の 葉

『痛み入ります。』敬語よりも使える丁寧な言葉④

投稿日:2018-08-22 更新日:

みなさま ご機嫌よう。

ゆみこです

今日もいらしてくださり
ありがとう存じます。

 

あなたは

胸がいっぱいで
言葉が みつからないような
深い感謝の想いを感じたとき

どんな言葉を遣われますか?

 

語彙力をあげたい あなたへ。

毎日の生活の中に、
たった一言だけ
新しいフレーズを加えてみましょ。

ちいさな胸ポケットに
宝物を増やしていくように・・

 

本日の言の葉は、こちら

「痛み入ります。」

 

以前に、
「恐れ入ります。」は万能
という お話しをしました。

けれど
この「痛み入ります」は、
それよりも
深い感謝の意が こもっています。

なので 普段
何気なく使える言の葉ではなく

自分がへりくだり相手を立てる
謙譲表現です。

使い方は

「ご丁寧に、痛み入ります。」
「お心遣い、痛み入ります。」

自分のために時間をさいて何か
して下さった時や、
心苦しいほど親身になって
お気遣いいただいた時などに

そのサポートに対して
心底 お礼を申し上げたくて
使うものですね

ただ、
気を付けねばならないのは、

×「ご忠告、痛み入ります。」
×「貴重なご意見、痛み入ります。」

これは
心を込めて使ったとしても
残念ながら
皮肉にとられかねません。

とくに 目上の方には、
失礼にあたってしまいますので
お気を付け下さいね。

そして
もしも自分が「痛み入ります」と
言われたときの

お返事は、

「とんでもない」
「とんでもないことです」
です。

×「とんでもございません。」
×「とんでもありません。」

は、間違いです。

「~でございます。」とは
元来、
主人に対して
下の者が使う言の葉なのです。

ですから
たとえば、よく使われる
「ありがとうございます。」も
本来は
「ありがとう存じます。」
であるべきなのですが
そこまで厳密に考えるのも
なにか 違う・・ 気もします。

大切なのは
受けとめる相手の心に添うこと

とはいえ、

「痛み入ります。」が

一番、遣われるになる場面は
どんな時かご存知でしょうか。

あまり
想像したくないのですが、
避けては通れないお悔やみ事のときです。

身内の不幸があって

「お悔やみ申し上げます。」
「ご愁傷さまです。」

と、ご挨拶をいただいた時の
その返答に

「ご丁寧に、痛み入ります。」

と申し上げると
気持ちに しっくりくるのは

やはり

この「痛み入ります」という言葉が

恐れ多い気持ち、
改まった感謝、
深く感じ入る心

を、
表現しているのだからでしょう。

 

「痛み入ります。」の使い方は・・

 

胸がいっぱいで
言葉が みつからないような
深い感謝の想いを感じたときに
自然と 口から こぼれてしまった・・

というのが正解です。

 

本日も、最後までお読みいただき
ありがとう存じます。

またお目にかかれます様に

 

ご機嫌よう。

 

 

-言 の 葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【金嚢 きんのう・宝袋】「宝尽くし」の意味⑥着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 美しい晴れ着で迎える門出。 その人生儀礼に使われる吉祥文様に 『宝尽くし』が あります。 そこに良く描かれる宝ものを 一つ一つ拾い集める中、 今回、手に致しますのは 【金嚢 き …

柳家さん喬「たちきり」落語を知らなかった私を変えた忘れられぬ一席

  みなさま ご機嫌よう ゆみこです 今日もいらしてくださり ありがとう存じます。   落語好きの方に あなたは、どんな作品がお好きなの? と訊かれれば わたくしは必ず お答えして …

敬語よりも使える丁寧な言葉①~⑥【まとめ】

  みなさま ご機嫌よう これまで いくども言葉について 語っているもので 私自身が 話し上手? っと、思われがちなのですが いいえ、 どちらかと言えば 不得手です。   けれど …

【分銅 ふんどう】「宝尽くし」の意味④着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 お着物を大切にされている あなたへ。 明日、 あなたの身にまとうお着物には 何が描かれていますか? もしかしたら そこには 福徳を招く物語が、たくさん隠れているのかも。 【宝尽 …

『恐れ入ります。』敬語よりも使える丁寧な言葉②

  みなさま ご機嫌よう。 これから敬語を身につけたい・と、 思っておられる貴方へ。   目次1  初めの一歩は「恐れ入ります」から2  どのようなに見られたいですか?3  初めの …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

【 恩 師 】

山王日枝神社
宮西惟道 師

松竹衣裳
根津昌平 師

和裁学苑
村林益子 師

小笠原流礼法
吉澤菱久 師

煎茶道日泉流
小泉萌生 師

日本舞踊
花柳美貴龍 師

京都芸妓
中嶋よしゑ 師