言の葉

「痛み入ります」敬語よりも使える丁寧な言葉⑥

投稿日:2018-08-22 更新日:

 

みなさま ご機嫌よう。

 

語彙力をあげたい あなたへ。

毎日の生活の中に、
たった一言だけ
新しいフレーズを加えてみましょ。

ちいさなポケットに
宝物を増やしていくように・・

 

本日の言の葉は、こちら

「痛み入ります。」

 

以前に、
「恐れ入ります。」は万能
という お話しをしました。

けれど
この「痛み入ります」は、
それよりも
深い感謝の意が こもっています。

なので 普段
何気なく使える言の葉ではありませんが
覚えておくと
いざという時に、困りません。

使い方は

「ご丁寧に、痛み入ります。」
「お心遣い、痛み入ります。」

自分のために時間をさいて何か
して下さった時や、
心苦しいほど親身になって
お気遣いいただいた時などに

そのサポートに対して
心底 お礼を申し上げたくて
使うものですね

ただ、
気を付けねばならないのは、

×「ご忠告、痛み入ります。」
×「貴重なご意見、痛み入ります。」

これは
心を込めて使ったとしても
残念ながら
皮肉にとらえかねません。

とくに 目上の方には、
失礼にあたってしまいますので
気を付けて下さいね。

そして
もしも自分が「痛み参ります」と
言われたときに

お返事するときは、

「とんでもない、」
「とんでもないことです」
になります。

×「とんでもございません。」
×「とんでもありません。」

は、間違いです。

~でございます。とは
元来、
主人に対して
下の者が使う言の葉なのです。

ですから
たとえば、よく使われる
「ありがとうございます。」も
本来、
「ありがとう存じます。」
であるべきなのですが
そこまで厳密に考えるのも
なにか 違う・・ 気もします。

大切なのは
受けとめる相手の心に添うこと

とはいえ、

「痛み入ります。」が、一番使える場面って
ご存知でしょうか。

あまり
想像したくないのですが、
避けては通れない
お悔やみ事のときです。

身内の不幸があって

「お悔やみ申し上げます。」
「ご愁傷さまです。」

と、
その返答に

「ご丁寧に、痛み入ります。」

と申し上げると
気持ちに しっくりくるのは

やはり

この「痛み入ります」という言葉が

恐れ多い気持ち、
改まった感謝、
深く感じ入る心

を、
表現しているのだからでしょう。

 


 

終わりに。

この
「痛み入ります。」の使い方は・・

胸がいっぱいで
言葉が みつからないような
深い感謝の想いを感じたときに
自然と 口から こぼれる。

・・これが正解です。

やたらと使うと
失笑されてしまいます

お気を付けて

 

本日も、最後までお読みいただき
ありがとう存じます。

またお目にかかれます様に

 

ご機嫌よう。

 

-言の葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『お手すきの折にでも』いつまでも女らしさを大切にしたい人の言葉①

  みなさま ご機嫌よう。 言葉の習慣は、 日々の小さな積み重ね。 ですが、 あなたの未来を作るもの。 では本日の言の葉は、こちら。 「お手すきの折にでも」 これは 何かを人さまに頼むときに …

【金嚢 きんのう・宝袋】「宝尽くし」の意味⑥着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 美しい晴れ着で迎える門出。 その人生儀礼に使われる吉祥文様に 『宝尽くし』が あります。 そこに良く描かれる宝ものを 一つ一つ拾い集める中、 今回、手に致しますのは 【金嚢 き …

上さま。

  かみさま・・って、何ですか? ためらいも無く 真っ直ぐに問うと 『 かみさま なんて、 わからなくてもいいよ。 ただ かみさまの カミという字を上って書いても、 かみさま・になるよね。 …

『恙無く(つつがなく)』語源と9つの類語。妖怪・恙は東北地方の川沿いに?

  みなさま ご機嫌よう。 本日も、 つつがなくお過ごしでしょうか。   ご存知の唱歌「ふるさと」にある 「恙なしや友がき」も、 そして「源氏物語」にある 「我が身に つつがある心 …

「恐れ入ります。」敬語より使える丁寧な言葉②

  みなさま ご機嫌よう。 これから敬語を身につけたい・と、 思っておられる貴方へ。   目次1  初めの一歩は「恐れ入ります」から2  どのようなに見られたいですか?3  初めの …