言の葉

「行って参ります。」敬語より使える丁寧な言葉③

投稿日:2018-05-04 更新日:

みなさま ご機嫌よう。

本日は

 行って参ります。

のお話し。

 

丁寧なことばを
普段づかいにするには、

日々の言の葉を
小さなニュアンスから換えることが出来ると
無理なく近道になりますね。

 

ところで。

葉にも お年頃って
あるのでしょうか?


行ってきます。」には
まだ幼さや 素直な愛らしさを、
「行って参ります。」には
成熟した厚みと 円みとを感じます

どちらが良いわけでもなく
例えば

尊敬する方の すべてが
お話しのお上手な方ばかりでは
ありませんし

人徳のある方々が みな
丁寧なお言葉を お使いになるとは
限りませんでしょう?

ただ 何ごとも
懸命に語られる方ならば

嘘をつかれない方ならば

それだけで
その言葉の熱量で 充分なこともあるのです。

 

ならば 何故
言い換えねばならないの?
あなたは そう思われますか。

そうですね。
ほんの小さな語尾の差ですものね。

けれど
そんなささやかな言葉の選び方で
人のこころは 変わります

それで
自分に 自信をもてること
心に 余裕が持てたりすること
も、事実。

それでも
言葉の習慣を変えることは
決して簡単なことではありません。

けれど
間違いなく あなたを輝かせる
財産です。

 

だから、
あなの大切な毎日に 添えられる
言葉たちを
あなたの味方に付けてしまいましょ。

優しくて温かい言い回しは
自分のためであると共に
相手のため。

相手を大切にする想いの現れです

 

もしも 私がお若い方に
心を込めて
「行って参ります。」 っと

そんな風に言われたなら

私は どきっ。。 っとします。
嬉しいです

自分に向かって
そんな言葉を使っていただけて
ありがたいな っと
感謝します。

 

あなたも
ほんの少しの 勇気をもって
伝えてみましょう

あなたの 大切な方に
大切です。って

「 出逢えて良かったです 」
と、
伝えましょ。

丁寧なことばを
普段づかいにするには
日々の言の葉を
小さなニュアンスから換えること

ねっ
だから・・ 頑張りましょ?

 

たとえば
人徳のある方々が皆

丁寧なお言葉を お使いになるとは
限りません

みな 初めは同じ。

かつて

無邪気に
「行ってきまーす!」と言って
駆けだしてゆけた 私も

いつの頃からか
「行ってきます。」と
言うことが恥ずかしくなったもの

 

朝、玄関を出たところで
ご近所の方に声をかけていただき

「○○○ちゃん、お出かけ?
そう、気を付けてね。
行ってらっしゃい。」
その返事に 窮するの

だって
なんだか恥ずかしい

自分でも 訳のわからない理由に
さんざん
困り果てたあげく

小声でつぶやく
「 行って参ります。」

その瞬間の 嬉しかったこと。

一変に
背中が シャンとして
気分は、すっかり大人(苦笑)

 

そのうち きっと
「行ってらっしゃいませ。」

似合う人に なれますから。

そんな
未来の自分を 楽しみに

 

お疲れさま

お休みなさいませ。

 

-言の葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【宝鑰 ほうやく】「宝尽くし」の意味②着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 晴れの日にまとうお着物の絵柄に 良く見られる文様の「宝尽くし」 その美しい文様に込められた意味を 掘り下げたくて 本日は、弐の巻。 『宝鑰』の、お話しです。   目次 …

雛飾り【左近桜・右近橘】の置き方に困っているお母様へ。( 動画あり )

鳥居清長「子宝五節遊 – 雛遊」  Wikipedia   みなさま ご機嫌よう。 雛人形を飾る時期は、立春ごろ 2月4日頃からと言われています。 雛飾りの「左近桜 右近橘」は …

【橘】の意味・吉祥文様を解く(動画あり)

    みなさま ご機嫌よう。 嫁ぐ日に袖を通したい衣裳。 絢爛豪華な色打掛に秘められた、 吉祥紋様。 その中に 常世の国に生えていたという、 日本にしか自生しない蜜柑 『橘』があ …

『お使い立てして申し訳ありません』女らしさを大切にしたい人の言葉③

みなさま ご機嫌よう 本日も、お疲れ様です。 あなたは、人に頼るのは上手ですか? 頼みごとを素直にできる方って とても魅力的。 だって それだけ相手を信じている。って いうことですよね。 本日は・・ …

『いらしてください』いつまでも女らしさを大切にしたい人の言葉②

みなさま ご機嫌よう。 あなたは 誰にでも臆することなく いらしてください・・と言えますか? ええ、もちろん。 と仰るのであれば、私 ほんとうに尊敬してしまいます。 私も、そうでありたい。。 本日は、 …