言の葉

上さま。

投稿日:2018-07-04 更新日:

 

かみさま・・って、何ですか?
ためらいも無く 真っ直ぐに問うと

『 かみさま なんて、
わからなくてもいいよ。

ただ
かみさまの
カミという字をって書いても、

かみさま・になるよね。

だから、

これから生活する中で
自分よりも目上の人・年上の人を

『かみ(上)さま』だと思って、

お父さんや お母さんを大切にして

それから先輩たちの言うことを、
良く 聞くようにね。  』

 

都心にも

薄紅の
桜の花が舞うころ。

これが

初めて
神職さんに質問したときに

いただいた言葉です。

 

のんびり屋の 私には

ことの真理など
未だに
わからないけれど

実は それで いいかな
って 思っています。

ただ、

自分に 嘘をつかずに
生きてゆけたら・と。

 

-言の葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『お使い立てして申し訳ありません』女らしさを大切にしたい人の言葉③

みなさま ご機嫌よう 本日も、お疲れ様です。 あなたは、人に頼るのは上手ですか? 頼みごとを素直にできる方って とても魅力的。 だって それだけ相手を信じている。って いうことですよね。 本日は・・ …

大野智・偶像と真実。

    『 人生はね、本当に一回しかないから。 良く思うもん、悩んだり辛かったりする時とかさ 「何くよくよしてるんだ」と もう一人の自分がいるわけですよ 「人生一回しかないんだよ楽 …

【丁子 ちょうじ】「宝尽くし」の意味 ③着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 お着物の礼装に似よく見られる「宝尽くし」 その文様を読み解く『参の巻 』は、 こちら【丁子(ちょうじ)】です。 丁子 って一見、奇妙な形をして見えますよね。 なぜ、こんな形なの …

忘れられぬ贅沢な一席・柳家さん喬「たちきり」

  みなさま ご機嫌よう。   殿方のお遊びを、 おつに花柳界で・・とあらば 今は、一時間単位の計算なのだそう   それをもし 落語の「たちきり」の時代の 花柳界に 置換 …

『お手すきの折にでも』いつまでも女らしさを大切にしたい人の言葉①

  みなさま ご機嫌よう。 言葉の習慣は、 日々の小さな積み重ね。 ですが、 あなたの未来を作るもの。 では本日の言の葉は、こちら。 「お手すきの折にでも」 これは 何かを人さまに頼むときに …