言の葉

上さま。

投稿日:2018-07-04 更新日:

 

かみさま・・って、何ですか?
ためらいも無く 真っ直ぐに問うと

『 かみさま なんて、
わからなくてもいいよ。

ただ
かみさまの
カミという字をって書いても、

かみさま・になるよね。

だから、

これから生活する中で
自分よりも目上の人・年上の人を

『かみ(上)さま』だと思って、

お父さんや お母さんを大切にして

それから先輩たちの言うことを、
良く 聞くようにね。  』

 

都心にも

薄紅の
桜の花が舞うころ。

これが

初めて
神職さんに質問したときに

いただいた言葉です。

 

のんびり屋の 私には

ことの真理など
未だに
わからないけれど

実は それで いいかな
って 思っています。

ただ、

自分に 嘘をつかずに
生きてゆけたら・と。

 

-言の葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

明日の朝は、時雨れます・・?

  みなさま ご機嫌よう。   蝉しぐれ・露しぐれ・雪しぐれ。 この言の葉 あなたは使ったことがありますか? 今朝、AM6:00前 ラジオから流れてきた声 「明日の朝は、時雨(しぐ …

『お手すきの折にでも』いつまでも女らしさを大切にしたい人の言葉①

  みなさま ご機嫌よう。 言葉の習慣は、 日々の小さな積み重ね。 ですが、 あなたの未来を作るもの。 では本日の言の葉は、こちら。 「お手すきの折にでも」 これは 何かを人さまに頼むときに …

「おこがましい」敬語よりも使える丁寧な言葉⑤

    みなさま ご機嫌よう。 宵の刻限にて 失礼いたします   水無月の頃になると 一部メディアで 通年の放映が続いている アイドルグループのお嬢さんたちの 総選挙の様 …

【打ち出の小槌】「宝尽くし」の意味⑧着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 お着物を大切にされている あなたへ。 あなたの身にまとうお着物には 何が描かれていますか? そこにある物語を読み解いて参ります。 本日は【宝尽くし】の意味を探す 八の巻 『打ち …

「お蔭さまで」敬語よりも使える丁寧な言葉④

    みなさま ご機嫌よう。   本日の言の葉は、 日々の対人関係での不安を 和らげてくれる そんな言の葉。 『 お蔭さまで。』 どうぞ あなたも 御守り代わりに おひ …