言の葉

【隠れ笠・隠れ蓑】「宝尽くし」の意味⑦着物の文様

投稿日:2018-11-26 更新日:

みなさま ご機嫌よう。

礼装のお着物の絵柄にも色々なものがあり
宝尽くしは、その中のひとつです。

華やかな場にふさわしく、
帯やバッグなどの文様にも
宝尽くしが散らされていることは多いもの。

本日は、その意味を解く『七の巻』
隠れ笠・隠れ蓑】の、お話しです。

どうぞ、ごゆるりと
お付き合い下さいませ。

 

 意味とは

笠や蓑(みの)は、
・ 陽光をさえぎり、雨雪を防ぐためのもの

隠れ笠・隠れ蓑は、
・ 姿を見えなくする
・ 実体を隠す、正体を隠すもの

現在の世相に照らすと
・ 表向きの名目
・ 人をあざむくために使うもの

ですが

宝尽くしとは、中国思想の「八宝」や「雑八宝」からなる
縁起の良い【宝の文様】をいいます。

故に【隠れ笠・隠れ蓑】とは、

・ 危険な事物から、姿を隠し 守ってくれるもの
・ 病や災いから身を隠し、厄をのがれるもの

と言って良いでしょう。

 

 隠れ笠

 

 

 

 

 

 

出典元 / オオタの脳みそ

 

【隠れ笠】は、男性の文様です。

別名は、叡山菫(エイザンスミレ)と言われる
こんなに可愛らしいお花です。

出典元 / Wikipedia

ただ、花言葉は「ずる賢い」
やはり隠れ笠に由来しているのです。
すこし、お気の毒ですね。

その他に見られる情景には、こんなものもありますね。

・ お田植えの早乙女
・ 阿波踊りの笠
・ お遍路さんの笠

そして

 笠地蔵さん

こうして探してみると
どこか遠い物のように感じてた【隠れ笠】ですが、
実は今でも、あなたのすぐそばに在るのかもしれませんね。

 

 隠れ蓑

出典元 / オオタの脳みそ

 

【隠れ蓑】は、女性の文様です。

そして
こちらが、カクレミノの木です。

出典元 / Wikipedia

ウコギ科の常緑亜高木で
別名・天狗の団扇(うちわ)と呼ばれます

関東以南に分布し、樹液は家具の塗料に用いられ
神社の神事のお供えに使われることもあります。
(注:天狗の持っているのはヤツデです)

この【隠れ蓑】は、
天狗の宝物といわれ
その神通力を象徴するものの一つ。

こちらは高尾山の天狗像ですが

蓑というよりは
鳥の羽根のようですね。

イメージは、
昔話のおじいさんが来ていた
こちらでしょうか。

私は、こちらが好きかも(微笑)

秋の季語・みのむし。
上手く隠れていますものね。

 

 物 語

隠れ笠・隠れ蓑がでてくるお話しといえば

・ 宝物集(平安末期の仏教説話集)
・ 保元物語(鎌倉時代の軍記物)
・ 笠地蔵(にほん昔話)
・ かくれ蓑笠(にほん昔話)
・ 天狗の隠れ蓑 
(熊本県八代市に伝わるのは「彦一とんち話」)
(福井県に伝わるのは「ばくち打ち」のお話し)
・ 隠れ蓑と隠れ笠
(秋田県のむかし話)は、こんな風に始まります。
『 ざつと昔、ある所に兄がゐたけぢよん・・

いまも日本各地には
なんとも言えぬ味わいのある民話や
お伽噺(おとぎばなし)として多く、語り継がれています。

特に、天狗をだまして色々なイタズラをする
彦一ばなしは楽しくて
お子様に〔宝尽くし〕の説明をするには、うってつけ。

訪問着を着ておでかけの際に
待合のお部屋で
小さいお子様が飽きてしまって
ぐっずった時には
お召し物の「宝尽くし」の絵柄を指しながら
バッグにひとつ、絵本を入れておいて
面白い「とんち話」を聞かせてあげると
喜ばれますよ。

ご存知このシリーズはコンパクトなので
持ち運びにも便利で良いですよね。

⇒てんぐのかくれみの (よい子とママのアニメ絵本 75 にほんむかしばなし)

 


 

本日も、最後までお付き合いくださり
ありがとう存じます。

宝尽くしの意味『七の巻』は、
如何でしたか?

和装を大切になさる貴女なら
この国の伝統文化に敏感なはず。

この記事が
貴女のお役に立てれば幸いです。

 

次回は、こちら
⇒⇒⇒【打ち出の小槌】「宝尽くし」の意味⑧着物の文様

では
本日は、この辺でおいとま致します。
またお目にかかれます様に。

ご機嫌よう。

 

-言の葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

年末年始に見直したい。ふるさと別の言い方で「お粗末さま」

  みなさま ご機嫌よう。 お帰りなさいませ。 本日は、ふるさと別の・・ 目次1  「お粗末さま」の、お話しです。2  「ごちそうさま・・」への返答は?3   言葉の由縁4  [お粗末さま」 …

「行って参ります。」敬語より使える丁寧な言葉③

みなさま ご機嫌よう。 本日は 『 行って参ります。』 のお話し。   丁寧なことばを 普段づかいにするには、 日々の言の葉を 小さなニュアンスから換えることが出来ると 無理なく近道になりま …

「痛み入ります」敬語よりも使える丁寧な言葉⑥

  みなさま ご機嫌よう。   語彙力をあげたい あなたへ。 毎日の生活の中に、 たった一言だけ 新しいフレーズを加えてみましょ。 ちいさなポケットに 宝物を増やしていくように・・ …

『いらしてください』いつまでも女らしさを大切にしたい人の言葉②

みなさま ご機嫌よう。 あなたは 誰にでも臆することなく いらしてください・・と言えますか? ええ、もちろん。 と仰るのであれば、私 ほんとうに尊敬してしまいます。 私も、そうでありたい。。 本日は、 …

月暦

  みなさま ご機嫌よう。   女性は あまり熱心に 月を見上げては ならない。 それは 感情を 揺さぶられ過ぎるから。 いつか そんな風に聞きました ただ、私は 月を見上げるのが …