言 の 葉

初心者の古文書解読はどう勉強する?辞典・講座・アプリ紹介

投稿日:

再稿

 

みなさま ご機嫌よう

いつも
ありがとう存じます

ゆみこです

 

古文書

それは 時代をくぐり抜けるための
どこでもドア

子供のころ誰もが一度は あこがれた
ひみつ道具

あなたが 古い文書を読み解くとき
数百年もの 時が動き

その扉から
あの信長も 秀吉も 家康も
突然
あなたの目の前に現われ
あなたに語りかけてきます

もしも あなたに
つよい興味と、すこしの我慢強さがあれば
独学でも充分です

もちろん、色々な学びの場もあります

本日は、そんな
初心者の古文書解読はどう勉強する?
辞典・講座・アプリ紹介
というお話しです

どうぞ
ごゆるりとお付合い下さいませ

 

 古文書解読の入口

古文書との出会いは
きっと十人十色
それぞれの御縁でしょう

私は、江戸期の礼法書を読むという
機会にめぐり合い

生まれて初めて
古文書の写しを手にしました

そのとき
始めにしたことは
図書館
に走り「古文書」「くずし字」
の初心者向け書籍を
たくさん、たくさん 、お借りしたこと

そして、まずは
かな文字の変体仮名を覚えました

安・阿
以・伊
宇・有
衣・江

というように。
けれど、よく観察すると
いまも身近に


割り箸袋の『御手毛登』(お手元)


いただき物の『多越留』(タオル)


看板の『き楚者』(生蕎麦)

のように、様々な場所に
見つける事ができます

はじめは誰もが初心者です

もちろん私にも
戸惑いや我慢の時期もありました

けれど、それを一度くぐれたのは
一冊の辞典との出会いだったのです

 

『くずし字解読辞典』

この本と出会って

いつの間にか
テレビの歴史番組に古文書が写し出されると
解説前に読めるようになりました

初版は、昭和45年11月
児玉幸多氏・編
長く皆さまに、愛されています

今でも
ときおり解らなくて 解けなくて
泣きたくなるとき
一番頼みにしている一冊で

いつもインデックスや、書き込みや、付箋で
大変なことになっていますが

これが「古文書解読」大切なお守り
欠かせない一冊です

詳細は、こちらから
くずし字解読辞典 普及版

 

一方、最近では
『くずし字アプリ』というのもあります

「辞典や本は苦手」という方や
「もっと手軽に調べたい」という方に
好評な

スマートフォン【KULA】
パソコン【MOJIZO】です

私も利用してみましたが
すこし不得手のようです

きっと
それぞれに相性もあるのでしょう

あなたも一度 体感なさって
自分にあう方をお選びくださいね

 

 たくさんあります・学びの場

古文書の楽しみ方も、十人十色かと思います

◎ 自宅で自分のペースで学びたいなら


◎ たくさんの仲間と切磋琢磨したいなら


◎ 独学・独自路線で学ばれるのが お好きなら

◎ YouTubeで楽しみたいのなら

等々、
たくさんの学びの場があります

 

 学びの行方は、いつも。

私事で恐縮ですが、
私は子供の頃から 文字が大好きで

本屋さんへ出掛けると
国語辞典を嬉しそうに立ち読みする
そんな困った小学生でした

ですが、何故か
なぞなぞが苦手で
クロスワードパズルが出来ない
本当に出来ない。
へこむほど下手

そんな私がパズルのように
楽しめるのが、古文書の読解でした

とっても不思議です

さて

あなたの心を豊かにしてくれる
ご趣味は何ですか

星の数ほどある物事の
その中で
あなたが出会って 気に入ったのなら
それはきっと、あなたの必然だから

時に、迷ったり、焦ったり
苦しいときにも
今のプロセスを
全力で乗り切ったその先には
想像を超えた
あなただけの景色が
待っています

学びは、一生もの

自由に 自分を楽しむところ
あなたが あなたらしく輝けるところ

きっと、作って下さいね

そして、いつかそっと
私に
自慢にいらして下さいませんか

いつも
ここで待っていますね

本日も 最後までお付き合い下さり
ありがとう存じます

 

ご機嫌よう

 

宜しければ、こちらの記事も
どうぞ

「アマビエ現わる!」江戸時代の瓦版~古文書原文を読み解く

 

 

-言 の 葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『うつつを抜かして得るもの』敬語よりも使える深い言葉 ①

みなさま ご機嫌よう お見えくださり ありがとう存じます ゆみこです   いきなりですが あなたは、どう思われますか? 自分のために 大切に、うつつを抜かす人生 私は 有り・・と思うのです …

【宝鑰 ほうやく】「宝尽くし」の意味②着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 晴れの日にまとうお着物の絵柄に 良く見られる文様の「宝尽くし」 その美しい文様に込められた意味を 掘り下げたくて 本日は、弐の巻。 『宝鑰』の、お話しです。   目次 …

怖がりさんでも、面白く読める 古典。ライトな【雨月物語】

みなさま ご機嫌よう ゆみこです 今日もいらしてくださり ありがとう存じます。   ライトノベルに見られる 文章表現の軽妙さで 古典の原文の 美しさを量るのは 難しいもの。 だから 原作を大 …

60代以上の方には失礼?「お疲れ様」の使い方。

みなさま ご機嫌よう。 日本語は難しいと言いますが、 本当に身に染みてそう思う時って あるもので。。 あなたは、その言葉の使い方に 自信はおありでしょうか。 本日は 「お疲れ様」についての お話しです …

「存じます」「存じ上げます」「ありがとう存じます」

みなさま ご機嫌よう ゆみこです 今日もいらしてくださり ありがとう ・・存じます う ・ん? 「存じます」って、いったい な~に? 今日日(きょうび) うっかり 多用すると 嫌われてしまうもの 「存 …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

 

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

 

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

 

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

 

略 歴

 

 

千羽屋呉服店・長女

永田町のとある神社へ
本職の巫女として奉職

舞台着付
根津昌平氏師事(松竹衣裳)

和裁学苑
村林益子氏師事

和装ポージング&ウォーキング
田中レーヌ氏(パリコレモデル)師事

和文化講座
中嶋よしゑ氏(京都・芸妓)様

メンタルケア・スペシャリスト認定

きもの文化検定3級

小笠原流礼法・師範