言 の 葉

古典が苦手になる前に、子供のうちに出会いたい本

投稿日:2019-10-03 更新日:

みなさま ご機嫌よう。

あなたは、日本の古典を読むことは
お好きですか。

世の中には、こんな声があります。

「古典の現代語訳を読むなんて、
時間の無駄」


「受験のために、
興味のない古典を読むのは辛い」

けれど

入試古典の御三家は、
「徒然草」「枕草子」「源氏物語」

ただ
古典は、もう増えることはありません。

もし、あなたが

「そのタイトル、知っているよ」

から一歩進んで

「その話し好き。面白いよね」
になれるとしたら

それは
とても大きな事かもしれません。

そして人は、一度 興味の扉が開くと

その次には欲が出て
原作に触れたくなるもの。

そんな風に、
「好き」という気持ちを
味方につけることが出来るのが

この
【ストーリーで楽しむ日本の古典】です。

よろしければ
あなたも 扉の鍵を手にしてみませんか。

この【ストーリーで楽しむ日本の古典】は、
いわゆる
古典の原文を読み解くのではなく

現在ご活躍中の作家の方々が
それぞれに編み出したストーリーを楽しむうちに
気付いたときには、自然と古典と触れあえている。

古典=古いもの・・とせず、
斬新な肉付けで
現代に語りかけてくれるシリーズです。

そして
歴史
小説や恋愛物語、怪奇物に軍記物など、
これだけあれば、選ぶだけでも楽しくなりますね。

でも、この【ストーリーで楽しむ日本の古典】は、
古典学習として身構えて頁を開くと、
すこし、戸惑ってしまいます。

新しい短編小説を読むような気持ちで
冒険をするつもりなら

不思議な扉が開きます。

 

では、少しだけ
その扉に 鍵を挿してみますね。

 

「枕草子」(令丈ヒロ子・著 鈴木淳子・絵)

読み初めは、
砕けた文章に戸惑いました。

けれど、
読み進めるうちに

副題にある
「きらきら宮中ライフ」とは真逆の、
権力闘争と一族の盛衰物語
身につまされるストーリー展開に
引き込まれます。

こんなものを作ってみました

知らずにいた「枕草子」
中宮・定子(ていし)」の姿。

他に無い、この本ならではの切り口で
大いに 古典への興味をくすぐってもられる
一冊です。

 

 最後に。

本と出会い 読み終えて、
最後のページを閉じたとき。

何故か、とても原作に触れたくなり
自分から、
古典の原本を探すようになること。

これが
「ストーリーで楽しむ日本の古典」シリーズの
最大の魅力です。

岩崎書店さんの
発想の凄さと、大胆な企画が楽しくて

子供のうちに出会えたなら

古典が苦手になる前に
自発的に、古典を読みたくなる
という、この不思議な面白さを体感できます。

 

みなさまが、
お気に入りの一冊と出会えますように。。

 

ご機嫌よう。

 

-言 の 葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【梅】きもの模様の意味を知りたい。

  みなさま ご機嫌よう。 本日は 和装に見る【梅】の柄の意味 たくさんの雑学と一緒に きっと 梅模様が、愛おしくなる そんなお話しです。   目次1  意味と花言葉2  松竹梅3 …

怖がりさんでも、面白く読める 古典。ライトな【雨月物語】

みなさま ご機嫌よう ゆみこです 今日もいらしてくださり ありがとう存じます。   ライトノベルに見られる 文章表現の軽妙さで 古典の原文の 美しさを量るのは 難しいもの。 だから 原作を大 …

「アマビエ現わる!」江戸時代の瓦版~古文書原文を読み解く

   引用元:東映アニメーション公式You Tubeチャンネル   みなさま ご機嫌よう ゆみこです 今日も いらしてくださり ありがとう存じます   疫病退散の御利益が …

愛される聞き上手になるために押さえたい、3つの事。

  皆さま ご機嫌よう。 よく お休みになれました? 優しい心根に いちばん必要なのは 心身の健康かな・ って思う 自分の心に 余裕がないと 誰の声にも 寄り添えないから よく言われるのが …

『貴方どうかしていませんか?』自分の身を守るための【失礼な敬語】

みなさま ご機嫌よう   「どうなさいましたか」 「どうされましたか」 ならば、 それはお相手を思いやる気持ち。 けれど 『あなた、どうかしていませんか?』 と言われたなら そこには 毒が含 …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

【 恩 師 】

山王日枝神社
宮西惟道 師

松竹衣裳
根津昌平 師

和裁学苑
村林益子 師

小笠原流礼法
吉澤菱久 師

煎茶道日泉流
小泉萌生 師

日本舞踊
花柳美貴龍 師

京都芸妓
中嶋よしゑ 師