言 の 葉

『お暇(いとま)致します』女らしさを大切にしたい人の言の葉⑤

投稿日:2018-12-12 更新日:



みなさま ご機嫌よう。

訪問先を失礼する時に
あなたは何と仰いますか?
「そろそろ、失礼いたします。」
でしょうか。

むろん、
それでも気持ちは伝わるものですが

代わりに使うと
場の雰囲気が和む言葉が、あります。

それが、こちらの
『お暇(いとま)致します』

個人宅でなくて
気のおけない方々や、お仲間との懇親会などでも

「私、帰ります。」「失礼します。」
では寂しいから。

こちらの言の葉を使ってみませんか?

お暇(いとま)致します。


あなたは、こんな経験はありませんか?

親しい御友人や
お世話になっている親戚のお宅へお招きいただいて
楽しい時間を過ごした日。

すっかりご馳走になり話もはずみ、
名残惜しくも、お別れの時間が迫ったときに

席を立つ為の
良い言葉が見つからなくて困ったり
上手く切り出せず困った事。

中には断り上手な方もいらっしゃいますが、
私はとても苦手で、上手く言い出せませんでした。

こんな私と同じ悩みをお持ちの方に
覚えておいて頂くと
きっと お役立ていただけるのが

『お暇(いとま)致します』 です。

例えば。こんな風に使って頂けます。

「楽しくて時間が経つのも、すっかり忘れてしまいました。
名残惜しいのですが、そろそろお暇いたします。」

「本日は有難うございました。
明日の朝も早いものですから
本日は、そろそろお暇いたします。」

どんな言い回しにしても
【おいとま】は、
お別れ・お断り・中座の台詞。

ですが

頃合い良く失礼したい時や

皆さまより少し先に一人で
席を立たなければいけない事など

人それぞれ事情はあるもの。

個人のお宅でも
賑やかな宴の場であっても

先様の気持ちに、穏やかに映るのが

この「お暇いたします」です。

大人の嗜みの一つとして
身に付けておきたいですね。

但し、この言の葉。
殿方は、ご遠慮下さいね。

 

 意 味

【おいとまします】の
いとまを漢字で書くと

〔暇〕〔遑〕と書き
『時間』『ひま』を表わします。

枚挙に暇いとまが無い、は
=数える暇ひまが無いほど多い事で

お暇(いとま)します。は、
下がらせて頂きます」とも言いますし

お暇(ひま)を頂きます。は、
辞めさせて
頂きます
お別れ(離縁)しましょう と同じ。

帰る・立ち去る・離れる など

奈良時代の万葉集にも記され
古くは、女官の使った言葉の為

現代でもやはり
女性に美しく映える言の葉の一つと言えるでしょう。

 




すみません、失礼します。
私、今日は帰ります。

は、卒業して 
『そろそろ、お暇致します』 へ。

その瞬間、ほんの少し場が和む不思議。

言の葉には、一瞬で
あなたを美しく印象づける力があります。 

あなたの使う言の葉は
あなた自身を、語ります。

あなたも
あなたの望む未来の姿を思い描いて
言の葉を着替えませんか。


本日も、お付き合いいただき
ありがとう存じます。

 

ではこの辺で、おいとま致します。

ご機嫌よう。

 

-言 の 葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「お供します」尊敬を伝える美しい言の葉

みなさま ご機嫌よう ゆみこです 今日もいらしてくださり ありがとう存じます。   あなたは子供のころ こんな風に思ったことはありませんか? 「そんな言い方をしてみたいなぁ」 「そういう言葉 …

天命を待つ

みなさま ご機嫌よう あなたには いつの間にか身に染みて、 知らないうちに 心の片隅に 住み着いてしまっているような、 そんな言葉はありませんか。 私の好きな言の葉 それは、 目次1  人事を尽くして …

伸びる子には 指導者の名言よりも 大切な言葉がある

  みなさま ご機嫌よう ゆみこです 如何 お過ごしですか? 本日は 「伸びる子には 指導者の名言よりも大切な言葉がある」 という お話しです。 実は 私の日常には たくさんの 若きアスリー …

『お戯れを』いつまでも女らしさを大切にしたい人の言の葉⑦

みなさま ご機嫌よう ゆみこです 今日もいらしてくださり ありがとう存じます。   あなたは会話中のお返事に 困ってしまわれた事はありますか。 お話し相手に 悪意のない事は分かっていても す …

『菊の御紋』と 日本・【十六八重表】の由縁(動画あり)

みなさま ご機嫌よう。 「令和」の御世になり 幾分、時を経てまいりましたが 如何 お過ごしでしょうか 新天皇陛下は 2019年5月1日に 御即位の証に 三種の神器の 『剣と勾玉』を引き継がれました 即 …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

[ 略 歴 ]

呉服店・長女
日枝神社・巫女奉職

松竹衣裳(株)和装着付
故・根津昌平氏師事

和裁学苑 ( 和裁 )
故・村林益子氏師事

和装仕草
パリコレモデル 田中レーヌ氏師事
京都芸妓 中嶋よしゑ氏師事
日本舞踊・花柳美貴龍氏師事

メンタルケア・スペシャリスト認定
きもの文化検定3級
小笠原流礼法・師範