言の葉

「お蔭さまで」敬語よりも使える丁寧な言葉④

投稿日:2018-05-22 更新日:

 

 

みなさま ご機嫌よう。

 

本日の言の葉は、

日々の対人関係での不安を
和らげてくれる そんな言の葉。

『 お蔭さまで。』

どうぞ あなたも
御守り代わりに おひとつ
お持ちくださいませ。

 

 言霊

 

・・という
言の葉も 在るように

言葉って、使ってゆけば 自然と
そこに 心が宿ってきますから。
そこを 信じて

「 お蔭さま。」も、
例えば こんな風に。

お久しぶりです。お元気ですか?
・・ はい。お蔭さまで

近ごろ、お忙しそうですね。
・・ えぇ。お蔭さまで

試験に見事、合格されたんですね?
・・ お蔭さまです!

どんな風に
声かけをいただいても
このように話すことで

自分よりも まず相手を立てる

そんな言葉が使える
そんな言葉が選べる人だと
あなたの
その姿勢が 伝えられます。

大切にしたい誰かに出会ったとき
上手くは言えないけれど
上手く伝えられないけれど
でも
自分をわかって欲しい
そんな思いに駆られることって
ありますよね。

そんな不器用さんへ。

普段から何気なく使える
こんな 大人言葉の気遣いを
『 お蔭さまで 』
の常用で身につけて
自分の自信につなげましょ。

それに この言葉は、

お使いになった方も
話しかけられた方のほうも

みなさん 笑みをこぼされます。
この後に
悪い言葉など続けられません

 

どうかしら。

『 お蔭さまで 』
という言葉を 

苦手な方にこそ使ってみませんか?

お蔭さまで。
なんて先手を打たれたら
いきなり
攻撃の封じ手を 使われたも同然。
やんわりと
余計な刃を交わせます

ひとは、

 十人十色。

 

誰のせいでもないけれど
相性の合わない方は出て来て当然

相手の良い面を
汲み取りつつも
合わせすぎて疲弊してはいけません

あなたを 大切に思う方は
必ず
居てくださるものだから
あなたには
自分を大事にする責任があるもの

どうぞ その為に
自分の味方になってくれる言の葉を
たくさん身につけて

あなたが あなたらしく
居られますように。

たかが言葉ひとつ が、 百人力。

それが この国の
和の言の葉・の魅力

 

最後まで 読んでくださって
ありがとう存じます。

 

では ご機嫌よう

 

-言の葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おみくじの由来・神社参拝の前に知っておきたい、お話し。

みなさま ご機嫌よう。 近頃は、ネットみくじ・Webみくじ等もあり 御神籤その本来の由来とは、 随分とその様相も変わったようにも感じます が、実際はどうでしょうか。 本日は、そんなお話しです。 &nb …

「おこがましい」敬語よりも使える丁寧な言葉⑤

    みなさま ご機嫌よう。 宵の刻限にて 失礼いたします   水無月の頃になると 一部メディアで 通年の放映が続いている アイドルグループのお嬢さんたちの 総選挙の様 …

「痛み入ります」敬語よりも使える丁寧な言葉⑥

  みなさま ご機嫌よう。   語彙力をあげたい あなたへ。 毎日の生活の中に、 たった一言だけ 新しいフレーズを加えてみましょ。 ちいさなポケットに 宝物を増やしていくように・・ …

上さま。

  かみさま・・って、何ですか? ためらいも無く 真っ直ぐに問うと 『 かみさま なんて、 わからなくてもいいよ。 ただ かみさまの カミという字を上って書いても、 かみさま・になるよね。 …

60代以上の方には失礼?「お疲れ様」の使い方。

      みまさま ご機嫌よう。 あらまぁ大変。 私、またひとつ 日本語の勘違いをしていました。 本日のお話しは、こちら 目次1  「大儀であった」→「ご苦労様」→「お …