言 の 葉

『御冠(おかんむり)』の意味・語源。かんたん解説

投稿日:2018-11-01 更新日:

 

みなさま ご機嫌よう。

 

機嫌の悪い人のことを
「あの人、おかんむりね。」などと言います。

その意味、それは?
何故こんな言葉が生まれたのでしょう?

本日は、
【御冠 おかんむり】のお話しです。

 

 冠とは

 

】は⇒ 頭に被るものの総称です。
そして
御冠】は ⇒冠を曲げること

冠は本来、
きちんと真っ直ぐに被るものなのに
その頭に被るものが曲がっている。
つまり、そっぽを向いている状態。

冠を曲げるとは・・
・ 機嫌を悪くする
・ 不満をもっている
・ 怒っている
の意。

その昔。
公家たちは立場上、不満があっても
意見せずに我慢しなければならず、

抗議反抗心を示す為に
冠をわざとずらして意を表わしたと言います。

おかんむり=不機嫌なこと

類義語】は
・ ご立腹 = 腹を立てる
 腹が立つ = 怒りが起こる
・ 頭にくる = 我慢ならぬ
・ ご機嫌斜め = 機嫌が悪い

【使い方】
 すっかり おかんむりだ
・ 珍しく おかんむりのようだ
・ 少なからず おかんむりだね
・ 大変な おかんむりです
 いささか おかんむりのようで

でも、冠を曲げるのに
なぜ曲げるを取ってを付けたのでしょう?

 

 曲げる・斜め

 

【曲げる】とは
・ 本来の形をゆがめること
・ 気を損ねること

へそを曲げる=体を別の方へ向ける
つむじを曲げる頭をよそに向ける

【斜め】とは
・ 傾いている
・ 人の気持ちなどが普通と違う事

〔例〕
・ 斜めに構える
・ しゃに構える
・ はすに構える

総じて
『皮肉な態度をとる』の意味ですね。

 

 御とは

 

御冠(おかんむり)の

敬意尊敬の意を表わしたり、
名詞の頭に付けて丁寧にする役割があります。

例えば『御の字』とは
・ 充分で
・ ありがたい
・ 結構な
・ 極上のもの

ということは
【御冠】とは・・

[御]の字を付けるほど有難い[冠]を
わざわざ曲げてまで抗議を表わす事

なのですね。

 


 

如何でしたか?

【御冠】は本来、男性が使っていた言の葉で
男性が使っても、いっこうに構わないし正しいものですが

それを女性が話し言葉の中で使うとき
『怒る』を直接的な言い方・表現ではなく

「少し おかんむり、みたいね?」

などと、険も立たずに柔らかな人柄と
奥ゆかしさまでも感じられてきます。

言葉は、
良くも悪くも一瞬で、あなたの印象を変えます。
ですから、
あなた自身を表わす手段のひとつでもあります。
心して選びたいものですね。

最後までお読みいただき
ありがとう存じます。

では本日は
この辺でおいとま致します

 

ご機嫌よう。

 

-言 の 葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「すみません」が口癖のあなたへ。 直すために 魔法の言葉を。

[編集済] みなさま ご機嫌よう 今日もお見えくださり ありがとう存じます ゆみこです   人と人との 距離の保ちかたが なかなか難しい時世ですが いかがお過ごしでしょうか あなたも どうぞ …

【金嚢 きんのう・宝袋】「宝尽くし」の意味⑥着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 美しい晴れ着で迎える門出。 その人生儀礼に使われる吉祥文様に 『宝尽くし』が あります。 そこに良く描かれる宝ものを 一つ一つ拾い集める中、 今回、手に致しますのは 【金嚢 き …

『お手すきの折にでも』いつまでも女らしさを大切にしたい人の言葉①

みなさま ご機嫌よう ゆみこです 今日もいらしてくださり ありがとう存じます。   言葉の習慣は、 日々の小さな積み重ね。 ですが、 あなたの未来を作るもの。 本日の言の葉は 「お手すきの折 …

初心者の古文書解読はどう勉強する?辞典・講座・アプリ紹介

再稿   みなさま ご機嫌よう いつも ありがとう存じます ゆみこです   古文書。 それは 時代をくぐり抜けるための どこでもドア 子供のころ誰もが一度は あこがれた ひみつ道具 …

『 ごめんください。』敬語よりも使える丁寧な言葉①

みなさま ご機嫌よう ゆみこです 今日も いらしてくださり ありがとう存じます   あなたは 「ごめんください」という言葉を 戸惑うことなく使いこなせていますか 気品のある美しい言葉は 口に …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

 

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

 

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

 

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

 

略 歴

 

 

千羽屋呉服店・長女

永田町のとある神社へ
本職の巫女として奉職

舞台着付
根津昌平氏師事(松竹衣裳)

和裁学苑
村林益子氏師事

和装ポージング&ウォーキング
田中レーヌ氏(パリコレモデル)師事

和文化講座
中嶋よしゑ氏(京都・芸妓)様

メンタルケア・スペシャリスト認定

きもの文化検定3級

小笠原流礼法・師範