言 の 葉

『御冠(おかんむり)』の意味・語源。かんたん解説

投稿日:2018-11-01 更新日:

 

みなさま ご機嫌よう。

 

機嫌の悪い人のことを
「あの人、おかんむりね。」などと言います。

その意味、それは?
何故こんな言葉が生まれたのでしょう?

本日は、
【御冠 おかんむり】のお話しです。

 

 冠とは

 

】は⇒ 頭に被るものの総称です。
そして
御冠】は ⇒冠を曲げること

冠は本来、
きちんと真っ直ぐに被るものなのに
その頭に被るものが曲がっている。
つまり、そっぽを向いている状態。

冠を曲げるとは・・
・ 機嫌を悪くする
・ 不満をもっている
・ 怒っている
の意。

その昔。
公家たちは立場上、不満があっても
意見せずに我慢しなければならず、

抗議反抗心を示す為に
冠をわざとずらして意を表わしたと言います。

おかんむり=不機嫌なこと

類義語】は
・ ご立腹 = 腹を立てる
 腹が立つ = 怒りが起こる
・ 頭にくる = 我慢ならぬ
・ ご機嫌斜め = 機嫌が悪い

【使い方】
 すっかり おかんむりだ
・ 珍しく おかんむりのようだ
・ 少なからず おかんむりだね
・ 大変な おかんむりです
 いささか おかんむりのようで

でも、冠を曲げるのに
なぜ曲げるを取ってを付けたのでしょう?

 

 曲げる・斜め

 

【曲げる】とは
・ 本来の形をゆがめること
・ 気を損ねること

へそを曲げる=体を別の方へ向ける
つむじを曲げる頭をよそに向ける

【斜め】とは
・ 傾いている
・ 人の気持ちなどが普通と違う事

〔例〕
・ 斜めに構える
・ しゃに構える
・ はすに構える

総じて
『皮肉な態度をとる』の意味ですね。

 

 御とは

 

御冠(おかんむり)の

敬意尊敬の意を表わしたり、
名詞の頭に付けて丁寧にする役割があります。

例えば『御の字』とは
・ 充分で
・ ありがたい
・ 結構な
・ 極上のもの

ということは
【御冠】とは・・

[御]の字を付けるほど有難い[冠]を
わざわざ曲げてまで抗議を表わす事

なのですね。

 


 

如何でしたか?

【御冠】は本来、男性が使っていた言の葉で
男性が使っても、いっこうに構わないし正しいものですが

それを女性が話し言葉の中で使うとき
『怒る』を直接的な言い方・表現ではなく

「少し おかんむり、みたいね?」

などと、険も立たずに柔らかな人柄と
奥ゆかしさまでも感じられてきます。

言葉は、
良くも悪くも一瞬で、あなたの印象を変えます。
ですから、
あなた自身を表わす手段のひとつでもあります。
心して選びたいものですね。

最後までお読みいただき
ありがとう存じます。

では本日は
この辺でおいとま致します

 

ご機嫌よう。

 

-言 の 葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【軍配】「宝尽くし」の意味⑨着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 宝尽くしに描かれる文様の中でも、 ひときわ勇ましいのが、 こちらの【軍配】文様です。 主に、男児の着物の絵柄として 目にしますが、そこには どういった意味が込められているのでし …

『夜さり方には お暇します』女らしさを大切にしたい人の言の葉⑧

  みなさま ご機嫌よう あなたは 【夜さり/よさり】 という言の葉を お遣いになったことはありますか ・・・。 いまの御代には 聞きなれぬ言葉ですものね けれど お遣いいただくなら こんな …

【分銅 ふんどう】「宝尽くし」の意味④着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 お着物を大切にされている あなたへ。 明日、 あなたの身にまとうお着物には 何が描かれていますか? もしかしたら そこには 福徳を招く物語が、たくさん隠れているのかも。 【宝尽 …

ありがとう。

ありがとう。   2018年4月に このブログは この言の葉から始まりました。   ありがとう。 この言葉の先に 誰の顔が見えますか そこに居るのは だれ? 右の手と 左の手と 指 …

「お供します」尊敬を伝える美しい言の葉

みなさま ご機嫌よう ゆみこです 今日もいらしてくださり ありがとう存じます。   あなたは子供のころ こんな風に思ったことはありませんか? 「そんな言い方をしてみたいなぁ」 「そういう言葉 …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

【 恩 師 】

山王日枝神社
宮西惟道 師

松竹衣裳
根津昌平 師

和裁学苑
村林益子 師

小笠原流礼法
吉澤菱久 師

煎茶道日泉流
小泉萌生 師

日本舞踊
花柳美貴龍 師

京都芸妓
中嶋よしゑ 師