言の葉

『御冠(おかんむり)』の意味・語源。かんたん解説

投稿日:2018-11-01 更新日:

 

みなさま ご機嫌よう。

 

機嫌の悪い人のことを
「あの人、おかんむりね。」などと言います。

その意味、それは?
何故こんな言葉が生まれたのでしょう?

本日は、
【御冠 おかんむり】のお話しです。

 

 冠とは

 

】は⇒ 頭に被るものの総称です。
そして
御冠】は ⇒冠を曲げること

冠は本来、
きちんと真っ直ぐに被るものなのに
その頭に被るものが曲がっている。
つまり、そっぽを向いている状態。

冠を曲げるとは・・
・ 機嫌を悪くする
・ 不満をもっている
・ 怒っている
の意。

その昔。
公家たちは立場上、不満があっても
意見せずに我慢しなければならず、

抗議反抗心を示す為に
冠をわざとずらして意を表わしたと言います。

おかんむり=不機嫌なこと

類義語】は
・ ご立腹 = 腹を立てる
 腹が立つ = 怒りが起こる
・ 頭にくる = 我慢ならぬ
・ ご機嫌斜め = 機嫌が悪い

【使い方】
 すっかり おかんむりだ
・ 珍しく おかんむりのようだ
・ 少なからず おかんむりだね
・ 大変な おかんむりです
 いささか おかんむりのようで

でも、冠を曲げるのに
なぜ曲げるを取ってを付けたのでしょう?

 

 曲げる・斜め

 

【曲げる】とは
・ 本来の形をゆがめること
・ 気を損ねること

へそを曲げる=体を別の方へ向ける
つむじを曲げる頭をよそに向ける

【斜め】とは
・ 傾いている
・ 人の気持ちなどが普通と違う事

〔例〕
・ 斜めに構える
・ しゃに構える
・ はすに構える

総じて
『皮肉な態度をとる』の意味ですね。

 

 御とは

 

御冠(おかんむり)の

敬意尊敬の意を表わしたり、
名詞の頭に付けて丁寧にする役割があります。

例えば『御の字』とは
・ 充分で
・ ありがたい
・ 結構な
・ 極上のもの

ということは
【御冠】とは・・

[御]の字を付けるほど有難い[冠]を
わざわざ曲げてまで抗議を表わす事

なのですね。

 


 

如何でしたか?

【御冠】は本来、男性が使っていた言の葉で
男性が使っても、いっこうに構わないし正しいものですが

それを女性が話し言葉の中で使うとき
『怒る』を直接的な言い方・表現ではなく

「少し おかんむり、みたいね?」

などと、険も立たずに柔らかな人柄と
奥ゆかしさまでも感じられてきます。

言葉は、
良くも悪くも一瞬で、あなたの印象を変えます。
ですから、
あなた自身を表わす手段のひとつでもあります。
心して選びたいものですね。

最後までお読みいただき
ありがとう存じます。

では本日は
この辺でおいとま致します

 

ご機嫌よう。

 

-言の葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「痛み入ります」敬語よりも使える丁寧な言葉⑥

  みなさま ご機嫌よう。   語彙力をあげたい あなたへ。 毎日の生活の中に、 たった一言だけ 新しいフレーズを加えてみましょ。 ちいさなポケットに 宝物を増やしていくように・・ …

「おこがましい」敬語よりも使える丁寧な言葉⑤

    みなさま ご機嫌よう。 宵の刻限にて 失礼いたします   水無月の頃になると 一部メディアで 通年の放映が続いている アイドルグループのお嬢さんたちの 総選挙の様 …

『恙無く(つつがなく)』語源と9つの類語。妖怪・恙は東北地方の川沿いに?

  みなさま ご機嫌よう。 本日も、 つつがなくお過ごしでしょうか。   ご存知の唱歌「ふるさと」にある 「恙なしや友がき」も、 そして「源氏物語」にある 「我が身に つつがある心 …

【隠れ笠・隠れ蓑】「宝尽くし」の意味⑦着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 礼装のお着物の絵柄にも色々なものがあり 宝尽くしは、その中のひとつです。 華やかな場にふさわしく、 帯やバッグなどの文様にも 宝尽くしが散らされていることは多いもの。 本日は、 …

愛される聞き上手になるために押さえたい、3つの事。

  シャイで 口下手な人。 それって、 とっても魅力的な個性。 それだけで充分、 人の心を引きつけるだけの 力を秘めています。 よく言われるのが 『話すのが苦手なら 聞き上手になればいい』  …