言 の 葉

「おこがましい」敬語よりも使える丁寧な言葉

投稿日:2018-06-21 更新日:

 

※これは2018年6月に、したためたものです。

 

みなさま ご機嫌よう。
宵の刻限にて 失礼いたします

水無月の頃になると
一部メディアで
通年の放映が続いている
アイドルグループのお嬢さんたちの
総選挙の様子

今年も
まだ幼い面立ちの愛らしい少女から
すっかり美しく成長された女性まで

たくさんの姿を 拝見しました。

その中の 一人のお嬢さんが
このイベントの後に
応援くださった方々に仰った言葉が

 「そんな、・・ おこがましい」

 

という ひと言。

たくさんの方々からの応援に
感謝をのべたあとで

ファンの方から頂いた
「もっと上を目指して」の声がけに
はにかみつつも 自然に返したのが

この
「そんな ・・おこがましい。」という言の葉でした。

正直、
その幼い顔に そぐわない
しっかりとした 大人な言葉選びに
驚き、 と同時に
その言い様が
あまりに 純粋無垢であった分

きっとこの方は、これまで御両親に
そして
周囲の方々に ずっと愛されて
大切に育まれた方に違いない
っと、
とても 深く 嬉しく
感じ入りました。

華やかな世界で 表舞台に立ち
その経験と 才能と個性を磨いて

常に 仲間との競争の中で
自分の位置を 勝ち取りながら

練習に努力を積み重ねてもなお

ひと握りの人間だけが
時代の求めに乗れるような
そんな厳しい場所で

相手を思い 相手の立場を想い
無垢な気持ちのままに
素直にいられる娘は
そう簡単には 見られない

だから
嬉しかったのかもしれません。

頑張り過ぎて 傷ついた果てに
痛覚にフタをしてしまい
上手く笑えなくなってしまう
言葉を
素直に選べなくなってしまう
そんな娘が 多く見られ

その度に 切なく感じていました

言葉は、不思議。

自分にも そして
それを聞く人にも
等しく 幸せを分けてくれます

「おこがましい」という言葉が

実は
大人たちが 状況に応じて
職場などで使う謙譲語で

・ 生意気を言うようですが
・ 図々しくて すみません
・ 僭越ですが
・ 差し出がましい様ですが

といった 意味があり

へりくだって 相手を立て
自分に向けて使うもので

相手に対して使えば 険が立つもの
一歩 間違えると
不愉快な思いをさせてしまうもの

等といった
そんな 小難しい決まり事は
どうでもよくて

人を見下さない
気遣いと 腰の低さと

自分をわきまえた
凛とした強さを たずさえて

控えめで 慎ましく
感謝の気持ちを忘れない

いつまでも

 

「おこがましい」

という

その言葉どおりの
優しい そんな貴女でいて欲しい

あなたの ひと言に
その声に
たくさんの愛を 背景を

感じました。

ありがとう。。

 

どうか
たくさんの方に愛を与えられる
美しい女性になって下さいね

 

見守っています。

 

-言 の 葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【打ち出の小槌】「宝尽くし」の意味⑧着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 お着物を大切にされている あなたへ。 あなたの身にまとうお着物には 何が描かれていますか? そこにある物語を読み解いて参ります。 本日は【宝尽くし】の意味を探す 八の巻 『打ち …

【隠れ笠・隠れ蓑】「宝尽くし」の意味⑦着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 礼装のお着物の絵柄にも色々なものがあり 宝尽くしは、その中のひとつです。 華やかな場にふさわしく、 帯やバッグなどの文様にも 宝尽くしが散らされていることは多いもの。 本日は、 …

『お手間を、おかけ致します。』敬語よりも使える丁寧な言の葉⑥

みまさま ご機嫌よう 些細なことでも 信じて寄りかかれる人の存在は かけがえの無いもの。 けれど、 世の中には 人を信じることの 得意な人と 苦手な人とがあるもので 思いやりの 深さや 恥じらいの 強 …

古典が苦手になる前に、子供のうちに出会いたい本

みなさま ご機嫌よう。 あなたは、日本の古典を読むことは お好きですか。 世の中には、こんな声があります。 「古典の現代語訳を読むなんて、 時間の無駄」 「受験のために、 興味のない古典を読むのは辛い …

【金嚢 きんのう・宝袋】「宝尽くし」の意味⑥着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 美しい晴れ着で迎える門出。 その人生儀礼に使われる吉祥文様に 『宝尽くし』が あります。 そこに良く描かれる宝ものを 一つ一つ拾い集める中、 今回、手に致しますのは 【金嚢 き …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

【 恩 師 】

山王日枝神社
宮西惟道 師

松竹衣裳
根津昌平 師

和裁学苑
村林益子 師

小笠原流礼法
吉澤菱久 師

煎茶道日泉流
小泉萌生 師

日本舞踊
花柳美貴龍 師

京都芸妓
中嶋よしゑ 師