言の葉

『お寂しいですね』女らしさを大切にしたい人の言の葉⑥

投稿日:2019-03-01 更新日:

みなさま ご機嫌よう。

いつもお越しいただき、
ありがとう存じます。

本日のお話しは、
お悔やみの席での一言です。

あなたなら
その折には、なんと仰いますか?

無論、
あらかじめ用意するものではないけれど

いざ目の前で親しい方が
哀しみにくれているときに

声が出ない・・
想いが伝えられない・のも
辛いものです。

わたくしも幾度か
そんな哀しみの場に立ち会い

いろいろな言の葉にも
出合いましたが

ようやく胸に
すとん・と落ちてくれたのが、
このお悔やみの言の葉

「お寂しいですね・・」
でした。

あなたは、
どのような言葉を遣われていますか。

そう。例えば

 「この度は・・」

ここまで言えたら、その後は
小声で

「・・お悔やみ申し上げます。」

っと、申し上げるのがやっと。
それでも充分です。

消え入りそうな声で、
聞き取れないくらいでも。

なかには男性のように
「この度は、ご愁傷さまです」と
ハッキリと仰るの方もおありですが

女性が口にするには
すこし冷たい音色に感じてしまうのは
私だけでしょうか。

もし、自分が
弔問の方に そう言われたら

きっと 心で受けとめられずに、
右から左へと
流してしまうことでしょう。

まるで紋切り型の呪文のように
深い意味をもたせない

そんな言の葉として
あえて使う
それなら頷けるのかな。。

日本語は、微妙な言い回しが得意だもの
その恩恵に預かっても良いのかもしれません。

ただ、
社会人として大人の対応をなさる為に
きちんと言葉を遣って、というのであれば

せめて
「この度は・・」
までを、しっかりと発音なさって

そのあと、囁くように
「・・ご愁傷さまです。」

っと、仰っていただけた方が
お悔やみの席であれ
心への当たり方も柔らかくて助かります。

気が動転していると
なかなか良い言の葉って出て来ないものですよね

そんな自分を責める必要もありませんけれど

もしも
哀しみごとの日にも

心の絆創膏として備える言の葉を
持っておくとしたら。

「お力落としなさいませんように。」

「どうぞ、ご無理なさいませんように。」

が、良いでしょうか。

そして
痛みに寄り添うように遣いたいなら

やはり

 「お寂しいですね・・」

と口にしたい、私です。

他に、先だって
こんな言の葉にも出会いました。

それは

「ゆっくり、元気だしてね。
・・待ってるよ。」

・・・。

あなたなら、
そのとき 何と仰いますか?

本日は、これでおいとま致します。

ご機嫌よう。

 

 

 

-言の葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

雛飾り【左近桜・右近橘】の置き方に困っているお母様へ。( 動画あり )

鳥居清長「子宝五節遊 – 雛遊」  Wikipedia   みなさま ご機嫌よう。 雛人形を飾る時期は、立春ごろ 2月4日頃からと言われています。 雛飾りの「左近桜 右近橘」は …

【分銅 ふんどう】「宝尽くし」の意味④着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 お着物を大切にされている あなたへ。 明日、 あなたの身にまとうお着物には 何が描かれていますか? もしかしたら そこには 福徳を招く物語が、たくさん隠れているのかも。 【宝尽 …

【如意宝珠】「宝尽くし」の意味①着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 初宮・七五三・十三参り ・入学式・成人式・結婚式。 そんな御祝いの席に 身につけていると喜ばれる文様。 それが【宝尽くし】 一つ一つの名前と意味が話せたら 楽しいですよね。 本 …

大野智・偶像と真実。

    『 人生はね、本当に一回しかないから。 良く思うもん、悩んだり辛かったりする時とかさ 「何くよくよしてるんだ」と もう一人の自分がいるわけですよ 「人生一回しかないんだよ楽 …

明日の朝は、時雨れます・・?

  みなさま ご機嫌よう。   蝉しぐれ・露しぐれ・雪しぐれ。 この言の葉 あなたは使ったことがありますか? 今朝、AM6:00前 ラジオから流れてきた声 「明日の朝は、時雨(しぐ …

いつも、いらして下さり
ありがとうございます

新しき御代の即位の儀を前に、
そわそわとしつつ
以前の式礼の映像から
学ばせて頂いております。

来る年月に光がありますように。

♡ ♡

呉服屋の娘として育ち
本職の巫女としても御奉仕。
多くの師にも恵まれて
茶道・書道・和装・礼法  etc…
募る想いを紡いで。

日々、何処かのページので
更新もしております。
宜しければ どうぞごゆるりと
お付き合い下さいませ。