言 の 葉

お悔やみの日の一言『お寂しいですね』女らしさを大切にしたい人の言の葉⑥

投稿日:2019-03-01 更新日:

 

みなさま ご機嫌よう。

いつもお越しいただき、
ありがとう存じます。

本日のお話しは、
お悔やみの席での一言です。

あなたなら
その折には、なんと仰いますか?

無論、
あらかじめ用意するものではないけれど

いざ目の前で親しい方が
哀しみにくれているときに

声が出ない・・
想いが伝えられない・のも
辛いものです。

わたくしも幾度か
そんな哀しみの場に立ち会い

いろいろな言の葉にも
出合いましたが

ようやく胸に
すとん・と落ちてくれたのが、
このお悔やみの言の葉

「お寂しいですね・・」
でした。

あなたは、
どのような言葉を遣われますか。

そう。例えば

 「この度は・・」

ここまで言えたら、その後は
小声で

「・・お悔やみ申し上げます。」

っと、申し上げるのがやっと
それでも充分です。

消え入りそうな声で
聞き取れないくらいでも。

なかには男性のように
「この度は、ご愁傷さまです」
ハッキリと仰るの方もおありですが…

女性が口にするには
すこし冷たい音色に感じてしまうのは
わたくし だけでしょうか。

もし、自分が
弔問の方に そう言われたら

きっと 心で受けとめられずに、
右から左へと
流してしまうことでしょう。

まるで紋切り型の呪文のように
深い意味をもたせない

そんな言の葉として
あえて使う
それなら頷けるのかな。。

日本語は、
微妙な言い回しが得意だもの
その恩恵に預かっても良いのかもしれません。

 

社会人として大人の対応をなさる為に
きちんと言葉を遣って、というのであれば

せめて
「この度は・・」

と、ここまでをシッカリと発音なさったら

そのあと、囁くように
「・・ご愁傷さまです。」

っと、仰っていただけた方が

お悔やみの席であれ
心への当たりが柔らかくて助かります

気が動転していると
なかなか
良い言の葉って出て来ないものですよね

そんな自分を
責める必要はありませんけれど

もしも
哀しみごとの日にも

心の絆創膏として備える言の葉を
持っておくとしたら。

「お力落としなさいませんように。」

「どうぞ、ご無理なさいませんように。」

が、良いでしょうか。

そして
痛みに寄り添うように遣いたいなら

やはり

 「お寂しいですね・・」

と、わたくしは口にしたいのです。

他に、先だって
こんな言の葉にも出会いました

それは

「ゆっくり、元気だしてね。
・・待ってるよ。」

 

あたたかい やさしい言の葉

・・・。

 

あなたなら、
そのとき 何と仰いますか?

 

本日は、これでおいとま致します。

ご機嫌よう。

 

 

-言 の 葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『頑張らなくていいよ、居てくれるだけで』真心を伝える美しい言の葉

  みなさま ご機嫌よう 本日 あなたへ お伝えしたい言の葉は、 こちら。 『がんばらなくていいよ、居てくれるだけで』   いま、頑張っている あなたへ 心をこめて。。 &nbsp …

『今しがた』いつまでも女らしさを大切にしたい人の言の葉④

  みなさま ご機嫌よう。 つい今しがた戻って参りました…と おっしゃる方もおありでしょうか。 お疲れ様です、 お帰りなさいませ。 今宵は・・    大和言葉の『今しが …

授かった子へ 初めての贈り物「命名・名付け」

[編集済] みなさま ご機嫌よう ゆみこです 今日も いらしてくださり ありがとう存じます   あなたは ご自身のお名前はお好きですか どなたにも その方の名付けには いろいろなドラマがある …

【宝鑰 ほうやく】「宝尽くし」の意味②着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 晴れの日にまとうお着物の絵柄に 良く見られる文様の「宝尽くし」 その美しい文様に込められた意味を 掘り下げたくて 本日は、弐の巻。 『宝鑰』の、お話しです。   目次 …

『お手間を、おかけ致します。』敬語よりも使える丁寧な言の葉⑥

みまさま ご機嫌よう 些細なことでも 信じて寄りかかれる人の存在は かけがえの無いもの。 けれど、 世の中には 人を信じることの 得意な人と 苦手な人とがあるもので 思いやりの 深さや 恥じらいの 強 …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

【 恩 師 】

山王日枝神社
宮西惟道 師

松竹衣裳
根津昌平 師

和裁学苑
村林益子 師

小笠原流礼法
吉澤菱久 師

煎茶道日泉流
小泉萌生 師

日本舞踊
花柳美貴龍 師

京都芸妓
中嶋よしゑ 師