言 の 葉

『恐れ入ります。』敬語よりも使える丁寧な言葉②

投稿日:2018-04-29 更新日:

 

みなさま ご機嫌よう。

これから敬語を身につけたい・と、
思っておられる貴方へ。

 

 初めの一歩は「恐れ入ります」から

 

もちろん 何ごとも
基本を押さえることは大切です。

そして世間には
多くの 敬語の教科書や
礼儀作法の指南書があります。

もしも あなたが
これから会社の面接のためになど
数ヶ月をかけて じっくりと学びたいと
お思いならば ぜひ
基本の
尊敬語・謙譲語・丁寧語を
整理されるのが良いでしょう。

けれど 何ごとも
まずは実践から。

とにかく
使ってみることが
習得の近道です。

そこで、お薦めしたい言の葉は
そう。
「 恐れ入ります。」 です。

では、何故 この言葉を
初めの一歩とするのでしょう?

それは この言葉が
とても 
色々なシーンで使えるからです。

例えば・・

今日、あなたは
大切な方のお宅に伺うことに
なったと致しましょう。

早々に、その方のお宅に到着し
玄関先でコートを預かって頂きました。
そこで ひと言。
「恐れ入ります。」

リビングで ご挨拶を終えると
紅茶とケーキを出して頂きました。
そこで ひと言。
「恐れ入ります。」

楽しい会話の中 思いがけず
先様から お誉めに預かりました。
そこで ひと言。
「恐れ入ります。」

おいとまの時、
美しいお花を頂きました。
しかし、
そのお花の名前が解りません。
そこで ひと言。
「恐れ入りますが…」

 

如何ですか?

色々な場面で
お使いになれる言葉だと
お分かりいただけたと存じます。

そして
大切なのは たくさんの場面で
使えることだけではなく

この言葉のニュアンスが
上品で
洗練された響きであること。

言の葉は、
そのまま その人を語る・・
ものです。

あなたの使う言葉は
直接、あなたを演出します。

 

 どのようなに見られたいですか?

 

言葉ひとつで
なりたい自分に近づくことが
可能です。

それは
憧れの人のしぐさを真似することに
似ていますね。

そんな風に感じたならば
敬語を覚えること
それは
とても楽しいことに思えてきませんか?

中には、
恵まれた環境にお育ちで

幼い頃から 自然と耳慣れていて
目上の方に対する敬語と
友人への 砕けた現代ことばとの
使い分け

サラリとこなされる、
そんな方も いらっしゃるでしょう。

けれど 多くの方は
成長の過程で
いろいろなタイミングで
敬語を学ぶものです。

きっと、一生懸命に学び
マニュアルを丸暗記しても

いざ使うときには 緊張したり
焦ったり 慌ててしまう。

ごく当然のこと。

間違えて、頬を染めたり
耳まで赤くなってしまったり。

かえって 愛くるしくて
私は、好きです。

どうぞ 目指す自分の姿に
物怖じせずに 近づきましょう。

言の葉は
自分を輝かせる アイテムの一つです。

 

 初めの一歩。

 

あなたを変えられるのは
あなたにしか出来ないもの

今日も、胸を張って

『恐れ入ります』
その
ひと言から

 

行ってらっしゃいませ。

 

-言 の 葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『恙無く(つつがなく)』語源と9つの類語。妖怪・恙は東北地方の川沿いに?

  みなさま ご機嫌よう。 本日も、 つつがなくお過ごしでしょうか。   ご存知の唱歌「ふるさと」にある 「恙なしや友がき」も、 そして「源氏物語」にある 「我が身に つつがある心 …

『お暇(いとま)致します』女らしさを大切にしたい人の言の葉⑤

– みなさま ご機嫌よう。 訪問先を失礼する時にあなたは何と仰いますか?「そろそろ、失礼いたします。」でしょうか。 むろん、それでも気持ちは伝わるものですが代わりに使うと場の雰囲気が和む言 …

愛される聞き上手になるために押さえたい、3つの事。

  皆さま ご機嫌よう。 よく お休みになれました? 優しい心根に いちばん必要なのは 心身の健康かな・ って思う 自分の心に 余裕がないと 誰の声にも 寄り添えないから よく言われるのが …

【隠れ笠・隠れ蓑】「宝尽くし」の意味⑦着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 礼装のお着物の絵柄にも色々なものがあり 宝尽くしは、その中のひとつです。 華やかな場にふさわしく、 帯やバッグなどの文様にも 宝尽くしが散らされていることは多いもの。 本日は、 …

『どう致しまして、こちらこそ・・』人柄を伝える美しい言の葉

みなさま ご機嫌よう あなたは この頃 誰かにお遣いになりましたか? 「どう致しまして」って。 そう。 ありがとう・・に対する謙遜の言葉。 美しい日本語のひとつ。 幼かったあの頃には、 もっと素直に …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

 

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

 

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

 

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

 

略 歴

 

 

千羽屋呉服店・長女

永田町のとある神社へ
本職の巫女として奉職

舞台着付
根津昌平氏師事(松竹衣裳)

和裁学苑
村林益子氏師事

和装ポージング&ウォーキング
田中レーヌ氏(パリコレモデル)師事

和文化講座
中嶋よしゑ氏(京都・芸妓)様

メンタルケア・スペシャリスト認定

きもの文化検定3級

小笠原流礼法・師範