言 の 葉

『お手すきの折にでも』いつまでも女らしさを大切にしたい人の言葉①

投稿日:2019-11-29 更新日:

みなさま ご機嫌よう

ゆみこです

今日もいらしてくださり
ありがとう存じます。

 

言葉の習慣は、
日々の小さな積み重ね。

ですが、
あなたの未来を作るもの。

本日の言の葉は

「お手すきの折にでも」

これは
何かを人さまに頼むときに

「お願いします」に添えて使う、言の葉。

「急ぎませんから、
時間のあるときに お願いしますね」
・・の意。

たとえば

目上の方に、本・資料・書類などをお渡しして

「お手すきの折に、

お目通し頂けますでしょうか。」
のように使います。

気心の知れたお友達や、ご近所さまへも

「お手すきの折に~して頂けます?」と
スマートに伝えられたら嬉しいですね。

また
お手紙の文末にも、使えますね。

「お手すきの折にでも、
また お返事いただけると幸いです。」

そういえば

以前、友人からのお手紙で

「お手すきの折にでも お返事してね。

私、首をキリンにして待ってるから」

・・と書いてありまして

そんなに首を長くして待っていてくれるなんて!
っと、笑いながら すぐ
お返事した事を覚えています。

また

「お手すき・・」に似た言い方に
「お暇な折にでも」がありますが、

これは
目上の方に失礼に当たりますので
気を付けましょう。

先方に
「暇だと思われているなんて・・」
などと、
嫌な思いを抱かせてしまってはいけません。

「お手すきの折にでも」は、

あくまで
相手の方のお時間を思いやって
お使いになるもの。

「急ぎませんから、
どうぞ
あなたのペースで ごゆるりと。」

そんな心持ちで使いたい言の葉です

時間って、本当に
人それぞれの、財産ですものね。

 

最後までお目通しくださり、有難う存じます。
宜しければ、こちらもどうぞ。

⇒⇒⇒『いらしてください』いつまでも女らしさを大切にしたい人の言葉②

 

では、本日は
この辺で おいとま致します。

ご機嫌よう

 

-言 の 葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お悔やみの日の一言『お寂しいですね』女らしさを大切にしたい人の言の葉⑥

  みなさま ご機嫌よう。 いつもお越しいただき、 ありがとう存じます。 本日のお話しは、 お悔やみの席での一言です。 あなたなら その折には、なんと仰いますか? 無論、 あらかじめ用意する …

【巻物・宝巻】「宝尽くし」文様の意味⑤着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 慶事に身にまとう着物や、帯、小物。 そこに良く使われる 『宝尽くし文様』の意味を解きたくて 本日は【巻物】のお話しです。 昨今では、身近に手にする機会のないものですが 今もなお …

教えて。「御多分に洩れず」と「博学多聞」

  みなさま ご機嫌よう。 本日も、お疲れ様です。 今宵は、 ビジネスシーンに使われる・・   目次1  『御多分に洩れず・・』の、お話し。2  その語意は。3  博学多聞  『御 …

古典が苦手になる前に、子供のうちに出会いたい本

みなさま ご機嫌よう。 あなたは、日本の古典を読むことは お好きですか。 世の中には、こんな声があります。 「古典の現代語訳を読むなんて、 時間の無駄」 「受験のために、 興味のない古典を読むのは辛い …

授かった子へ 初めての贈り物「命名・名付け」

[編集済] みなさま ご機嫌よう ゆみこです 今日も いらしてくださり ありがとう存じます   あなたは ご自身のお名前はお好きですか どなたにも その方の名付けには いろいろなドラマがある …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

[ 略 歴 ]

呉服店・長女
日枝神社・巫女奉職

松竹衣裳(株)和装着付
故・根津昌平氏師事

和裁学苑 ( 和裁 )
故・村林益子氏師事

和装仕草
パリコレモデル 田中レーヌ氏師事
京都芸妓 中嶋よしゑ氏師事
日本舞踊・花柳美貴龍氏師事

メンタルケア・スペシャリスト認定
きもの文化検定3級
小笠原流礼法・師範