言の葉

『お手すきの折にでも』いつまでも女らしさを大切にしたい人の言葉①

投稿日:2018-08-19 更新日:

 

みなさま ご機嫌よう。

言葉の習慣は、
日々の小さな積み重ね。

ですが、
あなたの未来を作るもの。

では本日の言の葉は、こちら。

「お手すきの折にでも」

これは
何かを人さまに頼むときに

「お願いします」に添えて使う、言の葉。

「急ぎませんから、
時間のあるときに お願いしますね」
・・の意。

たとえば

目上の方に、本・資料・書類などをお渡しして

「お手すきの折に、
お目通し頂けますでしょうか。」
のように使います。

気心の知れたお友達や、ご近所さまへも

「お手すきの折に~して頂けます?」と
スマートに伝えられたら嬉しいですね。

また
お手紙の文末にも、使えますね。

「お手すきの折にでも、
また お返事いただけると幸いです。」

そういえば
以前、友人からのお手紙で

「お手すきの折にでも お返事してね。
私、首をキリンにして待ってるから」
・・と書いてありまして

そんなに首を長くして待っていてくれるなんて!
っと、笑いながら すぐ
お返事した事を覚えています。

また

「お手すき・・」に似た言い方に
「お暇な折にでも」がありますが、

これは
目上の方に失礼に当たりますので
気を付けましょう。

先方に
「暇だと思われているなんて・・」
などと、
嫌な思いを抱かせてしまってはいけません。

「お手すきの折にでも」は、

あくまで
相手の方のお時間を思いやって
お使いになるもの。

「急ぎませんから、
どうぞ
あなたのペースで ごゆるりと。」

そんな心持ちで使いたい言の葉です

時間って、本当に
人それぞれの、財産ですものね。

最後までお目通しくださり、有難う存じます。
宜しければ、こちらもどうぞ。

⇒⇒⇒『いらしてください』いつまでも女らしさを大切にしたい人の言葉②

では、本日は
この辺で おいとま致します。

ご機嫌よう。

 

 

-言の葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『お寂しいですね』女らしさを大切にしたい人の言の葉⑥

みなさま ご機嫌よう。 いつもお越しいただき、 ありがとう存じます。 本日のお話しは、 お悔やみの席での一言です。 あなたなら その折には、なんと仰いますか? 無論、 あらかじめ用意するものではないけ …

『お暇(いとま)致します』女らしさを大切にしたい人の言の葉⑤

– みなさま ご機嫌よう。 訪問先を失礼する時にあなたは何と仰いますか?「そろそろ、失礼いたします。」でしょうか。 むろん、それでも気持ちは伝わるものですが代わりに使うと場の雰囲気が和む言 …

「おこがましい」敬語よりも使える丁寧な言葉⑤

    みなさま ご機嫌よう。 宵の刻限にて 失礼いたします   水無月の頃になると 一部メディアで 通年の放映が続いている アイドルグループのお嬢さんたちの 総選挙の様 …

五色って何いろ?「色」と「四季」との組み合わせで優しく覚える

みなさま ご機嫌よう。 あなたは 五色(ごしき)というと、 何を思い浮かべますか。 七夕の短冊? 鯉のぼりの吹き流し? 神社の真榊・鈴の緒? 上棟式の旗? 寺院の幔幕? 国技館の四房? あら。 五色素 …

上さま。

  かみさま・・って、何ですか? ためらいも無く 真っ直ぐに問うと 『 かみさま なんて、 わからなくてもいいよ。 ただ かみさまの カミという字を上って書いても、 かみさま・になるよね。 …