言 の 葉

『お手すきの折にでも』いつまでも女らしさを大切にしたい人の言葉①

投稿日:2018-08-19 更新日:

みなさま ご機嫌よう。

言葉の習慣は、
日々の小さな積み重ね。

ですが、
あなたの未来を作るもの。

では本日の言の葉は、こちら。

「お手すきの折にでも」

これは
何かを人さまに頼むときに

「お願いします」に添えて使う、言の葉。

「急ぎませんから、
時間のあるときに お願いしますね」
・・の意。

たとえば

目上の方に、本・資料・書類などをお渡しして

「お手すきの折に、
お目通し頂けますでしょうか。」
のように使います。

気心の知れたお友達や、ご近所さまへも

「お手すきの折に~して頂けます?」と
スマートに伝えられたら嬉しいですね。

また
お手紙の文末にも、使えますね。

「お手すきの折にでも、
また お返事いただけると幸いです。」

そういえば
以前、友人からのお手紙で

「お手すきの折にでも お返事してね。
私、首をキリンにして待ってるから」
・・と書いてありまして

そんなに首を長くして待っていてくれるなんて!
っと、笑いながら すぐ
お返事した事を覚えています。

また

「お手すき・・」に似た言い方に
「お暇な折にでも」がありますが、

これは
目上の方に失礼に当たりますので
気を付けましょう。

先方に
「暇だと思われているなんて・・」
などと、
嫌な思いを抱かせてしまってはいけません。

「お手すきの折にでも」は、

あくまで
相手の方のお時間を思いやって
お使いになるもの。

「急ぎませんから、
どうぞ
あなたのペースで ごゆるりと。」

そんな心持ちで使いたい言の葉です

時間って、本当に
人それぞれの、財産ですものね。

最後までお目通しくださり、有難う存じます。
宜しければ、こちらもどうぞ。

⇒⇒⇒『いらしてください』いつまでも女らしさを大切にしたい人の言葉②

では、本日は
この辺で おいとま致します。

ご機嫌よう。

 

 

-言 の 葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【隠れ笠・隠れ蓑】「宝尽くし」の意味⑦着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 礼装のお着物の絵柄にも色々なものがあり 宝尽くしは、その中のひとつです。 華やかな場にふさわしく、 帯やバッグなどの文様にも 宝尽くしが散らされていることは多いもの。 本日は、 …

『今しがた』いつまでも女らしさを大切にしたい人の言の葉④

  みなさま ご機嫌よう。 つい今しがた戻って参りました…と おっしゃる方もおありでしょうか。 お疲れ様です、 お帰りなさいませ。 今宵は・・    大和言葉の『今しが …

『お暇(いとま)致します』女らしさを大切にしたい人の言の葉⑤

– みなさま ご機嫌よう。 訪問先を失礼する時にあなたは何と仰いますか?「そろそろ、失礼いたします。」でしょうか。 むろん、それでも気持ちは伝わるものですが代わりに使うと場の雰囲気が和む言 …

【宝鑰 ほうやく】「宝尽くし」の意味②着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 晴れの日にまとうお着物の絵柄に 良く見られる文様の「宝尽くし」 その美しい文様に込められた意味を 掘り下げたくて 本日は、弐の巻。 『宝鑰』の、お話しです。   目次 …

【打ち出の小槌】「宝尽くし」の意味⑧着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 お着物を大切にされている あなたへ。 あなたの身にまとうお着物には 何が描かれていますか? そこにある物語を読み解いて参ります。 本日は【宝尽くし】の意味を探す 八の巻 『打ち …