言 の 葉

「お供します」尊敬を伝える美しい言の葉

投稿日:2020-02-08 更新日:

みなさま ご機嫌よう

ゆみこです

今日もいらしてくださり
ありがとう存じます。

 

あなたは子供のころ
こんな風に思ったことはありませんか?

「そんな言い方をしてみたいなぁ」
「そういう言葉を
大人になったら遣ってみたいな」

っと

私には
「憧れの おとな言葉 」が、たくさんありました

その一つに

「お供させていただきます」
も、あります

 

いつか勇気をだして
『お供させてください』と

そんな風に言える
すてきな人との御縁に恵まれる
ご一緒できる大人になりたくて。。

 

「御供(御伴)します」意味と使い方

「御供(御伴)します」とは
=目上の人などに、つき従っていくこと

尊敬語」の場合は
目上の人の行為を敬う意味があり

謙譲語」の場合には
目上の人に対する自分の行為をへりくだる意味があります

使い方

「ご一緒させて頂きます」=「お供させて頂きます」
×「私もご一緒します」

そして

お供した後の お返事は?

「本日(先日)は、ご相伴に預かりまして有難うございます」

です。

その他「御供」は「ごくう」とも読みます

意味は

・神仏や先祖や霊などに、食品や物品や金銭などを捧げること

・精神や想いを捧げること

・神前や仏前以外にも供え、そこに宿る神を崇拝すること

・奉納芸能、相撲、書道などを捧げること

※ 葬儀での香典袋にも「御供」と書く地域がありますね

 

敬語を遣いたくなる人

あなたにとって

敬語を遣いたくなる人
尊敬に値する人
あなたの目指す人

そんな憧れの人は、どんな方ですか

 

明るくて 機転が利いて
頭の回転がよく 親しみやすい人ですか

それとも

無口で思慮深く、ここ一番のときに
自分を語れる 芯のある人でしょうか

 

こんなことも言われますよね

人は
自分のレベルに見合った人にしか
出会えない

っと。

 

だから

追いつきたくて
その場所に行きたくて
努力して
学んで
たくさん失敗もして
それでも
あきらめずに前へ進んでみようと思う

 

私は今も
憧れ続けています

「お供させてくだい」と言える
あなたに出会えることを。

 

 

あなたは今日も

たくさんの方々にとっての
憧れの存在で

大切な存在でいてくれますか

 

最後までお付合い下さり
ありがとう存じます

本日はこの辺りで
お暇いたします

 

ご機嫌よう

 

 


ことのは (@cocoro_kotonoha) / Twitter

 

 

-言 の 葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『今しがた』いつまでも女らしさを大切にしたい人の言の葉④

  みなさま ご機嫌よう。 つい今しがた戻って参りました…と おっしゃる方もおありでしょうか。 お疲れ様です、 お帰りなさいませ。 今宵は・・    大和言葉の『今しが …

天命を待つ

みなさま ご機嫌よう あなたには いつの間にか身に染みて、 知らないうちに 心の片隅に 住み着いてしまっているような、 そんな言葉はありませんか。 私の好きな言の葉 それは、 目次1  人事を尽くして …

【梅】きもの模様の意味を知りたい。

  みなさま ご機嫌よう。 本日は 和装に見る【梅】の柄の意味 たくさんの雑学と一緒に きっと 梅模様が、愛おしくなる そんなお話しです。   目次1  意味と花言葉2  松竹梅3 …

【橘】の意味・吉祥文様を解く(動画あり)

  みなさま ご機嫌よう。 嫁ぐ日に袖を通したい衣裳。 絢爛豪華な色打掛に秘められた、 吉祥紋様。 その中に 常世の国に生えていたという、 日本にしか自生しない蜜柑 『橘』があります。 それ …

【宝鑰 ほうやく】「宝尽くし」の意味②着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 晴れの日にまとうお着物の絵柄に 良く見られる文様の「宝尽くし」 その美しい文様に込められた意味を 掘り下げたくて 本日は、弐の巻。 『宝鑰』の、お話しです。   目次 …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

【 恩 師 】

山王日枝神社
宮西惟道 師

松竹衣裳
根津昌平 師

和裁学苑
村林益子 師

小笠原流礼法
吉澤菱久 師

煎茶道日泉流
小泉萌生 師

日本舞踊
花柳美貴龍 師

京都芸妓
中嶋よしゑ 師