言 の 葉

『お使い立てして申し訳ありません』女らしさを大切にしたい人の言葉③

投稿日:2018-10-14 更新日:

みなさま ご機嫌よう
本日も、お疲れ様です。

あなたは、人に頼るのは上手ですか?

頼みごとを素直にできる方って
とても魅力的。

だって
それだけ相手を信じている。って
いうことですよね。

本日は・・

 お使い立てして、申し訳ありませんが。

を、使ってみませんか?
という、お話しです。

「こんなこと頼んだら申し訳ないな。
頑張れば自分でも何とかなるかな?」

なんて
思っているうちに言いそびれて
自分をイジメてはいませんか。

あなたは、
あなたが思うより ずっと愛されているはず。
おもんばかって言葉を選ぶ優しい人だもの。

使い立てして、申し訳ありませんが…

これと
同じような意味で使う言葉に

お手数を お掛けしますが」
「ご面倒を お掛けしますが」
「お手を わずらわせ致しますが」

等が、あります。

お仕事相手の方や、
ご近所の方や、目上の方へ。

私も、折々に使いますが

近頃では特に、面識のない方と
メールでやり取りするときに、
ご挨拶に続けて
この言葉を使うことが増えています

まずは
一歩引いて、相手を立てる。

そして
この言葉を受けて返ってくる言葉が
丁寧で心のこもったものだと
その後のお話しがグッとスムーズに
進むのもの。

お目にかかった時の
第一印象が大事なのと同じように
初めのひと言・・その
お返事には、お人柄がしのばれて

ホッと安心したり、
先の見通しが付いたりもします。

快く引き受けてもらえる為に
尊敬をもって頼んでみる。

きっと
次は、自分が頼られる人になりたい
という思いと共に。

この世は、持ちつ持たれつ。。
人は
助け合って生きてゆくもの

あなたも明日、
自分一人で難しいことがあったなら
すこし肩の力を抜いて

お使い立てして、申し訳ありませんが・・

この言の葉を、使ってみませんか?

本日も、お付き合いくださり
ありがとう存じます。

宜しければ、こちらもどうぞ。

⇒⇒⇒『今しがた』いつまでも女らしさを大切にしたい人の言の葉④

また、お目にかかれますように。
ご機嫌よう。

 

-言 の 葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『どう致しまして、こちらこそ・・』人柄を伝える美しい言の葉

みなさま ご機嫌よう あなたは この頃 誰かにお遣いになりましたか? 「どう致しまして」って。 そう。 ありがとう・・に対する謙遜の言葉。 美しい日本語のひとつ。 幼かったあの頃には、 もっと素直に …

【橘】の意味・吉祥文様を解く(動画あり)

  みなさま ご機嫌よう。 嫁ぐ日に袖を通したい衣裳。 絢爛豪華な色打掛に秘められた、 吉祥紋様。 その中に 常世の国に生えていたという、 日本にしか自生しない蜜柑 『橘』があります。 それ …

五色って何いろ?「色」と「四季」との組み合わせで優しく覚える

みなさま ご機嫌よう。 あなたは 五色(ごしき)というと、 何を思い浮かべますか。 七夕の短冊? 鯉のぼりの吹き流し? 神社の真榊・鈴の緒? 上棟式の旗? 寺院の幔幕? 国技館の四房? あら。 五色素 …

『お蔭さまで。』敬語よりも使える丁寧な言葉④

    みなさま ご機嫌よう。   本日の言の葉は、 日々の対人関係での不安を 和らげてくれる そんな言の葉。 『 お蔭さまで。』 どうぞ あなたも 御守り代わりに おひ …

【隠れ笠・隠れ蓑】「宝尽くし」の意味⑦着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 礼装のお着物の絵柄にも色々なものがあり 宝尽くしは、その中のひとつです。 華やかな場にふさわしく、 帯やバッグなどの文様にも 宝尽くしが散らされていることは多いもの。 本日は、 …