言 の 葉

『お使い立てして申し訳ありません』女らしさを大切にしたい人の言葉③

投稿日:2018-10-14 更新日:

みなさま ご機嫌よう

本日も、お疲れ様です
ゆみこです

 

あなたは
人に頼るのは上手ですか?

頼みごとを素直にできる方って
とても魅力的ですね

だって
それだけ相手を信じている
ということですもの

本日は
「こんなこと頼んだら申し訳ないな
頑張れば自分でも何とかなるかな?」

などと
人を おもんばかって言葉を選ぶ優しい
あなたへ

「お使い立てして 申し訳ありません」

を、使ってみませんか?
という お話しです

 

 どなたにも使えますか?

実は

「お使い立てして・・」の
【使い立て】とは
・人に頼んで用事をしてもらうこと
・使い者を立てること

ですので
目上の方へは、使いません

お使い立てして 申し訳ありません」
目下(後輩)に対して
何かをお願いするときに使います

目上の方に対して
何かをお願いするときには
お手を煩(わずら)わせて 申し訳ありません」
使います

ちなみに

「お手を煩わす・・」の
【煩わす】には
・面倒をかける
・手数をかけさせる

という意味があるのです

どうぞ
この2通りの使い方があることを
覚えておいてくださいね

 同じような意味の言葉は ありますか?

はい。

お手数を お掛けしますが
ご面倒を
 お掛けしますが

などが あります

私も、折々に使いますが

近頃では特に、面識のない方と
メールでやり取りするときに
ご挨拶に続けて
この言葉を使うことが増えています

あなたは 如何ですか

 

 言われる側の 心

「お使い立てして 申し訳ありません」

この言葉を受けて
そのお返事が
丁寧で 心のこもったものだと
その後のお話しが
グッと スムーズに進むのものです

お目にかかった時の
第一印象のように
初めのひと言は
その お人柄がしのばれるもの

ホッと 安心したり
先の見通しが ついたりもします

だから
自分が使うときも

快く引き受けてもらえるために
尊敬をもって頼んでみる

きっと
次は、自分が頼られる人になりたい
という思いと共に

この世は、持ちつ持たれつ。。
人は
助け合って生きてゆくものだから

 

あなたは
人を おもんばかって言葉を選ぶ
優しい人だもの
きっと
あなたが思うより ずっと愛されているはず

「こんなこと頼んだら申し訳ないな
頑張れば自分でも何とかなるかな?」

などと思わずに

もしも

自分一人で難しいことがあったなら
すこし肩の力を抜いて

お使い立てして、申し訳ありませんが・・

この言の葉を、使ってみませんか?

 

 

 

 

 

本日も、お付き合いくださり
ありがとう存じます

また、お目にかかれますように

ご機嫌よう

 


ことのは (@cocoro_kotonoha) / Twitter

 

 

 

-言 の 葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『恐れ入ります。』敬語よりも使える丁寧な言葉②

  みなさま ご機嫌よう。 これから敬語を身につけたい・と、 思っておられる貴方へ。   目次1  初めの一歩は「恐れ入ります」から2  どのようなに見られたいですか?3  初めの …

『行って参ります。』敬語よりも使える丁寧な言葉③

みなさま ご機嫌よう。 ゆみこです 今日もいらしてくださり ありがとう存じます。   本日は 『 行って参ります。』 のお話し。 丁寧なことばを 普段づかいにするには、 日々の言の葉を 小さ …

お悔やみの日の一言『お寂しいですね』女らしさを大切にしたい人の言の葉⑥

  みなさま ご機嫌よう。 いつもお越しいただき、 ありがとう存じます。 本日のお話しは、 お悔やみの席での一言です。 あなたなら その折には、なんと仰いますか? 無論、 あらかじめ用意する …

『お手間を、おかけ致します。』敬語よりも使える丁寧な言の葉⑥

みまさま ご機嫌よう 些細なことでも 信じて寄りかかれる人の存在は かけがえの無いもの。 けれど、 世の中には 人を信じることの 得意な人と 苦手な人とがあるもので 思いやりの 深さや 恥じらいの 強 …

天命を待つ

みなさま ご機嫌よう あなたには いつの間にか身に染みて、 知らないうちに 心の片隅に 住み着いてしまっているような、 そんな言葉はありませんか。 私の好きな言の葉 それは、 目次1  人事を尽くして …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

【 恩 師 】

山王日枝神社
宮西惟道 師

松竹衣裳
根津昌平 師

和裁学苑
村林益子 師

小笠原流礼法
吉澤菱久 師

煎茶道日泉流
小泉萌生 師

日本舞踊
花柳美貴龍 師

京都芸妓
中嶋よしゑ 師