言の葉

60代以上の方には失礼?「お疲れ様」の使い方。

投稿日:2018-08-31 更新日:

 

 

 

みまさま ご機嫌よう。

あらまぁ大変。

私、またひとつ
日本語の勘違いをしていました。

本日のお話しは、こちら

 「大儀であった」→「ご苦労様」→「お疲れ様」

 

では、
この言葉の推移をみることに
致しましょ。

今では時代劇でしか聞かれない言葉?に、
江戸期の
「大儀であった。」が、あります。

私には、立派でふくよかな御武家さまの
どっしりとした面差しが思い浮かべられますが、

あなたは?

でも、この言葉は束の間で
明治に入る頃には
その武士階級の衰退とともに力を失い、
代わって現れたのが
「ご苦労様。」という言葉です。

自分へ利益をもたらしてくれた者や、
奉仕してくれた者に対して
上の者が、下の者へ労をねぎらうように使われた
思いやりのある美しい言の葉。

この頃はまだ
言葉の意味するところや、使い方に
「大儀である」も「ご苦労さま」も
変わりはないのですね。

ということは「お疲れ様」という言の葉の
生い立ちは・・?

 

 平和な時代に生まれた「お疲れ様」

 

「お疲れ様。」

それは人々の中に上も下もなく
平等な暮らしが唄われはじめる
そんな頃に生まれた言の葉。

「お疲れ様」が使われ始めたのは、
ずいぶんと最近のことなのですね。

無論、この言葉も
ねぎらいの意味をもっています。
ただ 時代は進むもの。

昨今の社員研修や、秘書検定では
「ご苦労様。」は、 目上→目下。
「お疲れ様。」は、 目下→目上。
と、説かれます。

また
スマホ世代とされる若者の間では

メールで本題に入る前の
クッション言葉として
色々な場面で使える便利な言葉、
という意識もあり

上下の利害関係よりも
広く相手の労をねぎらう言葉として
無意識に使う日常あいさつのよう。

そこで、生まれてしまうもの・・

 

 ジェネレーションギャップ!?

 

人生の先輩方からの、
こんな声を聞いたことはありませんか?

「若者に、帰り際に
『お疲れ様です。』と言われると
カチン!とくる。」

どうでしょう。
60代を超えられた世代の方々?
には、今でも

『伝統的な日本の価値観のもとで
目下の者が、目上の者に
「お疲れ様」などと

ねぎらいの言葉をかけること自体が
失敬である。

と、お考えになる方もおられます。

恥ずかしながら、私も
その失礼な一人でした。

すみません。
初めに気付いたときは、
ほんとうに、蒼ざめました。

また、こんな事も、ありました。
かれこれ時間も経っておりますが
ご存知でしょうか。

ある著名なタレントさんが、ご自分の番組で仰った言葉。

「子供が、誰彼かまわず『お疲れ様です』と言って回るのは
おかしい。 (中略)『お疲れ様』というのは元来、
目上の者が目下の者にいう言葉。これを解っていないんですね。」

これが
当時、一部で論じられました。

言葉の由来を考えると、
これは
筋の通った見識・と思われます。
けれど、この著名な方のご発言に
多くの方が驚いたり気付かされたりしたのも事実で
私自身も、痛く反省しつつ
改めて勉強させて頂きました。

ただ。
子供たちって多分に、子役さんかしら。
大人たちの指導を素直に聞き、
きっと一生懸命に、ご挨拶しているのでしょう。

指導した側に悪意はなく
きっと、皆さんに失礼のないよう
可愛がって頂けるようにと、
考えたゆえの言の葉。

これを
ジェネレーションギャップ
と言ったら、叱られてしまうかしら

ごめんなさい、
タモリさん。

ほんとうに
日本語って、難しいですね。

 

 これから、どうしましょ。。?

 

困ってしまわないように
おさらいしますね。

 

「お疲れ様」は、
江戸時代の武士階級で
主君が下に仕える者へ遣った
ねぎらいの言葉
「大儀であった。」に端を発して、
明治には
世の力関係の変化・時代の
流れの中で
ねぎらいの意味は変わらぬまま
言の葉だけが、「ご苦労さま。」
に代わる。
さらに時代が下がる
今までの・上の者が下の者へという
意味合いは薄れ、
「お疲れ様。」と言う言葉が現れ
「ご苦労さま。」との
使い分けが新たな流れとなる。
使い方としては、
目上→目下「ご苦労様。」
目下→目上「お疲れ様です。」
になる。
しかし、時代の流れは今
上下に対する利害関係を薄めて
幅広く、
ねぎらいの意挨拶の意とを
合わせ持たせて
遣われるようになって来た。

 

さて
これから、どういたしましょ?

空気を読みましょうか
それとも、我が道を行きましょうか

正解は『先様を不快にさせない。』
ただ、それだけ。

時に ちぐはぐで、
叱られることがあったとしても

心が 言葉の前に出るよう
大切な人を大切にしたくて使うなら
真意は伝わします。

大丈夫。
がんばって。

私も、出来るならば
そそうは、したくない。
恥ずかしいもの。

なので、
まずは ゆっくりと落ち着いて
自分を楽しむ時間をもちましょう。

 

本日も、お読みいただき
ありがとう存じます。

 

ご機嫌よう。

 

-言の葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『今しがた』いつまでも女らしさを大切にしたい人の言の葉④

  みなさま ご機嫌よう。 つい今しがた戻って参りました…と おっしゃる方もおありでしょうか。 お疲れ様です、 お帰りなさいませ。 今宵は・・    大和言葉の『今しが …

『御冠(おかんむり)』の意味・語源。かんたん解説

  みなさま ご機嫌よう。   機嫌の悪い人のことを 「あの人、おかんむりね。」などと言います。 その意味、それは? 何故こんな言葉が生まれたのでしょう? 本日は、 【御冠 おかん …

【打ち出の小槌】「宝尽くし」の意味⑧着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 お着物を大切にされている あなたへ。 あなたの身にまとうお着物には 何が描かれていますか? そこにある物語を読み解いて参ります。 本日は【宝尽くし】の意味を探す 八の巻 『打ち …

教えて。「御多分に洩れず」と「博学多聞」

  みなさま ご機嫌よう。 本日も、お疲れ様です。 今宵は、 ビジネスシーンに使われる・・   目次1  『御多分に洩れず・・』の、お話し。2  その語意は。3  博学多聞  『御 …

【宝鑰 ほうやく】「宝尽くし」の意味②着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 晴れの日にまとうお着物の絵柄に 良く見られる文様の「宝尽くし」 その美しい文様に込められた意味を 掘り下げたくて 本日は、弐の巻。 『宝鑰』の、お話しです。   目次 …