小物 言の葉

忘れられぬ贅沢な一席・柳家さん喬「たちきり」

投稿日:2018-07-02 更新日:

 

みなさま ご機嫌よう。

 

殿方のお遊びを、
おつに花柳界で・・とあらば
今は、一時間単位の計算なのだそう

 

それをもし
落語の「たちきり」の時代の
花柳界に 置換えるとする

と、
線香一本に火を付けてから、
その線香が たちきれる迄

それが 一単位だったのだそう。

その
線香一本が 高いわけで・・

 

本日は 落語の名作

 柳家さん喬さんの「たちきり」

 

 

花柳界に入れ上げた放蕩息子の
若旦那の身に起きたある出来事と

何も知らされぬままだった
芸者・小糸の
哀しすぎる恋の顛末を綴ったお話し

 


『これが落語?』

それが
初めて聞いた私の、正直な感想。

 

落語、って
笑うものだと思っていた あの頃

 

痛かった。
これが、噺家の演者の凄み?

 

身体の芯の所を 突いてくる
初めて知る その感覚に

虚を突かれる。

 

元々、落語は
男性に聞かせるために作られ
磨かれた技術だといいます

女性には不愉快な
そんな演目も

 

本物は、 時代を読み 場を読み
胸に 
すとん っと、落としてくれる

 

のある語りで
心の機微
情緒たっぷりに聴かせる 妙技

 

同じ時代にいられることが
嬉しくなる
そんな 御一人です。

 

落語を知らないという方に
寄席に行ったことが無いという方に

ぜひ
お薦めしたい作品が

「たちきり」

 

遊びがすぎた 若旦那
好いた娘に

店の金を使い込む

蔵に閉じ込められた100日間

何も知らぬ 芸者の小糸
待って待ってまちわびて

・・・

若旦那

ようやく 解かれた蔵住まい

・・・


置屋を訪れ

 

まさか・・・

 

どこからか流れる
小糸の 三味の音・・

 

・・・。

 

 柳家さん喬の、おはなし。

 

まるで
濃密で伸びやかな 唄曲のよう

是非一度

あなたにも
体感して頂きたいのです

 

今宵も
染みる お噺を

 

ご機嫌よう。

 

 

柳家さん喬

芸歴・受賞歴

1967年  3月 5代目柳家小さんに入門。前座名は「小稲」
1972年11月 二つ目に昇進し、「さん喬」と改名
1981年  3月 真打昇進
1984年 国立演芸場・金賞
1986年 選抜若手芸人大賞・真打部門 大賞受賞
1987年 文化庁芸術祭賞・受賞
1994年 浅草芸能大賞 新人賞・受賞
2001年 落語協会理事付役員・就任
2006年 落語協会常任理事・就任
2013年 芸術選奨 文部科学大臣賞・大衆芸能部門 受賞
2014年 国際交流基金賞・受賞。 浅草芸能大賞・奨励賞受賞。
2017年 紫綬褒章・受賞

趣味・特技

日本舞踊 藤間流名取
創作料理
映画鑑賞
剣道
スキー

 

 

 

-小物, 言の葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『恙無く(つつがなく)』語源と9つの類語。妖怪・恙は東北地方の川沿いに?

  みなさま ご機嫌よう。 本日も、 つつがなくお過ごしでしょうか。   ご存知の唱歌「ふるさと」にある 「恙なしや友がき」も、 そして「源氏物語」にある 「我が身に つつがある心 …

【分銅 ふんどう】「宝尽くし」の意味④着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 お着物を大切にされている あなたへ。 明日、 あなたの身にまとうお着物には 何が描かれていますか? もしかしたら そこには 福徳を招く物語が、たくさん隠れているのかも。 【宝尽 …

「痛み入ります」敬語よりも使える丁寧な言葉⑥

  みなさま ご機嫌よう。   語彙力をあげたい あなたへ。 毎日の生活の中に、 たった一言だけ 新しいフレーズを加えてみましょ。 ちいさなポケットに 宝物を増やしていくように・・ …

宴会に和装・裾を乱さず【座布団へ】座るコツと【お座敷座椅子】

    みなさま ご機嫌よう。 宴の席。 会食・旅行・法事の席。 お着物でお出掛けして、 いざ座布団へ座ろうとすると、いつも裾が開いてしまう。 そんな、あなたへ。 和装ならではの …

「恐れ入ります。」敬語より使える丁寧な言葉②

  みなさま ご機嫌よう。 これから敬語を身につけたい・と、 思っておられる貴方へ。   目次1  初めの一歩は「恐れ入ります」から2  どのようなに見られたいですか?3  初めの …

PREV
月暦
NEXT
上さま。