言 の 葉

『お戯れを』いつまでも女らしさを大切にしたい人の言の葉⑦

投稿日:2019-06-14 更新日:

みなさま ご機嫌よう

ゆみこです

今日もいらしてくださり
ありがとう存じます。

 

あなたは会話中のお返事に
困ってしまわれた事はありますか。

お話し相手に
悪意のない事は分かっていても

すこし困った冗談や
気になる一言はあるものです。

そんな折に使う言葉の一つに
『ご冗談を』が、ありますが

そのような時
あなたなら、どうなさいますか。

真に受けてしまっても
失礼なのかもしれませんが、

優しい方は
そのまま我慢してしまいがち。

けれど、
そんな風に自分を傷つけていては
いつか疲れてしまうから。

本日の言の葉は

【お戯(たわむ)れを】
または
【まぁ、お戯言(たわごと)を】

そう言って
場を和ませてしまいましょ。

ね。この言の葉を一つ
胸に忍ばせて

どうか あなたの
御守り代わりになりますように。

 

 戯れる・とは。

【戯れる】の読みには

・たわむれる
・あざれる
・じゃれる
・ざれる

が、あります。

古語の【戯る(さる)】が転じたもので、
気が利く・機転が利くの意味もあり

平安時代から
「気が利いた」の語源の
戯れ(され)・晒れ(され)】は
=洒落
=機転が利き気く
=垢抜けしてお洒落をする

戯れる(ざれる)】は
=趣がある
=風流である

ここらから
動詞「しゃれる」が生まれ、
洒落(しゃれ)になったと考えられます。

そして、
戯言(たわごと・ざれごと)】は
=ふざけた・滑稽な

【戯れ句(ざれ
)】は
=滑稽な句・狂句

戯る(たはぶる)】は
=子供のように無心に遊びに興ずること

【戯ける(たわける)・戯れ】は
・たしなめ
・牽制
・媚びる
・淫らな言動

といった用いられ方もします。

 

 あなたのお役目は

楽しいお仲間内でも
何故か いつもいじられてしまう
そんな愛すべき存在はあるもの。

私は尊敬の意味を込めて
(あの方がいつも、いじられキャラなのね)
と、心の中でつぶやく。

いじられるのは、
からかわれるのとは違って
周囲にいつも明るい笑顔と
輪ができるもの

とりわけ、性格が素直で
可愛い存在の方ほど
そのお役目を担うものだから。

けれど、やっぱり
いじられる(からかわれる?)と
ビックリしてしまいますよね。

そんな時には、
さらりと微笑んで仰ってみて下さい。
『お戯れを・・』っと。

もし、お腹立ちならば少し手痛く

『まぁ。そんな戯言(たわごと)を

仰ったらいけません』

と、返しても良いでしょう。

きっと、ドキッとなさいますよ。
そんな品のよい返しがくるなんて
思ってらっしゃらなくて。

ちょっと悪かったかな、って
もしかしたら思われるかも。

あなたは
一歩前に出るのが得意な方?
それとも
一歩引いた位置が心地よい方?
そのどちらでもなく
全体を見て動くのが得意な方?

時に、
人とのコミュニケーションは
怖いと感じることもの多いですが

遠慮節度が保たれれば
人とのふれあいは、生き甲斐になります。

あなたが あなたらしく
笑顔でいられるのが一番ですから
無理はせずに。

 

では
また、お目にかかれますように

ご機嫌よう

 


ことのは (@cocoro_kotonoha) / Twitter

 

 

-言 の 葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

怖がりさんでも、面白く読める 古典。ライトな【雨月物語】

みなさま ご機嫌よう ゆみこです 今日もいらしてくださり ありがとう存じます。   ライトノベルに見られる 文章表現の軽妙さで 古典の原文の 美しさを量るのは 難しいもの。 だから ここで紹 …

五色って何いろ?「色」と「四季」との組み合わせで優しく覚える

みなさま ご機嫌よう。 あなたは 五色(ごしき)というと、 何を思い浮かべますか。 七夕の短冊? 鯉のぼりの吹き流し? 神社の真榊・鈴の緒? 上棟式の旗? 寺院の幔幕? 国技館の四房? あら。 五色素 …

【竹取物語】の謎③ 不死山「帝と姫の別れの物語」

  みまさま ご機嫌よう   川端康成・訳で読む 【竹取物語】の謎 三夜目。 この物語の結びは かぐや姫と帝の2人が互いに宛てた こんな唄からはじまります   かぐや姫は …

「おはよう」の意味と由来・この言葉を24時間使いますか?

  みなさま ご機嫌よう そして おはようございます ゆみこです   夕べは ゆっくりと お休みになりましたか あなたの とっておきの 「おはよう」の風景はどんなですか 本日は 「 …

柳家さん喬「たちきり」落語を知らなかった私を変えた忘れられぬ一席

  みなさま ご機嫌よう ゆみこです 今日もいらしてくださり ありがとう存じます。   落語好きの方に あなたは、どんな作品がお好きなの? と訊かれれば わたくしは必ず お答えして …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

【 恩 師 】

山王日枝神社
宮西惟道 師

松竹衣裳
根津昌平 師

和裁学苑
村林益子 師

小笠原流礼法
吉澤菱久 師

煎茶道日泉流
小泉萌生 師

日本舞踊
花柳美貴龍 師

京都芸妓
中嶋よしゑ 師