言 の 葉

敬語よりも使える丁寧な言葉①~⑥【まとめ】

投稿日:2019-11-24 更新日:

 

みなさま ご機嫌よう

これまで

いくども言葉について
語っているもので

私自身が
話し上手?
っと、思われがちなのですが

いいえ、

どちらかと言えば
不得手です。

 

けれど

日本の言葉は、柔らかで
あたたかで、奥深くて好き

そして

上手く使えば
和をもって 心を溶かすもの

だから

伝えたいのです。

 

本日は
これまでに書き留めた

6つの
『敬語よりも使える丁寧な言葉』についてを

【まとめ】てみました

 

あなたの今に
添うものがあると 嬉しいのですが

どうぞ ご覧ください。

 

 

 ごめんください。

内容は、こちらです

・語源
・訪問のとき
・お電話、お手紙でも
・道すがら

⇒⇒⇒『ごめんください。』
敬語よりも使える丁寧な言葉①

 

 恐れ入ります。

こちらの内容は

・初めの一歩は「恐れ入ります」から
・どのように見られたいですか?
・初めの一歩

⇒⇒⇒『恐れ入ります。』
敬語よりも使える丁寧な言葉②

 行って参ります。

・行って参ります

⇒⇒⇒『行って参ります。』
敬語よりも使える丁寧な言葉③

 

 痛み入ります。

・痛み入ります

⇒⇒⇒『痛み入ります。』
敬語よりも使える丁寧な言葉④

 

 お福分け・お裾分け

それぞれに、語っております。

・お福分け(おふくわけ)
・お裾分け(おすそわけ)
歌は世に連れ 世は歌に連れ
お福分け鶴の「折り方動画」

⇒⇒⇒「お福分け・お裾分け」
敬語よりも使える丁寧な言葉⑤お福分鶴の動画

 

 お手間を、おかけ致します。

・お手間を、おかけ致します

⇒⇒⇒『お手間を、おかけ致します。』
敬語よりも使える丁寧な言の葉⑥

 

 

何処かに

あなたの目に叶う
言の葉があるでしょうか

お役立ていただければ

幸いです

 

 

ご機嫌よう

 

-言 の 葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初心者の古文書解読はどう勉強する?辞典・講座・アプリ紹介

再稿   みなさま ご機嫌よう いつも ありがとう存じます ゆみこです   古文書。 それは 時代をくぐり抜けるための どこでもドア 子供のころ誰もが一度は あこがれた ひみつ道具 …

「~してくださる?」女らしさを大切にしたい人の言の葉⑨

ご機嫌よう ゆみこです ご覧いただき ありがとう存じます あなたは いつも どなたかに 頼みごとをなさるとき どのような言葉を お使いになっていますか? 「~してくださる?」は 何かをお願いするときに …

『お暇(いとま)致します』女らしさを大切にしたい人の言の葉⑤

– みなさま ご機嫌よう。 訪問先を失礼する時にあなたは何と仰いますか?「そろそろ、失礼いたします。」でしょうか。 むろん、それでも気持ちは伝わるものですが代わりに使うと場の雰囲気が和む言 …

「すみません」が口癖のあなたへ。 直すために 魔法の言葉を。

みなさま ご機嫌よう 今日もお見えくださり ありがとう存じます ゆみこです   人と人との 距離の保ちかたが なかなか難しい時世ですが いかがお過ごしでしょうか あなたも どうぞ お健やかで …

「お福分け・お裾分け」敬語よりも使える丁寧な言葉⑤お福分鶴の動画

  みなさま ご機嫌よう。 最近、 気になっている事があるのです。 それは 【お福分け】と【お裾分け】の 使い分け・・? 【お福分け】は素敵な言い回しで 私も、好きな言の葉です。 けれど、い …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

【 恩 師 】

山王日枝神社
宮西惟道 師

松竹衣裳
根津昌平 師

和裁学苑
村林益子 師

小笠原流礼法
吉澤菱久 師

煎茶道日泉流
小泉萌生 師

日本舞踊
花柳美貴龍 師

京都芸妓
中嶋よしゑ 師