言 の 葉

天命を待つ

投稿日:2018-05-31 更新日:

みなさま ご機嫌よう

あなたには

いつの間にか身に染みて、
知らないうちに

心の片隅に
住み着いてしまっているような、
そんな言葉はありませんか。

私の好きな言の葉
それは、

 人事を尽くして天命を待つ

不器用なもので 何につけ
人様の何倍も 時間をかけないと
いけないもの・ と
思っています

いつも 気が付くと
ひとり言で
「がんばれっ。」 と、つぶやく

街中を 歩いているときにも
唐突に 声にしていて
ほんとうに 慌ててしまう

そんな事が 度々あって

もう ほんとうに
対処不能な人なのです(苦笑)

でも

充分に 人事を尽くしたら
あとは
心穏やかに 天命に委ねます。

 

 私の生まれてきた意味を
みつけるために

どこに居ても
今は そうなのかもしれませんが、

東京に暮らしていると
もう
どこにいてもカメラがまわっていて
そう。
日常が ふつうに映し出されている
という覚悟をして動かなければならず

まるで
映画のワンシーンのように
現実に 街の至るところに
カメラが 在るもので

著名人でもないのに
群衆の中に埋もれても
誰にも 気にもされない自分でさえ

いざとなったら
映像を 切りとられる世界に
いま 暮らしている不思議

怖い・ようで
けれどそれを 逆手にとって
自分を律して

この時代に
無自覚に動いてはならない・自覚
という
逆の解釈? をして

いま、私は私を
笑って 受け入れてみる

 

 あなたは今
何に向かって頑張っていますか。

他人様に
むやみに 頑張って・ なんて

そんな 無責任なこと言えません。

でも、

今日も
偶然、ここに気付いて下さった あなたに
そして
いつも来て下さる あなたに

心からの感謝をこめて 言います。

どうぞ
明日のあなたが
幸せでありますように。。

 

-言 の 葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ありがとう。

ありがとう。   2018年4月に このブログは この言の葉から始まりました。   ありがとう。 この言葉の先に 誰の顔が見えますか そこに居るのは だれ? 右の手と 左の手と 指 …

お悔やみの日の一言『お寂しいですね』女らしさを大切にしたい人の言の葉⑥

  みなさま ご機嫌よう。 いつもお越しいただき、 ありがとう存じます。 本日のお話しは、 お悔やみの席での一言です。 あなたなら その折には、なんと仰いますか? 無論、 あらかじめ用意する …

【竹取物語】の謎と作者の意図 ① 5人の求婚者たち

  みなさま ご機嫌よう ゆみこです 今日も いらしてくださり ありがとう存じます     『 今は昔、竹取の翁というものありけり。 野山にまじりて竹を取りつつよろづのこ …

『お手間を、おかけ致します。』敬語よりも使える丁寧な言の葉⑥

みまさま ご機嫌よう 些細なことでも 信じて寄りかかれる人の存在は かけがえの無いもの。 けれど、 世の中には 人を信じることの 得意な人と 苦手な人とがあるもので 思いやりの 深さや 恥じらいの 強 …

【分銅 ふんどう】「宝尽くし」の意味④着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 お着物を大切にされている あなたへ。 明日、 あなたの身にまとうお着物には 何が描かれていますか? もしかしたら そこには 福徳を招く物語が、たくさん隠れているのかも。 【宝尽 …