言の葉

月暦

投稿日:2018-06-28 更新日:

 

みなさま ご機嫌よう。

 

女性は あまり熱心に
月を見上げては ならない。
それは
感情を 揺さぶられ過ぎるから。

いつか そんな風に聞きました

ただ、私は
月を見上げるのが好き。

いつも
月の形「月齢」を基準にして
日々の予定を考えているもので

そばに居てくれないと困る
解らないと困る・・

それが お月様。

 

 「月 暦」のお話し。

 

月が膨らむ時期には
何でも ため込んでしまうから
食べ過ぎないように。
とか

月が欠けていく時期には
髪を切るといいよ、伸びにくいから
とか。

そんな お話しを聞いたことが
おありでしょうか。

そんなの迷信?

そう仰る方がおられるのも

それはそれ
無理強いは致しませんもの

ただ

お仕事の
契約なら 膨らむ時期に。

解約ならば 欠ける時期に。

これを意識して行うと
上手くお話しがまとまるし

後々、変にこじれなかったり

何事もお断りは
勇気がいるけれど

何故か 月の欠ける時期を守って
お願いすると

先方さまも
快く 承諾して下さるので
助けられたことは 幾たびか。

そう。

きっと
月の満ち欠けに お詳しい方なら
多分 当たり前のことばかり。

なので
私にとっての「月暦」は お守り。

室内には 必ず
月暦のカレンダーが無いと
困りますし

月の満ち欠けのわかる手帖は
必須なものです。

月齢カレンダーVol.2(moon-yellow)
by カエレバ

 

 上弦のころ。

 

闇夜に 月が生まれて
徐々に ふくらんでゆく期間
(新月→上弦→満月)

この時には
新しいことを始めるものです

新しい目標をたて 挑戦する時期

ただ
血気盛んな頃なので
出血もしやすいのです

怪我に注意して、できれば

抜歯の予約や 手術の予定は
この時期は 避けましょう。

特に、満月は いけません。

欧州のお医者様の中には
絶対に 満月の日には
手術の予定は入れない。 

と、仰って
月の満ち欠けによる
血のめぐりを重んじ
満月に手術はしない

そんな お話しもございます。

私は 家族の手術の予定は
これを考慮して いつも
お医者さまと お話しいたします。

無論
緊急ならば それは仕方のないこと

そうでなくて
余裕のある方ならば
危険は回避したいものです

スポーツ選手なども

この満月の怪我は 長引くので
持病を押すことなく

無茶せずに
出来るのであらば
どうぞ お身体をおいといください

用心するに超したことはありません

 

そして

 下弦のころ。

 

まん丸の お月さまが
徐々に欠けてゆき
細く消えてゆく期間には

反省・整理・処分

これに重きを置いて計画をたてます

要らない契約の解除は
この時期です

優しい人ほど 困ってしまう
不要な出費の 解約のお電話など

この時期に
勇気を出してみて下さい
上手く話しを聞いていただけます

肌のお手入れは
入れるよりも
取る方に 力を入れましょ。

食いしん坊さんの外食も
この時期は 罪悪感も少なめ
羽目を外さぬ程度に

楽しんで下さいね。

 

月の満ち欠けのは
人の心の丸に 似てる。

いつも
まん丸でなくても
それで いいよ って

時には
欠けても いいよ って

心の姿勢は
丸もあり 欠けもあり

時に
隠れて見えないことも在る

それで いい

それが自然。

そんな風に
いつも微笑みながら

夜空から
寄り添ってくれます

今日の お月さまは
どんな姿で お出ましでしょう。

ん?

恥ずかしがって
出てこられないかも(微笑)

 

今夜は 私と
夜空を 見上げてみませんか。

 

あなたの お幸せを祈ります

 

ご機嫌よう

 

-言の葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大野智・偶像と真実。

    『 人生はね、本当に一回しかないから。 良く思うもん、悩んだり辛かったりする時とかさ 「何くよくよしてるんだ」と もう一人の自分がいるわけですよ 「人生一回しかないんだよ楽 …

「行って参ります。」敬語より使える丁寧な言葉③

みなさま ご機嫌よう。 本日は 『 行って参ります。』 のお話し。   丁寧なことばを 普段づかいにするには、 日々の言の葉を 小さなニュアンスから換えることが出来ると 無理なく近道になりま …

『お使い立てして申し訳ありません』女らしさを大切にしたい人の言葉③

みなさま ご機嫌よう 本日も、お疲れ様です。 あなたは、人に頼るのは上手ですか? 頼みごとを素直にできる方って とても魅力的。 だって それだけ相手を信じている。って いうことですよね。 本日は・・ …

『御冠(おかんむり)』の意味・語源。かんたん解説

  みなさま ご機嫌よう。   機嫌の悪い人のことを 「あの人、おかんむりね。」などと言います。 その意味、それは? 何故こんな言葉が生まれたのでしょう? 本日は、 【御冠 おかん …

年末年始に見直したい。ふるさと別の言い方で「お粗末さま」

  みなさま ご機嫌よう。 お帰りなさいませ。 本日は、ふるさと別の・・ 目次1  「お粗末さま」の、お話しです。2  「ごちそうさま・・」への返答は?3   言葉の由縁4  [お粗末さま」 …