言 の 葉

月暦

投稿日:2018-06-28 更新日:

 

みなさま ご機嫌よう。

ゆみこです

今日もいらしてくださり
ありがとう存じます。

 

女性は あまり熱心に
月を見上げては ならない。
それは
感情を 揺さぶられ過ぎるから。

いつか そんな風に聞きました

ただ、私は
月を見上げるのが好き。

いつも
月の形「月齢」を基準にして
日々の予定を考えているもので

そばに居てくれないと困る
解らないと困る・・

それが お月様。

 

 「月 暦」のお話し。

 

月が膨らむ時期には
何でも ため込んでしまうから
食べ過ぎないように。
とか

月が欠けていく時期には
捨てるのがいい
髪を切るといいよ、伸びにくいから
とか。

そんな お話しを聞いたことが
おありでしょうか。

そんなの迷信?

そう仰る方がおられるのも

それはそれ
無理強いは致しませんもの

ただ

お仕事のご予定も
契約なら→
 膨らむ時期に
解約ならば→ 欠ける時期に

これを意識して行うと
上手くお話しがまとまる

後々、変にこじれなかったりします。

何事もお断りするのは
勇気がいるけれど

何故か 月の欠ける時期を守って
お願いすると

先方さまも
快く 承諾して下さるので
助けられたことも 幾たびか。

そう。

きっと
月の満ち欠けに お詳しい方なら
きっと当たり前のことばかり。

なので
私にとって「月暦」は お守りです

 

 

 上弦のころ。

 

闇夜に 月が生まれて
徐々に ふくらんでゆく期間
(新月→上弦→満月)

この時には
新しいことを始めるものです

新しい目標をたて 挑戦する時期

ただ
血気盛んな頃なので出血もしやすいのです

怪我に注意して、できれば

抜歯の予約や 手術の予定は
この時期は 避けましょう。

特に、満月は いけません。

欧州のお医者様の中には
絶対に、満月の日には手術の予定は入れない。

と、仰って
月の満ち欠けによる血のめぐりを重んじ
満月に手術はしない

そんな お話しもございます。

私は 家族の手術の予定は
これを考慮して
いつもお医者さまと お話しいたします。

無論
緊急ならば それは仕方のないこと

そうでなくて
余裕があるのならば危険は回避したいのです

スポーツ選手なども

この満月の怪我は 長引くので
持病も無茶せずに
出来るのであらば
どうぞ お身体をおいといください

用心するに超したことはありません

 

そして

 下弦のころ。

 

まん丸の お月さまが
徐々に欠けてゆき
細く消えてゆく期間には

反省・整理・処分

これに重きを置いて計画を立てます

要らない契約の解除は
この時期です

優しい人ほど 困ってしまう
解約のお電話なども

この時期に
勇気を出してみて下さい
上手く話しを聞いていただけます

肌のお手入れは
入れるよりも
除くほうに 力を入れましょ。

食いしん坊さんの外食も
この時期は 罪悪感も少なめ
羽目を外さぬ程度に、楽しんで下さいね。

 

 

月の満ち欠けのは
人の心の丸に 似てる。

いつも
まん丸でなくても
それで いいよ って

時には
欠けても いいよ って

心の姿勢は
丸もあり 欠けもあり

時に
隠れて見えないことも在る

それで いい

それが自然。

そんな風に
いつも微笑みながら

夜空から
寄り添ってくれます

今日の お月さまは
どんな姿で お出ましでしょう。

ん?

恥ずかしがって
出てこられないかも(微笑)

 

今夜は 私と
夜空を 見上げてみませんか。

 

あなたの お幸せを祈ります

 

ご機嫌よう

 

 

-言 の 葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

愛される聞き上手になるために押さえたい、3つの事。

  皆さま ご機嫌よう。 よく お休みになれました? 優しい心根に いちばん必要なのは 心身の健康かな・ って思う 自分の心に 余裕がないと 誰の声にも 寄り添えないから よく言われるのが …

『御冠(おかんむり)』の意味・語源。かんたん解説

  みなさま ご機嫌よう。   機嫌の悪い人のことを 「あの人、おかんむりね。」などと言います。 その意味、それは? 何故こんな言葉が生まれたのでしょう? 本日は、 【御冠 おかん …

「ごちそうさま」敬語より使える 深い言の葉 ② 

みなさま ご機嫌よう ゆみこ です 日本の風情に 当り前のように 溶け込んでいる 食後の ごあいさつ 幼い子供たちが その小さな 手のひらを 寄せて 言い添える 「ごちそうさま」は いつ見ても 微笑ま …

【竹取物語】の謎と作者の意図 ① 5人の求婚者たち

[再編集稿]   みなさま ご機嫌よう ゆみこです 今日も いらしてくださり ありがとう存じます     『 今は昔、竹取の翁というものありけり。 野山にまじりて竹を取り …

『お手間を、おかけ致します。』敬語よりも使える丁寧な言の葉⑥

みまさま ご機嫌よう 些細なことでも 信じて寄りかかれる人の存在は かけがえの無いもの。 けれど、 世の中には 人を信じることの 得意な人と 苦手な人とがあるもので 思いやりの 深さや 恥じらいの 強 …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

 

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

 

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

 

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

 

略 歴

 

 

千羽屋呉服店・長女

永田町のとある神社へ
本職の巫女として奉職

舞台着付
根津昌平氏師事(松竹衣裳)

和裁学苑
村林益子氏師事

和装ポージング&ウォーキング
田中レーヌ氏(パリコレモデル)師事

和文化講座
中嶋よしゑ氏(京都・芸妓)様

メンタルケア・スペシャリスト認定

きもの文化検定3級

小笠原流礼法・師範