言 の 葉

【打ち出の小槌】「宝尽くし」の意味⑧着物の文様

投稿日:2018-11-28 更新日:

みなさま ご機嫌よう。

お着物を大切にされている
あなたへ。

あなたの身にまとうお着物には
何が描かれていますか?

そこにある物語を読み解いて参ります。

本日は【宝尽くし】の意味を探す

八の巻
『打ち出の小槌』のお話しです

 

  意 味

打ち出の小槌とは

① 鬼の持つ宝物
② 大黒天の持ち物
③ 小槌=叩く=鬼を討つ→厄除け
④ 小槌=槌=ハンマー=打つ=討つ→必勝
⑤ 小槌=槌=ハンマー=物を作る→創造
⑥ 小槌=槌(つち)=土(つち)=大地=大黒天→豊作
⑦ 寓話(民間に伝わる口承のお話し)や
説話(神話・伝説・民話など)から、
衣食住・金銀財宝・願いのすべてを叶える→富の象徴

随分と色々な意味に、とらえられているのですね。

 

 「宝物集」にみる小槌

宝物集(ほうぶつしゅう)とは
平安時代末期仏教説話集です。

その中で、打ち出の小槌
「人にとって第一の宝は何か」
をめぐった語りの中に
隠れ蓑→打ち出の小槌→金→玉→子→命
の順に名前が挙がり、

ここでの小槌は、宝物を出すというだけでなく
牛・馬・家屋・使用人・食物・衣服まで
思いのままを打ち出せる物として描かれます。

しかし、その全ては後に
「鐘の音を聞くと消え失せてしまう」もの
即ち、
「現物として宝は実在しないもの」であり
「仏法こそ第一の宝である」と説かれました。

 

 「軍時記」にみる小槌

保元の乱・源平の戦いからなる
軍時記
「保元(ほうげん)物語」
「平家物語」
ここにも、打ち出の小槌は出てきます。

ただ、「平家物語」の方では実体は登場せず
「聞こゆる打ち出の小槌」という表現で
小槌を持った鬼がでたという噂が立った・とされています。

一方、「保元物語」では、
記述は、諸本により違うものの
鬼たちの持つ宝として記載されています。

 

 「一寸法師」の小槌

『一寸法師』のお話しの元は、

鎌倉時代末から江戸時代に成立した
御伽草子(おとぎぞうし)」という
〈短編の絵入り物語〉の中の一編が
原作となっているものです。

「御伽草子」 出典元 /Wikipedia

400編を超える、その中で
世に知られているのは100編強

浦島太郎
鉢かづき
酒顛童子(しゅてんどうじ)
横笛草子
ものぐさ太郎
福富太郎

などが在ります。

ご存知、一寸法師のお話しも
広義にはストーリーも違いますが

現在では、その多くが

一寸法師が鬼退治をした後に、
姫が「大きくなぁ~れ」と小槌を振り
そのお蔭で立派な若者になる。

という立身出世・所願成就につながるのお話しです。

 


 

本日の、お話しは如何でしたか?

もしかしたら打ち出の小槌といえば
ドラえもんの「ひみつ道具」と
お答えになる方もいらっしゃるかもしれませんね。

藤子・F・不二雄大集5巻収録の
ひみつ道具〈うちでの小づち〉で、
背が伸びると同時に、のび太さんの体全体が
細く長く紙のようにぺらぺらになって…

というお話しですね。

こうして、宝尽くしを読み解いてみると
宝物に込める思いや願いは、
ほんとうに人によって様々で
それで良いのかもしれない・・と
感じるようになって参りました。

お着物に表わされる
吉祥文【宝尽くし】の数々。

あなたはそこに、何を想いますか?

次の、お話しはこちら
⇒⇒⇒【軍配】「宝尽くし」の意味⑨着物の文様

 

ではまた
どこかでお目にかかれます様に。

本日も、お付き合い下さり
ありがとう存じます。

ご機嫌よう。

 

-言 の 葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『恐れ入ります。』敬語よりも使える丁寧な言葉②

みなさま ご機嫌よう。 これから敬語を身につけたい・と、 思っておられる貴方へ。   目次1  初めの一歩は「恐れ入ります」から2  どのようなに見られたいですか?3  初めの一歩。  初め …

『頑張らなくていいよ、居てくれるだけで』真心を伝える美しい言の葉

  みなさま ご機嫌よう 本日 あなたへ お伝えしたい言の葉は、 こちら。 『がんばらなくていいよ、居てくれるだけで』   いま、頑張っている あなたへ 心をこめて。。 &nbsp …

【隠れ笠・隠れ蓑】「宝尽くし」の意味⑦着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 礼装のお着物の絵柄にも色々なものがあり 宝尽くしは、その中のひとつです。 華やかな場にふさわしく、 帯やバッグなどの文様にも 宝尽くしが散らされていることは多いもの。 本日は、 …

【分銅 ふんどう】「宝尽くし」の意味④着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 お着物を大切にされている あなたへ。 明日、 あなたの身にまとうお着物には 何が描かれていますか? もしかしたら そこには 福徳を招く物語が、たくさん隠れているのかも。 【宝尽 …

お悔やみの日の一言『お寂しいですね』女らしさを大切にしたい人の言の葉⑥

みなさま ご機嫌よう。 いつもお越しいただき、 ありがとう存じます。 本日のお話しは、 お悔やみの席での一言です。 あなたなら その折には、なんと仰いますか? 無論、 あらかじめ用意するものではないけ …