言 の 葉

『うつつを抜かして得るもの』敬語よりも使える深い言葉 ①

投稿日:2019-11-12 更新日:

みなさま ご機嫌よう

お見えくださり
ありがとう存じます

ゆみこです

 

いきなりですが
あなたは、どう思われますか?

自分のために
大切に、うつつを抜かす人生

私は 有り・・と思うのです

決して悪い意味ではなく
自分の心を傾けて

生に酔って
意に添いとげること

そうして

ほんの束の間でも
誰かの 心の隙間に
生かされたら本望ですから

 

夢見心地の 夢うつつ。

【うつつを抜かして】得るものは?

本日は
そんな「うつつ・・」な、

お話しです

 

 意 味

【うつつを抜かす】の、
うつつは、「現」と書きます。

 

「現」意味

・現実
・正気
・本気

 

「抜かす」意味

・無くす
・忘れる
・不在

 

「うつつを抜かす」意味

・心を奪われる

・集中できない
・おろそかになる
・自制心を失う
・日常を忘れる
・不健全
・魂が抜かれる

 

「うつつを抜かす」と、失うものは?

・仕事

・健康
・友達
・勉強
・評価
・スキル
・人間関係

 

「うつつを抜かす」とは、どういうこと?

・頭がお花畑

・ネットカフェでの お昼寝
・単位を落とした 黒歴史

 

「うつつを抜かした」結果は?

・本人の失敗なら、自業自得

・人を巻き込むのは、言語道断

 

・・・。

もう、散々な言われよう

 

 現 実

現実は、
その人の掌(てのひら)の中。

誰が 問えるでも無く
誰が 裁けるでも無い。

現(うつつ)の誠は、十人十色

 

何度 聞いても クスリと笑える
若い人の言った

『頭が お花畑』

これ
言い得て妙で、とても好き。

 

一方で
人生の先輩は、こうも言う。

『生きている甲斐とは、うつつを抜かすこと』

そんな心の余裕も 素敵に思う。

 

うつつ・・とは
色恋沙汰ばかりとは 限らない

自分のために
大切に、うつつを抜かす人生も
有り・・と思うの

 

何でもいい
大切な何かに

時を奪われ
夢中になって 入れ上げて

熱を傾け 我を忘れる・・

 

生に酔って
意に添いとげて

ほんの束の間
誰かの 心の隙間に
生かされたら本望と。

 

ただ一つ
忘れてはいけないことも在る。

 

幸と不幸の境目は、

罪の無い人を 巻き込まない。
泣かせない

こと。

 

そうして生きた その先に

あなただけの
「ありがとう」の花が咲く

 

自分だから 咲かせられる
自分だからもらえる 花もある。

そこに
あなたの生まれた 意味が在る

 

日本の言の葉は
奥が深くて

不思議・・

 

私は 思う

「うつつを抜かして得るものは、大きい」

と。

 


 

本日も

最後までお付き合い賜り
ありがとう存じます。

この辺りで おいとま致します

 

ご機嫌よう

 

 

-言 の 葉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『お使い立てして申し訳ありません』女らしさを大切にしたい人の言葉③

みなさま ご機嫌よう 本日も、お疲れ様です ゆみこです   あなたは 人に頼るのは上手ですか? 頼みごとを素直にできる方って とても魅力的ですね だって それだけ相手を信じている ということ …

雛飾り【左近桜・右近橘】の置き方に困っているお母様へ。( 動画あり )

鳥居清長「子宝五節遊 – 雛遊」 引用元:  Wikipedia   みなさま ご機嫌よう ゆみこです 今日もいらしてくださり ありがとう存じます   あなたは 雛飾り …

【金嚢 きんのう・宝袋】「宝尽くし」の意味⑥着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 美しい晴れ着で迎える門出。 その人生儀礼に使われる吉祥文様に 『宝尽くし』が あります。 そこに良く描かれる宝ものを 一つ一つ拾い集める中、 今回、手に致しますのは 【金嚢 き …

『夜さり方には お暇します』女らしさを大切にしたい人の言の葉⑧

  みなさま ご機嫌よう あなたは 【夜さり/よさり】 という言の葉を お遣いになったことはありますか ・・・。 いまの御代には 聞きなれぬ言葉ですものね けれど お遣いいただくなら こんな …

『どう致しまして、こちらこそ・・』人柄を伝える美しい言の葉

みなさま ご機嫌よう あなたは この頃 誰かにお遣いになりましたか? 「どう致しまして」って。 そう。 ありがとう・・に対する謙遜の言葉。 美しい日本語のひとつ。 幼かったあの頃には、 もっと素直に …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

【 恩 師 】

山王日枝神社
宮西惟道 師

松竹衣裳
根津昌平 師

和裁学苑
村林益子 師

小笠原流礼法
吉澤菱久 師

煎茶道日泉流
小泉萌生 師

日本舞踊
花柳美貴龍 師

京都芸妓
中嶋よしゑ 師