日々のこと

天命を待つ

投稿日:2018-05-31 更新日:

みなさま ご機嫌よう

あなたには

いつの間にか身に染みて、
知らないうちに

心の片隅に
住み着いてしまっているような、
そんな言葉はありませんか。

私の好きな言の葉
それは、

 人事を尽くして天命を待つ

不器用なもので 何につけ
人様の何倍も 時間をかけないと
いけないもの・ と
思っています

いつも 気が付くと
ひとり言で
「がんばれっ。」 と、つぶやく

街中を 歩いているときにも
唐突に 声にしていて
ほんとうに 慌ててしまう

そんな事が 度々あって

もう ほんとうに
対処不能な人なのです(苦笑)

でも

充分に 人事を尽くしたら
あとは
心穏やかに 天命に委ねます。

 

 私の生まれてきた意味を
みつけるために

どこに居ても
今は そうなのかもしれませんが、

東京に暮らしていると
もう
どこにいてもカメラがまわっていて
そう。
日常が ふつうに映し出されている
という覚悟をして動かなければならず

まるで
映画のワンシーンのように
現実に 街の至るところに
カメラが 在るもので

著名人でもないのに
群衆の中に埋もれても
誰にも 気にもされない自分でさえ

いざとなったら
映像を 切りとられる世界に
いま 暮らしている不思議

怖い・ようで
けれどそれを 逆手にとって
自分を律して

この時代に
無自覚に動いてはならない・自覚
という
逆の解釈? をして

いま、私は私を
笑って 受け入れてみる

 

 あなたは今
何に向かって頑張っていますか。

他人様に
むやみに 頑張って・ なんて

そんな 無責任なこと言えません。

でも、

今日も
偶然、ここに気付いて下さった あなたに
そして
いつも来て下さる あなたに

心からの感謝をこめて 言います。

どうぞ
明日のあなたが
幸せでありますように。。

 

-日々のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人のお役には立てない「まじめな防災メモ」台風19号・東京多摩地区編

令和元年、台風第19号。 長野の千曲川は決壊し、 その流域では 東京ドーム250個分の地域が浸水しました。   ・・・。 これは私的な覚え書きです。 とても 人様のお役に立てそうもありません …