ひとり言

天命を待つ

投稿日:2018-05-31 更新日:

みなさま ご機嫌よう

あなたには

いつの間にか身に染みて、
知らないうちに

心の片隅に
住み着いてしまっているような、
そんな言葉はありませんか。

私の好きな言の葉
それは、

 人事を尽くして天命を待つ

不器用なもので 何につけ
人様の何倍も 時間をかけないと
いけないもの・ と
思っています

いつも 気が付くと
ひとり言で
「がんばれっ。」 と、つぶやく

街中を 歩いているときにも
唐突に 声にしていて
ほんとうに 慌ててしまう

そんな事が 度々あって

もう ほんとうに
対処不能な人なのです(苦笑)

でも

充分に 人事を尽くしたら
あとは
心穏やかに 天命に委ねます。

 

 私の生まれてきた意味を
みつけるために

どこに居ても
今は そうなのかもしれませんが、

東京に暮らしていると
もう
どこにいてもカメラがまわっていて
そう。
日常が ふつうに映し出されている
という覚悟をして動かなければならず

まるで
映画のワンシーンのように
現実に 街の至るところに
カメラが 在るもので

著名人でもないのに
群衆の中に埋もれても
誰にも 気にもされない自分でさえ

いざとなったら
映像を 切りとられる世界に
いま 暮らしている不思議

怖い・ようで
けれどそれを 逆手にとって
自分を律して

この時代に
無自覚に動いてはならない・自覚
という
逆の解釈? をして

いま、私は私を
笑って 受け入れてみる

 

 あなたは今
何に向かって頑張っていますか。

他人様に
むやみに 頑張って・ なんて

そんな 無責任なこと言えません。

でも、

今日も
偶然、ここに気付いて下さった あなたに
そして
いつも来て下さる あなたに

心からの感謝をこめて 言います。

どうぞ
明日のあなたが
幸せでありますように。。

 

-ひとり言

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

水無月の雨と、童謡と。

水無月の雨。 みなさま ご機嫌よう。 どうか あなたは お身体を 冷やしませぬように。 五月雨(さみだれ)・走り梅雨(はしりづゆ) 慈雨(じう)・甘雨(かんう)。 空から こぼれ落ちてきた雫が 歩道に …

明日の朝は、時雨れます・・?

  みなさま ご機嫌よう。   蝉しぐれ・露しぐれ・雪しぐれ。 この言の葉 あなたは使ったことがありますか? 今朝、AM6:00前 ラジオから流れてきた声 「明日の朝は、時雨(しぐ …

母国語を新たに覚える感覚で【古文書】の楽しみ方。動画つき

 みなさま ご機嫌よう。 いきなりで恐縮ですが あなたはクロスワードパズルは お好きですか。 そして、古文書の解読って 少し似てる・・って思われたこと ありますか。 実は、古文書の変体仮名の 【くず …

ひとり言・で、恐縮です。

  ご機嫌よう。 お疲れ様です。 もうお休みになります? それとも、もうひと仕事? 温かくして・・ね。 お身体が基本ですから。 夜の帳(とばり)が下りても 眠らぬ街 眠れぬ人々の 明日が 潰 …

ありがとう。

ありがとう。 この言葉の先に 誰の顔が見えますか そこに居るのは だれ? 右の手と 左の手と 指折り数えて ひぃ ふぅ みぃ・・・ ありがとう。 日本には 自分の為じゃなく 人の為に使う言葉が たくさ …