神 社

上さま。

投稿日:2018-07-04 更新日:

 

かみさま・・って、何ですか?
ためらいも無く 真っ直ぐに問うと

『 かみさま なんて、
わからなくてもいいよ。

ただ
かみさまの
カミという字をって書いても、

かみさま・になるよね。

だから、

これから生活する中で
自分よりも目上の人・年上の人を

『かみ(上)さま』だと思って、

お父さんや お母さんを大切にして

それから先輩たちの言うことを、
良く 聞くようにね。  』

 

都心にも

薄紅の
桜の花が舞うころ。

これが

初めて
神職さんに質問したときに

いただいた言葉です。

 

のんびり屋の 私には

ことの真理など
未だに
わからないけれど

実は それで いいかな
って 思っています。

ただ、

自分に 嘘をつかずに
生きてゆけたら・と。

 

-神 社

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

神社おみくじの由来。

みなさま ご機嫌よう。 近頃は、ネットみくじ・Webみくじ等もあり お神籤(おみくじ)本来の由来とは、 随分とその様相も変わったように感じます が、実際はどうでしょうか。 本日は、そんなお話しです。 …

神前婚・かつら合わせで失笑!? 待って!そのメイクにのせたら当り前です

みなさま ご機嫌よう これまでに私は 御神前で300人以上の 花嫁さまの介助をさせていただきました。 本日は、 その経験からお話し出来ることを お伝えしたいと存じます   目次1  和装かつ …

「ありがとう」の代わりに 「嬉しい」といった女性(ひと)

ふと目を閉じて こころの雨音の、ぽつりぽつりが 心音に溶けてゆくのを 愛でる秋日 ご機嫌 いかがお過ごしでしょうか 本日は、私の中の 錆びた記憶の一片から 「ありがとう」の代わりに 「嬉しい」といった …

初詣までに確認したい。正しい【二礼二拍手一礼】の仕方・動画付き

  みなさま ご機嫌よう こちらのページは 神社の作法・参拝の仕方 についての2話目です。 本日も 簡単に、わかりやすく・・を心がけて 綴ってみたいと存じます   目次1  拝礼の …

古事記が原因?神拝詞 「大祓」を唱えるのを怖がった巫女

みなさま ご機嫌よう いつも ありがとうございます ゆみこです 「神拝詞(大祓) を唱えるのを怖がった巫女」 それはかつて 本職の巫女として御奉仕していた 私のこと(苦笑) 本日は、神道の 【大祓詞( …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

 

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

 

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

 

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

 

略 歴

 

 

千羽屋呉服店・長女

永田町のとある神社へ
本職の巫女として奉職

舞台着付
根津昌平氏師事(松竹衣裳)

和裁学苑
村林益子氏師事

和装ポージング&ウォーキング
田中レーヌ氏(パリコレモデル)師事

和文化講座
中嶋よしゑ氏(京都・芸妓)様

メンタルケア・スペシャリスト認定

きもの文化検定3級

小笠原流礼法・師範