神 社

神社おみくじの由来。

投稿日:2018-12-23 更新日:

みなさま ご機嫌よう。

近頃は、ネットみくじ・Webみくじ等もあり
お神籤(おみくじ)本来の由来とは、
随分とその様相も変わったように感じます
が、実際はどうでしょうか。

本日は、そんなお話しです。

 

 おみくじ  

「おみくじ」の籤(くじ)は、孔子(くじ)とも書き
「孔」「あな」のこと。

寺社に見られる筒型のみくじは、
その筒の中にある串を
小孔から振り出して使うものです。

江戸時代「観音百籤」が起源で
竹籤は、百番まで作られ
そこから御神意・託宣(たくせん)を聞くというものです。

古くは小正月に
その年の豊作を祈り、作柄や天候を占った
「粥占神事」(かゆうらしんじ)などの
人々では決められない事を問う神事の道具であり

また、
国の祭礼や政(まつりごと)、後継の選定の段に
御心(御神意)を伺う手段として使われました。

さらに戦国の世には
武将の戦法に見る、日取りや陣営配置などを占うものであり

鎌倉時代には
源頼朝が鶴岡八幡宮の移転先をみくじで決め、

明智光秀
は、本能寺の変で出陣を決起するため
三回みくじを引き直したと伝えられます。

現在のように
参詣者の吉凶を占うようになったのは
鎌倉初期の頃からと言われます。

が、その本来の起源は・・

 起 源

それは
元三大師神籤(がっさんだいしみくじ)」です。

平安時代の天台宗の高層に
慈英大師良源(じえいだいしりょうげん)912~985
という御方がおられました。
御命日が正月の三日であることから
元三大師と呼ばれている、この御方が
日本における神籤の創始者といわれます。

現在でも
比叡山延暦寺の横川にある、四季講堂の元三大師堂では
当時おおみくじを江戸時代のまま、今に伝えています。

それは、
予約・相談・読経・選占・説法の手順を経て
それを受ける者は、みくじの内容を厳守し
必ず、神籤に示された通りに
行動することを定めとしています。

そして、都内最古の寺院である
「浅草寺」は、その流れを汲み
当時の「元三大師神籤」と同じ比率
凶が30%、
大吉17本に対し凶は30本あると言い
その伝統を守っています。

 

 人気の おみくじ

神籤には
吉凶を占うだけでなく
和歌や御製(主に歴代の天皇が詠われ和歌)や
漢詩を示されただけの神籤も在ります。

「明治神宮」では
大御心(おおみごころ)」という
明治天皇昭和皇太后が詠んだ和歌
御神意として配布されます。

また
可愛らしい神籤として人気なのは
春日大社「白鹿みくじ」


岡崎神社
「うさぎおみくじ」です。

珍しい神籤として人気なのは

大阪府松原にある
布忍神社「恋みくじ」です。

すべて河内弁で書かれ
その言葉のインパクトが病み付きになる
との声があります。
が、御神体は日本武尊の娘
「布忍入姫命」というお姫様です。

こちらの御神籤のように、
神籤には
寺社独自で奉製しているものもありますが
その7割は、
山口県周南市にある
「二所山田神社」女子道社から配られるものです。

無論、その後で
各寺社それぞれに鎮座する神仏の御霊が込められます。

 

 おみくじを引いた後は?

おみくじを境内に結ぶ習慣は、
江戸時代から行われていました。

恋愛の「縁を結ぶ」を所以に
神様との縁を結ぶ凶を託すともいわれます。

また
凶のみくじを引いたときは、
利き手と逆の手で結ぶと吉に転じる
と信じられている所もあります。
逆の手で結ぶという行為が
困難を克服し、修行したと見なされるのだそうです。

 

 古 札

古いおみくじの処分に困ってしまった時
あなたは どうされますか?

一番良いのは
いただいた寺社に再度うかがい
御礼を申し上げてから結んで帰ること

遠方で、それが叶わないのなら
お近くの寺社でお炊き上げをして頂きましょう。

それも叶わぬのなら・・
ご自宅で
綺麗な和紙・半紙を用意し
その上に、みくじを置いて塩で清め
手を合わせて「ありがとうございました」と
御礼を申し上げてから
大切に包んで処分しましょうね。

 


 

如何でしょうか。

ネットみくじ・Webみくじ
占いという感覚とは違う何かが、
伝えられたでしょうか。

とりわけ古来から伝わり続ける
「元三大師神籤」には心惹かれるもの。

私自身がおみくじを引くのは
自分を育んでくれたお宮だけですが、
旅先では、その土地の氏神さまに
御挨拶をして無事を祈念します。

あなたは、如何ですか?

すてきな御縁に恵まれますよう
お祈りします。

 

では、本日はこの辺で
おいとま致します。

ご機嫌よう。

 

-神 社

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

神拝詞には載ってない・ に答える「大祓詞」全文・現代語訳

  みなさま ご機嫌よう ゆみこです いつも ありがとうございます     【大祓詞】は 神道の祭祀に用いられる 祝詞(のりと)の一つです 浄化の儀式として 宮中や神社で …

10分で読む!「古事記」の苦手な あなたへ「上巻」あらすじ

  みなさま ご機嫌よう ゆみこです あなたは 「古事記」は、お好きですか? 怖がりの私は 実はとても苦手で これまで何度も 心が折れそうになりました けれど、 やはり 読んでおきたくて 知 …

「ありがとう」の代わりに 「嬉しい」といった女性(ひと)

ふと目を閉じて こころの雨音の、ぽつりぽつりが 心音に溶けてゆくのを 愛でる秋日 ご機嫌 いかがお過ごしでしょうか 本日は、私の中の 錆びた記憶の一片から 「ありがとう」の代わりに 「嬉しい」といった …

古事記が原因?神拝詞 「大祓」を唱えるのを怖がった巫女

みなさま ご機嫌よう いつも ありがとうございます ゆみこです 「神拝詞(大祓) を唱えるのを怖がった巫女」 それはかつて 本職の巫女として御奉仕していた 私のこと(苦笑) 本日は、神道の 【大祓詞( …

神社の初詣。鳥居をくぐる方法・参道の作法・手水の作法(動画付き)

みなさま ご機嫌よう 『 初詣 』 あなたはどちらへお出掛けでしょう 一年の初めには 気持ち良くお詣りしたいもの 本日は 神社の作法・参拝の仕方について なるべく簡単に わかりやすく語りたいと存じます …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

【 恩 師 】

山王日枝神社
宮西惟道 師

松竹衣裳
根津昌平 師

和裁学苑
村林益子 師

小笠原流礼法
吉澤菱久 師

煎茶道日泉流
小泉萌生 師

日本舞踊
花柳美貴龍 師

京都芸妓
中嶋よしゑ 師