神 社

お神籤との関わり方。神社のお好きな あなたへの、ここだけのお話し。

投稿日:2018-12-20 更新日:

みなさま ご機嫌よう。

あなたにとって、
お神籤(おみくじ)って何ですか。

占い?
それとも運試しでしょうか。

本日は、
こんな、お神籤との関わり方もあり
というお話しです。

 

 神様との会話

 

神社への参拝って、不思議
ひとつのお宮に通って
手を合わせて
心の中で何度かお話ししていると
いつの間にか
そこの神様が見守って下さるようになる。

だから
お神籤で、お話し出来るようになる

 

好きな神社へ出向いたら
手水舎で清めてから

御社殿の前へ進み、
二礼二拍手一礼をしあと

心の中で
神様に話しかけてみて下さい。

色々とお願いする事もあるでしょうけれど
まず、お礼を言います

『ここまで無事に来られました
ありがとうございますって。

 

そして、住所と名前を言います。

その次に
初めて訪れるお宮ならば
『初めまして』って、きちんと御挨拶します

いつも訪れているお宮ならば
『ご無沙汰していますとか。

人への御挨拶と同じですね

それから、本題へ。

あなたの近況
神様に聞いていただきたい事を
お話して・・それから

最後に、こう言うの。

『これから、おみくじを引きます。
どうか、今の私にお言葉をください』っと。

 

純粋に、一心に御願いすると
本当に、応えてくださいますよ。

その答えを記してあるものが
お神籤です。

それも
あなたの為だけの
とっておきの言の葉です

私は、それで何度も
神様に叱られて、へこみました(苦笑)

【まだまだ足りない
もっと、頑張りなさい。
周りを良くみなさい!】 って。

 

思わず

『えっ、
何でわかるの?
どこで見ていたの?』

なんて
御社殿を振り返ってしまう事が
幾度もありました。

 

でも逆に
落ち込んでいるような時
辛いときには、
何も言わずともわかってしまって

【頑張っているから、このままで】

と、何度でも
【大丈夫】って
優しく励まして下さるから

危うく泣きそうになったりもして

そんな時のお神籤は

とても結んでなんて帰れなくなる
それで大切に頂くのだけれど

その後

すっかり、その優しさに甘えていると
【努力が足りない!】
また
ピシャリっと、叱られるのです。

そう

私にとって、お神籤は
神様とお話しするためのもの。

本来、
お神籤って、そういうもの

御神意を伺うもの

だから
あなたも、出来ますよ。

ただ、
どこのお宮でも良いという訳ではなくて

あなたが
ここに来ると落ち着くなぁ・・と
気持ちが安らぐ神社

空気を美味しく感じたり
そこに居ると
いつも体調が良くなるような

お詣りする度に
『ただいま』って言えるような
そんな場所が良いのです

特に
有名どころの神社というのは
関係ないもの。

 

また お宮によって、
いろいろな種類のおみくじがありますが

大吉とか末吉とかには、惑わされずに

必ず、あなただけに
読み取れる何かがあるはずですから
それを拾い上げ、それに応えること
それが無音の会話。

 

かつては、
源頼朝が、明智光秀が
そして数々の名将たちも
おみくじを
御神意を伺う手段として用いたものです。

そんなお話しは、こちら
⇒⇔⇒『神社おみくじの由来。』

 

あなたも
もし神社へ御参拝になるのなら
ぜひ
神様と仲良くなって来て下さいね。

きっと
素敵な時間になります様に。

 

では本日は
この辺りでおいとま致します。

ご機嫌よう。

 

-神 社

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

上さま。

  かみさま・・って、何ですか? ためらいも無く 真っ直ぐに問うと 『 かみさま なんて、 わからなくてもいいよ。 ただ かみさまの カミという字を上って書いても、 かみさま・になるよね。 …

初詣までに確認したい神社作法・参拝の仕方・初穂料とは?【まとめ】

    みなさま ご機嫌よう 年の瀬も 色濃くなるころ 迎春に思いを寄せ 本日は 神社の初詣についての あれこれを 【まとめ】てみました。 あなたの 確認しておきたいこと 心づもり …

神社おみくじの由来。

みなさま ご機嫌よう。 近頃は、ネットみくじ・Webみくじ等もあり お神籤(おみくじ)本来の由来とは、 随分とその様相も変わったように感じます が、実際はどうでしょうか。 本日は、そんなお話しです。 …

初詣までに確認したい。正しい【二礼二拍手一礼】の仕方・動画付き

  みなさま ご機嫌よう こちらのページは 神社の作法・参拝の仕方 についての2話目です。 本日も 簡単に、わかりやすく・・を心がけて 綴ってみたいと存じます   目次1  拝礼の …

初詣のお金のお話し。札守り・祈祷・日本酒奉納まで(玉串・動画付)

  みなさま ご機嫌よう こちらは 初詣に向けたお話しの 3話目となります 本日は 神社への初穂料は、 お賽銭の他に どのようなものが あるの? といった 新年に向けて余裕をもって 準備をし …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

 

古より伝わる この国の
言の葉の温もりと
所作の品格

それは

歳を得るほどに 深みを増し
女性をやさしく たおやかにします

薫るように 周囲に沁みゆくように
生きていたい

和装を身にまとい
言の葉に
所作に
豊かな華を咲かせながら

その掌(たなごころ)に或る
すべてを
惜しみ 慈しみ 人を敬い
生きてみたい

それを日々に落とし込むことは
難しいことですが

 

ここへ
いらして下さる
あなたへ

ここが
ほっと一息つける場所に
なれますように

まだ つたないブログですが
時折 つまずきながら
学びながら

感ずるままに綴っております

よろしく
お願い致します

ゆみこ

 

略 歴

千羽屋呉服店・長女

永田町・山王日枝神社奉職

舞台着付
根津昌平氏師事(松竹衣裳)

和裁学苑
村林益子氏師事

和装ポージング&ウォーキング
田中レーヌ氏(パリコレモデル)師事

和文化講座
中嶋よしゑ氏(京都・芸妓)様

メンタルケア・スペシャリスト認定

きもの文化検定3級

小笠原流礼法・師範

 

Special thanks !

立川・府中アスレティックFC