着付け

着付師の覚え書き・母から娘へ「成人式」帯結びの手順【花筏 】

投稿日:2020-02-12 更新日:

みなさま ご機嫌よう

ゆみこです

今日もいらしてくださり
ありがとう存じます。

 

お着物がお好きで
お年頃のお嬢様がいらっしゃるお母様へ。

「出来れば、娘の成人式には
自分で帯を結んであげたいの。
たしか昔、
着付け教室で学んだ経験があるのだけど
記憶が微妙なのよね・・」

ならば

この記事が、その記憶の糸をたどり寄せる
手助けになるかもしれません

私の師匠は
舞台着付けの根津昌平氏

流派は違うかもしれませんが

一度でも、
どこかで習ったことがおありなら
あなたの着付け方を
思い出すきっかけになると存じます

 

本日、ご紹介するのは
矢の字結び系の

こちら↓

【花筏 / はないかだ】です。

 

用意するもの

  • ゴム   3ヶ
  • クリップ 1ヶ
  • 飾り紐  1本
  • ハンドタオル 1枚

手 順

  • 手は、80㎝程とります
  • 80cmのところを背中心に当てて
    帯を巻きます

垂れを ⇓ 2巻きして後ろに戻った状態です

柄は、全体に見えるように)

  • 手は、
    右脇までシッカリ引き
    手先が上にくるように結びます

帯の下の部分は
押さえて平らにしておきましょう)

  • 結び目に、
    あとで羽根を留めるための
    飾り紐を結んでおきます
  • 結んだ飾りは、
    クリップで衿に預けて(留めて)おきます

  • 手に
    ヒダをつくります

(一つの角は残して、
もう片方の角で作ります)

あとで羽根をのせる台にするので

  • ハンドタオルを帯の中へ差し込んでおきます
    (外に見えないように)

1つ目の羽根を ⇓ 作ります

  • 垂れを持ち上げ
    肩の上まできたら折り返します
  • 羽根の先は、肩より上にします
    (出来上がったときに、
    羽根の先が、前から見えるように
  • 重ねた部分はズレないよう
    耳は揃えましょう

2つ目の羽根を、持ち上げて・・

  • まず、上2枚にヒダをつくり
    羽根を作ったら、ゴムで留めます
  • つぎに、下にも羽根を作ります
    こちらにも
    ヒダを作って、ゴムで留めます

これで
3枚の羽根が出来ました

  • 枕を
    羽根の中心(左寄り)に当て
  • 帯に入れたハンドタオルの台に
    ずり落ちないように乗せます
  • 帯揚げをします

手を枕の上に乗せ
結び目を ⇓ 飾り紐で結びます

  • 垂れの余った部分は、
    ヒダを作りながら
    内側にまぁるく折り込み
  • 帯〆を、通します

出来上がり。

 

如何でしたでしょうか。

3枚の羽根を、矢の字の花に見立て
そこへ水の流れを配した 美しい帯結びです

一見、難しそうに見えますが
何度か練習すれば
意外に簡単に結べるようになります

この【花筏】は

ヒダの美しさが目を引きますので
折り方をいろいろ
工夫すると良いですね

ところで
成人式のころは寒さもひとしお。

もし
こちらの記事にもご興味があれば
どうぞご覧くださいませ

⇒⇒⇒超冷え性さんの足元を温める! 和装・冬の足袋支度

 

では 本日は
この辺りで おいとまいたします

 

ご機嫌よう

 

 

-着付け

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

成人式・着付けメニュー【帯結び・13種】一覧

みなさま ご機嫌よう こちらのページでは ・わたくしの結ぶ【 変わり帯び・13種 】の写真と ・【訪問着付】を受ける際の注意点・概要 を御覧いただけます 振袖の着付けをご予約の際に どうぞご利用くださ …

「銀座結び」を学ぶ 

みなさま ご機嫌よう 本日、こちらでは 「銀座結び」と「角出し」の違い 「銀座結び」の手順を、文章・手描きで解説し それ以外の簡単な方法での 「着付け動画」 「お薦めの本」もご紹介いたします 私の師匠 …

着付師の覚え書き【留袖】

みなさま ご機嫌よう こちらは 和装着付けの【覚え書き】です みなさまが 御家族などを着付けなさる際に 何かヒントになるところがあると 嬉しいです では 【留袖】の手順です   目次1 長襦 …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

 

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

 

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

 

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

 

略 歴

 

 

千羽屋呉服店・長女

永田町・山王日枝神社奉職

舞台着付
根津昌平氏師事(松竹衣裳)

和裁学苑
村林益子氏師事

和装ポージング&ウォーキング
田中レーヌ氏(パリコレモデル)師事

和文化講座
中嶋よしゑ氏(京都・芸妓)様

メンタルケア・スペシャリスト認定

きもの文化検定3級

小笠原流礼法・師範

 

Special thanks !

立川・府中アスレティックFC