着付け

成人式・着付けメニュー【帯結び・13種】一覧

投稿日:2020-02-19 更新日:

みなさま ご機嫌よう

こちらのページでは

わたくしの結ぶ【 変わり帯び・13種 】写真
・【訪問着付】を受ける際の注意点・概要

を御覧いただけます

振袖の着付けをご予約の際に
どうぞご利用くださいませ

 

 振袖用「変わり帯び・13種」

椿

 

花車

 

おしどり

 

香寿花(かずか)

 

寿づ賀(すづか)

 

矢の字

 

水芭蕉(みずばじょう)

 

ハイビスカス

 

花筏(はないかだ)

 

文庫

 

あんこ結び

 

あやめ文庫

 

扇文庫

 

訪問(出張)着付の前に、知っておきたい注意点

  • お着付けは1畳程のスペースで可能です
  • 前日までに、着物・帯・小物を揃えてお待ちください
  • 特に、長襦袢の半衿が付いているか
    また着物や長襦袢にしつけ糸が付いたままになっていないか
    必ずご確認をお願い致します
  • 小物など、不安なことはお気軽にご相談ください
  • 当日お召しになるお着物は
    事前にハンガーに吊るしてシワをご確認ください
  • シワ気になる場合アイロンがけをお願いいたします

 

「振袖」の訪問着付・概要

現在、お振袖の着付は
東京都を中心に1日1人限定にて
ご自宅まで ご訪問して致しております

着付料
・着付                8,000円

「成人の御祝い」
姓名鑑定つき     10,000円

ただし、往復の交通費別途いただきます

ご予約が確定されるまでは、
個人情報によりご住所がわかりませんので
最寄りの駅と駅からの所要時間をお尋ねします

予約
最低3日以上の余裕をもってお願い致します

予約成立後の変更・キャンセル
作業の6日前まで承ります

クレジットカードには対応しておりません
当日、作業後に現金でお支払ください

交通機関の遅延等でお約束の時間に到着できず
作業が遅れる場合がございます
最善は尽くしますが時間内で作業ができなかった場合、
責任は負えませんのでご了承ください

 

予約状況

成人式
2021年(平成33年)

  • 1月 都内  1件 ご予約確定
  • 前撮り・披露宴・祝賀会の
    ご依頼をいただいております

【1日1人限定】ですので
お日にちが埋まり次第終了となります
ご了承くださいませ

お出かけ当日は、貴女のためだけに
たっぷりと時間をとって着付いたします

 


 

【お振袖】自宅訪問のお着付は

当日 お出掛けの時間までに
お客様の着心地の良さを確認しながら
楽で美しい着付けを致します

和装所作
簡単な立ち振る舞いのアドバイスもできますので
お申し付けください

「成人の御祝い」姓名鑑定つきのお着付
お母さまからお嬢様への贈り物として
喜んでいただいております

 

ご連絡を お待ちしております

ご機嫌よう

 

 

-着付け

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

結婚式に じわじわと人気!【黒引き振袖】世代別の着こなしとは?

(改訂稿)   みなさま ご機嫌よう ゆみこです あなたは 【黒引き振袖】をご存知ですか?   十代から ずっと神社で御奉仕をして 300余人の花嫁の介添えを してきた私には ここ …

初めて着物で入学式へ行く母の準備 必要なものリスト19

ご子息・お嬢様の 晴れの日に 初めてお着物をお召しになるお母様 ご機嫌よう ゆみこです   和装には どんなものが必要でしょう? どんなものが足りなくて、 どんなものを揃えたら良いのでしょう …

「銀座結び」を学ぶ 

みなさま ご機嫌よう 本日、こちらでは 「銀座結び」と「角出し」の違い 「銀座結び」の手順を、文章・手描きで解説し それ以外の簡単な方法での 「着付け動画」 「お薦めの本」もご紹介いたします 私の師匠 …

着付師の覚え書き【留袖】

みなさま ご機嫌よう こちらは 和装着付けの【覚え書き】です みなさまが 御家族などを着付けなさる際に 何かヒントになるところがあると 嬉しいです では 【留袖】の手順です   目次1 長襦 …

着付師の覚え書き・母から娘へ「成人式」帯結びの手順【花筏 】

みなさま ご機嫌よう ゆみこです 今日もいらしてくださり ありがとう存じます。   お着物がお好きで お年頃のお嬢様がいらっしゃるお母様へ。 「出来れば、娘の成人式には 自分で帯を結んであげ …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

【 恩 師 】

山王日枝神社
宮西惟道 師

松竹衣裳
根津昌平 師

和裁学苑
村林益子 師

小笠原流礼法
吉澤菱久 師

煎茶道日泉流
小泉萌生 師

日本舞踊
花柳美貴龍 師

京都芸妓
中嶋よしゑ 師