着付け

着付師の覚え書き【留袖】

投稿日:2020-02-10 更新日:

みなさま ご機嫌よう

こちらは
和装着付けの【覚え書き】です

みなさまが
御家族などを着付けなさる際に
何かヒントになるところがあると
嬉しいです

では

【留袖】の手順です

 

長襦袢

  • 衿は、あまり深く抜かないように
    (髪のタボの位置を見て)
  • 衿合わせは深めに
    (浅いと老けて見える)
  • 紐は、背中の高い位置で交差して、脇で下げ
    背でバッテンにして締める
    (この時、脇で長襦袢を引っ張ってシワをとる
  • 伊達締めで整える



 

留袖をかける

    • 留袖は低い位置で持ち
      袖に手を入れてもらい肩に掛ける
    • 長襦袢の袖を抜き
      留袖の袖と合わせて整える
    • 衿をクリップで留め、ずり落ちないようにする
      (背中心・耳の下、3カ所)

裾合わせ

《裾の位置を決める》

  • 衿先より10㎝上の位置と、背中心の腰のあたりを持って
    (着物を)後ろへ引く
  • 身体から離すように、両手を上げ
  • 裾の長さをかかとで踏める位置決める
    (紐を遣うと、上がってくるから)
  • 裾を決めたら、(着物を)前へ引き

《上前の幅を見る》

  • 衿先を持ち(手を持ち替えて)片膝を着く
    腰は落とさずに 低い姿勢になり)
  • 脇線の位置に注意をして、前幅を見る
  • 下前を入れ込む(内側へ巻き込む)とき、
    中で手の平を返しながら、
    裾を三角形に折り返すように整える

腰紐かけ

着付師は、
膝頭を少し開いて立ち膝の姿勢で

《腰紐かけ》

  • 右手で紐を渡しながら
    左手では、布のたるみを取る
    (紐が前に戻って来たときに
    背中の余分なたるみも、前に来ているように)
  • 腰紐の結び目は左端に来るように巻き
    (真ん中に締めると、おはしょりが浮くから)
    このとき
    上半身を左に傾けると、しっかり締まる
  • 背中のシワをとる
  • 身八ッ口から手を入れ
    下前の内側の布を、すこし引き上げる
    裾が入る
    (=「裾つぼまり」になる)
  • 身八ッ口から手を入れ、
    おはしょりの部分を下げ

 

衿元の合わせ方

  • 耳の下から、斜めにずらし開いてゆく
  • 比翼衿は毛抜き合わせに重ねづける
    (時間が経つと、重さで自然に開いてゆくから)
  • 舟底をつくる・というよりは
    一重上げをシッカリする感じで

  • おはしょりが、もたつかないように
    中で、下前の処理(一重上げ)をする
  • 余分な布は、端をつまみ後ろへ流す
  • 紐を掛ける

おはしょりを整える

衽(おくみ)線を合わせたら
(お客様に)手で押さえておいてもらう

その間に、おはしょりの

  • 前側は、引きながらシワを伸ばし
  • 後ろ側は、すこし上げ気味に整える

最後に

  • 親指で、前身頃のおはしょりを引き
    衿先の上に、たるみを入れ込んで
    クリップで留める
  • 背中のたるみを取って、伊達締めをする

 

  • 手は、60㎝とる(手首を曲げずに測る)
  • おはしょりの幅8㎝を注意し、
    柄のでる位置を確認して、巻く
  • 一巻き目に締めるとき、
    帯の前の下線をキレイに強く締めるためには
    右手首を返して、下側を引く
  • 幅だしは3㎝で、帯板を入れる
  • 手は、脇までシッカリと引き
    手を下に結ぶ
  • 上から垂れを引き上げ、中心を背に引きつける
  • 持ち替えながら、2度に分けて締める
  • 結び目の中心を押さえながら、垂れを中心まで戻す
  • シワを取って、手を整える

 

二重太鼓をつくる

  • 結び目の近くを開くと、帯が緩むので
    垂れの方の、少し下がった位置を開いて

  • 枕をのせる(垂れ先から40㎝上に)

  • 枕を自分の体で固定して、10㎝の差をだす

  • 帯の下線と、垂れの決め線の位置に気をつける
  • 結び目の下の布を、
    シッカリ下へ引く(押し込む)こと
  • 枕を、背中を撫でるように
    下から上へ乗せる

  • 枕の背中側の布を、左右に(2枚とも)
    引いて布のシワをとる
  • 左右から、親指でつんつんと押して
    枕を、帯の中心に据える

  • 背中を撫でるように枕を滑らせ、
    紋から2㎝下がった場所へ
  • 帯枕のガーゼに、親指を差し入れて
    紐を前へ渡す
  • 後ろから枕を押し上げるように
    背中にシッカリ付けて、前で結ぶ
  • 手を、長めに取ると脇がピタッっとつく
  • 帯〆をする時は、決め線をグッと押す
  • 最後に、形を整える。
    ふわっと、膨らませるように
    決め線から上へ手を動かす

 

脇の処理

  • 前身頃は、身八ッから手を入れて
    襦袢と共に後ろへ引く
  • 後ろ身頃は
    襦袢と共に上へ引く

こうすることで、
手の動きも楽になり、着崩れない

 

裾の処理

足さばきを良くするためには、
一度、前の合わせを襦袢まで開く

 

最後に

クリップを外し、全体のバランスを見る

 


 

如何でしたでしょうか

私は呉服屋の娘として育ちましたが
着付けの師匠は
根津昌平先生、ただ御一人。

いま 私が着付けをすると
「着物って、こんなに楽なのね」
と、皆さんに仰っていただけるのは
先生のお蔭なのです

先生の柔らかく厳しい語りを
想い辿りながら
心をこめて書き起こしました

何かのお役に立てればと
存じます。

 

 

 

-着付け

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

着付師の覚え書き・母から娘へ「成人式」帯結びの手順【花筏 】

みなさま ご機嫌よう ゆみこです 今日もいらしてくださり ありがとう存じます。   お着物がお好きで お年頃のお嬢様がいらっしゃるお母様へ。 「出来れば、娘の成人式には 自分で帯を結んであげ …

成人式・着付けメニュー【帯結び・13種】一覧

みなさま ご機嫌よう こちらのページでは ・わたくしの結ぶ【 変わり帯び・13種 】の写真と ・【訪問着付】を受ける際の注意点・概要 を御覧いただけます 振袖の着付けをご予約の際に どうぞご利用くださ …

「銀座結び」を学ぶ 

みなさま ご機嫌よう 本日、こちらでは 「銀座結び」と「角出し」の違い 「銀座結び」の手順を、文章・手描きで解説し それ以外の簡単な方法での 「着付け動画」 「お薦めの本」もご紹介いたします 私の師匠 …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

 

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

 

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

 

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

 

略 歴

 

 

千羽屋呉服店・長女

永田町のとある神社へ
本職の巫女として奉職

舞台着付
根津昌平氏師事(松竹衣裳)

和裁学苑
村林益子氏師事

和装ポージング&ウォーキング
田中レーヌ氏(パリコレモデル)師事

和文化講座
中嶋よしゑ氏(京都・芸妓)様

メンタルケア・スペシャリスト認定

きもの文化検定3級

小笠原流礼法・師範