小物

使いやすく人気の外ほうきはコレ!逆さ箒の意味や安産祈願のお話しも

投稿日:2019-01-12 更新日:

みなさま ご機嫌よう。

シャ、シャ、シャッ・・という音。

場を掃き清める風景。

ほうき(箒)の音。

静謐で趣のある、丁寧な暮らし。

良いものですよね。

本日は、
そんな箒(ほうき)のお話しです。

 

 箒の由縁と種類

日本に最古の箒として残るのは、

古墳時代中期(5世紀後半)の
小枝を束ねた「箒状のもの」です。

奈良時代
箒は、祭祀の道具としての意味が強く

古事記には

・「玉箒」(たまははき)=玉は人間の御魂(みたま)の意味です
・「帚持(ははきもち)」=葬列を組む際に箒を持っ役目の人

と記されています。

平安時代には
はじめて掃除の道具として記録に残ります。

そして室町時代には、
庭箒や竹箒を扱った箒売りという職業が登場します。

【 種 類 】

①手箒
座敷箒(ざしきぼうき)等
かつては、畳の和室に湿った茶殻を撒いて
茶殻に埃が吸い付いた頃に箒いたもの。

②長箒
庭箒(にわぼうき)・土間箒(どまぼうき)等
屋外の砂や小石を払い、落ち葉をかき集めるもの。

③小箒
荒神箒
(こうじんぼうき)等
荒神は、火神(竈の神様)のこと。
家庭の竈(かまど)周りを清掃した小型の手箒
この手箒で他の場所を掃くと
罰があたると言われました。

 

 安価で、使いやすいと人気の2品

温故知新。

室内の掃除に電化製品が使われるのは
今や理に叶うこと。

けれど屋外で、
砂や小石を逃し、落ち葉をかき集めるならば
やはり、こちらでしょう。

名匠160 庭園ほうき 長柄
by カエレバ

 

名匠161 庭園ほうき 短柄
by カエレバ

では、
ご愛用者さまのお話しを伺ってみましょう。

「画像では掃く部分の幅が狭いし、密度も低いし、どうだろう?と思いつつ注文しました。
使ってみてビックリ、実に掃きやすいです。」

ぎっくり腰四十肩があるので、ストレスなく掃除ができるのは大変助かります。
両親にもプレゼントして、大変喜ばれました。」

棒の部分が細く、私には握りやすいです。」

「お値段が安いからどんなもんかなと思っていましたが、
とても良い買い物をしました!しっかり掃除できます。」

「この箒で掃除してる時の音が心地良く、ゴミがなくても掃除してしまいそうです(笑)」

ほとんど土に帰る素材でできてました。
どこか特殊な工夫がされているらしく、ラベルには実用新案申請中と表記されてました。」

「持ち手の先にひもがついていて引っ掛けやすいです。」

「新居のテラス、庭、玄関のお掃除用に購入しました^^
小さいサイズも購入したので、3歳になる娘に持たせて、一緒にお掃除したいと思っています。」

「こしがあって、落ち葉がからまることも無くとても使いやすいです。」

「うちは鎮守の森が前にあるので真冬以外は落ち葉がすごいんです。
で、最初は大の割には小さい、ちょっとこれじゃ無理かなあと思ったんですが
・・なんの!すっごい集めやすいんです。」

しゅろ箒は質が悪いものだと、どんどん抜けてきたりして扱いにくいのですが
これはコンパクトで軽くてやりやすかったです。」

「これが無いともう庭掃除ができません!っていうくらい
主人ともども大好きで、リピートしまくってます。」

「1点だけ気になるところと言えば、
ほうきの先が斜めにカットされていれば、もっと使いやすかったなぁというところ。」

「ほこりより木の葉が得意のようです。」

「棕櫚製の物は柔らかいので、
隙間に入り込んだ木の葉を上滑りしてなかなか掻き出せず
時間がかかっていましたが、これは一度で済みます。」

「今まで使っていた箒は何だったのかとビックリしました。」

「掃除が、あっと言う間に終わりました。」

「落ち葉がとても掃き易くて、腰が楽です
欲をいうなら、もう少し軽ければさらにいいです。」

「軽くて長いので履きやすいです。履く音も心地よいです。」

如何でしょうか?

微妙な遣い心地の差はありますが
間違いなく皆さんに喜ばれているお品です。

良いものって、
本当に嬉しいですよね。

 

 逆さ箒

実は、
箒を玄関先に、置かれている方って
多いのです。

「デザインが好きだから。」
無邪気な、そんな声もありますが

ちょっと 待って。

サザエさんや、一休さん
お話しの中でも取り上げられた事のある

【逆さ箒】のお話しです。

菷を玄関などに逆さに立てかけるのは、
長居の客を帰すためのおまじない
これは「掃き出す」=「払う」ことからきています。

釘にかけてある箒を外し
客の見えないところに立てると、

食事どきに図々しい人
平気で長居をする人を
追い出してくれるという、おまじない。

逆さに立てかけた時に、
塵が落ちないよう
穂先に、手ぬぐいで姉さんかぶりにしたり

小箒を使って
目立たないように逆さに立てて
お菓子をお供えして子供達が拝むなど

いずれも
「客の下駄の裏にお灸をすえる」
と同じ意味です。

その他

泥棒が入らないように
「夜間には玄関の外に立てると良い」
という言い伝えもあるそうです。

ね。。

いくらデザインの可愛いものでも
たとえ逆さにしなくとも

もう、玄関先には置かないようにしましょうね。

 

 安産祈願の小ほうき

 

元来、ほうきは

穢れを祓う神聖な祭祀具。
魂を「掃き集める」ことや
邪を祓い場を清め、福をかき集めるもの。

ほうきの形がと似ていて、
神の依代(よりしろ)・神の拠り所であり
神事の際に一時的に神が宿るもの。
神様が降りてくる場所

いにしえの民間信仰では
ほうきは、菷神(ほうきがみ・ははきがみ)と言い
神が宿るとされました。

古名の「ははき」が「母木」に通じ
お産=掃き出す=安産祈願
掃除の「掃き出す」が出産と結びつき

神聖なものなので、
箒をまたぐと罰が当たる。

妊婦はお産が重くなるので
箒をまたいではいけない

妊婦は、枕元に置いて眠り
産気づくと箒を逆さに立て
燈明を点けて安産を祈り

真新しい安産小箒で、妊婦のお腹
右回りに3回撫でると良いと信じられました

このように
箒は、人の命に関係する祭祀道具として由来し

現在でも
それを信じてお使いになる方もおられます。

安産祈願に 【 白木屋傳兵衛 】 小ほうき”携帯用ブルーム大”
by カエレバ

 

 おそうじの損?得?・徳!

 

玄関掃除

階段掃除

自分のところと一緒にご近所の前も。

 

ある日、
いつものように掃き清めていると
そこを通りかかった
小学生が

不思議そうに

「何でいつもそんな事するの?
自分だけそんな事をして損じゃない??

と、目をクリクリさせて言いました。

私。

いえいえだって

みんながやらないでいてくれるお蔭で

私だけ徳を積ませてもらえるんだもの

損得の「得」ではないけれど

きっと御徳・よ(微笑)

 

・・・。

クリクリの瞳の可愛い子。
きょっとん。とん。

さて、
謎解きはいつかしら?

 

本日は、この辺りで
おいとま致します。

ご機嫌よう

 

-小物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

きもの美人の小物合わせ「風呂敷」

みなさま ご機嫌よう。   いきなりですが、 あなたは風呂敷を、何枚持っておられますか? 本日は、こちら3枚の・・   目次1  風呂敷のお話しです。2  まず、一つ目は「鬱金」3 …

きもの美人の小物合わせ「貝 紅」・・動画あり

小町紅   みなさま ご機嫌よう。 私にとって 女性の 口紅をひく仕草は特別で、 美しく刻まれた記憶の、ひとつ。 近ごろは、リップ・ティントが全盛で これが色落ちしにくいと 多くの方が 愛用 …

その熨斗袋で大丈夫?金額・用途別の選び方(おまけの動画つき)

  みなさま ご機嫌よう。 本日は・・ 『ご祝儀袋と金額について』のお話しをします。 それも、用途別・金額別に 具体例を挙げた方が伝わりやすいかもしれない と思いましたので、商品画像を載せさ …

花一色・長く愛でる方法。「一輪挿し」

みなさま ご機嫌よう。 足元には今 何か咲いていますか。   四季折々に 街に出て ふと足元を見つめると 水を蓄えた土の中から 知らぬ間に ひょこり 顔を出して 可憐な花を覗かせてくれる野草 …

和装で魅せる「指輪」えらび

みなさま ご機嫌よう。 きもの姿は、 それ自体が 一枚の絵画のよう。 ですが 引きで見たときに 大胆なデザインの指輪でも 着物の一部となると、 華奢な存在に見えることもあります。 特に、お背の高い女性 …