小物

大人だから食べたい本物の味『晒(さら)し飴』=七五三の『千歳飴』

投稿日:2018-10-23 更新日:

 

 

 

 

 

 

みなさま ご機嫌よう。

時節柄
七五三のお話しが聴かれます。

千歳の祈りを込めて
三歳(みとせ)の無事を喜び
五歳(いつとせ)七歳(ななとせ)までも
よく命が長らえてくれたものよ、と
感謝を極める親心。

実は、本物の千歳飴の味は失われつつあると伺って。

本日は、こちら・・

 

 千歳飴のお話し。

 

粘り強く長く生きよと願いを込め
【千歳飴】は

元来は、餅米のデンプンに麦芽を加え
練って作った水飴を煮詰めて、こねて、伸ばして固めた
【晒(さら)し飴】です。

別名
せんざい飴・千年飴・寿命飴
とも申します。

縦長の化粧袋に描かれる
松竹の絵柄は、冬でも青々として
の絵柄には、冬でも花咲かせよと
願を賭け
歳の数だけの飴を入れたもの。

 

その起源は、3説

[其の壱]
元和1年(1615)
大阪の平野甚右衛門が江戸へ出て、浅草浅草寺の境内で売ったとか。

[其の弐]
江戸元禄・宝永
浅草の飴屋・七兵衛が、紅白に染めた棒状の細工飴を
「千年飴」「寿命糖」と名付けて売ったとか。

[其の参]
神田明神
の、
天野屋で売り出されたのが先だとか。

ともあれ、流行り病によって
子どもは急逝することが多かった、その時代は

『七つまでは神のうち』

七歳までの命は神の手の内にあり。

天和元年(1681)
徳川五代将軍綱吉が、まだ幼少の徳松だった頃も
11月15日に健勝を祈念したと。

今は昔の千歳飴。
その味たるや、イチゴ・チョコ・ミルキー・抹茶に(微笑)
虫歯になるから食べさせないとの母心。
時に、シチューと煮込んでコクを出し
溶かして大学芋の蜜にするという。

そんなこんなの千歳飴
昔ながらの晒(さら)し飴

 

一体、本物の味は何処へ?

しかし一部の方々の間では、入手困難なほどに人気だそうです。

この時節にしか手に入らない昔ながらの晒し飴?

あまりに求める大人の皆様からのささやきが
洩れ伝わってきたもので、
探してみましたが、本物は売り切れ多し。。

 

大人になっても
季節を愛で 年中行事を寿(ことほ)ぐ心
どこかで、忘れずにいたいものですね。

お口に合うか解りませんが
縁起物です。

よろしければ、お一つお手に どうぞ。

千歳飴 2本入(赤・白) のし袋・手提げ袋付(昔ながらの一般タイプ)
by カエレバ

 

本日も、
お読みいただき有難う存じます。

またお目にかかれます様に

 

ご機嫌よう。

 

-小物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

極める音色・「三重奏」南部風鈴

みなさま ご機嫌よう。 夏の風に添わせるのなら風鈴。 中でも 深いトーンで鳴るのが 南部鉄。 あなたの、お好みの音色は? 材質によって違う趣を魅せてくれる 風鈴。 その逸品の中 3つの和音で不思議なの …

宴会に和装・裾を乱さず【座布団へ】座るコツと【お座敷座椅子】

    みなさま ご機嫌よう。 宴の席。 会食・旅行・法事の席。 お着物でお出掛けして、 いざ座布団へ座ろうとすると、いつも裾が開いてしまう。 そんな、あなたへ。 和装ならではの …

和装で魅せる「香り」・ 動画あり

みまさま ご機嫌よう。 どうぞ ごゆるりと。   本日は、こちらのお話し。 和の香のまとい方   沈香・伽羅・白檀 桂皮・八角・丁子・山奈… 昨今では 香水瓶入りの オ …

和装で魅せる「マニキュア」づかい

みなさま ご機嫌よう。 曼珠沙華の紅いろが、 緑に鮮やかに映えるこの頃。 どうぞ日々、お健やかに。 本日は、 目次1  和装と、マニキュア2  透明な、マニキュア3  基本色と、アレンジ  和装と、マ …

【如意宝珠】「宝尽くし」の意味①着物の文様

みなさま ご機嫌よう。 初宮・七五三・十三参り ・入学式・成人式・結婚式。 そんな御祝いの席に 身につけていると喜ばれる文様。 それが【宝尽くし】 一つ一つの名前と意味が話せたら 楽しいですよね。 本 …