小物

和装化粧って何が違うの?和美人の3色づかいとラインメイク。

投稿日:2018-10-21 更新日:

みなさま ご機嫌よう。

私は、これまで多くの和風美人さんと出会い

和装映えするメイクとは、何かしら? っと、
考え・感じて・実践してきました。

勿論、人それぞれ
お顔立ちを生かす方法は違います。

けれど和装映えするメイク
確かにあるようです。

そこから見えてきた
基本3色 黒・紅(朱)・白
ラインを引くメイク。

和化粧に『ニュアンス・メイク』は、
かえって野暮なもの。

ラインを大切に凛と引き、
うなじ・瞳の際・唇
この3つのパーツを整えてみて下さい。

文字だけでは伝わりづらいので
まずは、こちらをどうぞ。
あなたのお気に入りの和装メイクが
みつかるかもしれません。

モデルさんのお顔がハッキリと御覧いただける
珍しい着物のファッションショー動画です。

メイクって、
あなたらしい優しさ
あなたらしい輝き

あなたを生かしたい【美だと考えています。

では、本日は
『 これをすると違います。』
・・なお話しです。

 

 [其の壱] 首筋には、黄いろ+白。

和装化粧といえば
まずは、うなじ襟足から。

ここへ、黄色のUV効果のある下地を使い
耳の後ろから下へ流すように色を広げます。

前は、デコルテまで
後ろは、衣紋を抜いたとき
開いた部分が日焼けしなうように塗り広げます。

その次に
白のベビーパウダーを叩きます。

耳の後ろ側から始まって襟足までと、
耳の前側から顎を通ってデコルテまで。

首にはファンデーションを塗りません。

首周りは、
黄色のベース白のパウダーのみ。

脱いだあとで
ファンデーションの付いた半衿の
お洗濯に泣かされることが無くなります。

もしも、
あなたのお肌の透明感の出せるお色が、緑やピンク系
という方は、それをお使いになっても大丈夫。

大切なのは、透明感+白の組み合わせ。

私の愛用品は、下記に貼っておきますね。

このお品は、手のひらにとって
肌に乳液を行き渡らせるよう擦り込むように付けるもの。

水化粧に近い感触で、
指で点置きしてから伸ばすと上手く付きません。

でも、正しく使えば綺麗に艶も出てとても美しく仕上がり、
化粧落としも石鹸のみで充分です。

勿論、お手持ちのイエローの下地などを
お使い頂いて結構です。

ただ、あえてお勧めしたのは
この商品を使った後の
衿汚れの後始末が、とても簡単だからです。

汗ばんで、うっすらと半衿に色うつりした時も
台所洗剤のみで落とせますので、
ご興味のある方は、どうぞ。

アヒレ ゴールドR コントロールカラーA 1号(イエローグリーン)
by カエレバ

 

 [其の弐] タレ目さんの黒と、ツリ目さんの黒。

 

次は目。

アイラインは、パンダのようにグルリと書いてはいけません。

タレ目さんの場合は、
下の絵の、赤いラインの所に黒を引きます。
目頭も、目尻も、ともに斜め上に伸びる線を強調します。

ツリ目さんの場合
次の下の絵の、赤いラインの所に黒を引きます。
目頭も、目尻も、ともに斜めに下がる線を強調します。

和装のアイメイクは、
さりげなく強調すべきところにポイントを絞って引くのみ。
その方が、色っぽいもの。

瞳を、全体に囲んでしまうと一気に、顔が幼くなって
色香を感じさせない雰囲気のない顔を作ってしまいます。

ここが、洋装とは違う点ですね。

 [其の参] おちょぼ口の、紅。

 

 

お手本は、舞妓さんの唇

愛される女性の唇の比率は
上唇 1 : 2 下唇 です。

色は、深紅。
深い色合いは、着物の色柄に負けませんから。

オススメは、こちら。元祖、和製ティント。
無添加・紅花100%で昔ながらの
貝紅でしょうか。

 

 お手本に。「岩田専太郎」さん

本日は、お化粧を、3色のみで語るという
極端にも思えるお話しとなりました。

でも、
和化粧が上手くなりたい貴女なら
ぜひ一度、お試し下さい。

私のイメージをお伝えするのなら・・

挿絵の鬼才。
こちら、岩田専太郎さんに見る美女たちでしょうか。

今では、その御本もなかなか手に入らなくなりました。
女性を愛し、描き続けた専太郎さんのそれは
艶っぽくて、妖艶なものです。

こんな描き手が
今の時代にも現れないでしょうか・・。

岩田専太郎 (らんぷの本)
松本 品子 河出書房新社 2006-01-06
売り上げランキング : 73654
by ヨメレバ

もし宜しければ、こちらもどうぞ
⇒⇒⇒きもの美人の小物合わせ「貝 紅」・・動画あり

最後までお読みいただき、ありがとう存じます。
本日は、この辺でおいとま致します

ご機嫌よう。

 

-小物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

和装で魅せる「マニキュア」づかい

みなさま ご機嫌よう。 曼珠沙華の紅いろが、 緑に鮮やかに映えるこの頃。 どうぞ日々、お健やかに。 本日は、 目次1  和装と、マニキュア2  透明な、マニキュア3  基本色と、アレンジ  和装と、マ …

宴会に和装・裾を乱さず【座布団へ】座るコツと【お座敷座椅子】

    みなさま ご機嫌よう。 宴の席。 会食・旅行・法事の席。 お着物でお出掛けして、 いざ座布団へ座ろうとすると、いつも裾が開いてしまう。 そんな、あなたへ。 和装ならではの …

『今しがた』いつまでも女らしさを大切にしたい人の言の葉④

  みなさま ご機嫌よう。 つい今しがた戻って参りました…と おっしゃる方もおありでしょうか。 お疲れ様です、 お帰りなさいませ。 今宵は・・    大和言葉の『今しが …

母国語を新たに覚える感覚で【古文書】の楽しみ方。動画つき

 みなさま ご機嫌よう。 いきなりで恐縮ですが あなたはクロスワードパズルは お好きですか。 そして、古文書の解読って 少し似てる・・って思われたこと ありますか。 実は、古文書の変体仮名の 【くず …

使いやすく人気の外ほうきはコレ!逆さ箒の意味や安産祈願のお話しも

みなさま ご機嫌よう。 シャ、シャ、シャッ・・という音。 場を掃き清める風景。 ほうき(箒)の音。 静謐で趣のある、丁寧な暮らし。 良いものですよね。 本日は、 そんな箒(ほうき)のお話しです。 &n …