日本の四季

花一色・長く愛でる方法。「一輪挿し」

投稿日:2018-06-19 更新日:

みなさま ご機嫌よう。

ゆみこです

今日もいらしてくださり
ありがとう存じます。

 

いま あなたの足元には
どんな花が 咲いていますか。

 

四季折々に

街に出て ふと足元を見つめると
水を蓄えた土の中から 知らぬ間に
ひょこり 顔を出して
可憐な花を覗かせてくれる野草たち
そう
雑草とは 呼びたくなくて

中には
アスファルトの割れ目からも
小さくても頼もしい強い子たちです

季節が良くなると 街にはたくさん
顔を出すから
いつ
誰かに踏まれてしまわぬうちにと
つい 連れ帰ってしまう
そして
ずっと 見ていたいから

 そんな時に使いたい「一輪挿し」

 

あなたも幾つか持ってらっしゃいますか

なにも無い時にはコップで代用する
としても

基本は

① 丈は 長からず
② でも ズッシリと重量はあって
③ 柔な茎のため 口は狭めの物

草花によっては
グングン お水を飲むのが好きな子もいますから
ちゃんと水のお代わりもあげる為に
けれど あまり水を入れ過ぎない様に

④透ける硝子細工のもの

そして、ご存知ですか?

小さな一輪挿しでは 茎が細すぎて
それさえ ままならない時に

野草の浮き袋みたいなものを
着せてあげて
硝子の器に浮かべるの

広口の器に水を張って 浮かべ
波紋の上に
スッと立っている
ような

そんな 素敵な生け方もあります

それが手元に 一つあると
一年中 道端の小さな草花に
目が向く様になります

oodesign Floating Vase/RIPPLE
by カエレバ

 

良い物・ 好きな物を持つことは
ただ それだけで心の栄養になり
生活に リズムを付けます

一輪挿し ひとつ

そこに在る 草花との関わり方
姿勢は
見えない あなたの財産。

ところで お花屋さんのように
長く美しい草花を 保つには?

みなさんもご存知のように
茎の先を水につけ斜めに切って
水上げして

そして、
・ 十円玉を入れる
・ お酢を 数滴入れる
・ 漂白剤を入れる
・ 重曹を入れる
・ 砂糖を入れる
・ 気の抜けたサイダーを入れる
・ 茎に塩を 擦り込む
・ 茎を焼く
・ 茎を叩く・・  など

それぞれに
水中のバクテリアを抑える為
栄養素としての糖分補給の為
水の吸い上げを良くする為

色々と あるようです。 が、

 一番は「延命剤を入れる」こと。

これを入れると
水中の茎に ヌメリが付きにくくなります

糖分・抗菌剤・界面活性剤・有機酸・防腐剤
など 商品によって違いますが
栄養補給と腐敗防止のお薬が入っていて
お花屋さんで使われているものです。

永遠に・ とは
ゆかずとも 永くいて欲しいから

その思いが 届くように
話しかける・
と、 いう方もいますね。

野草ではありませんが、
私の知人に
サボテンに向かって毎日

「可愛いね。
自分が守るから 大丈夫だよ
棘は要らないからね」 って

ずっと 語りかけていて
とうとう ツルッツルのサボテンに
しちゃった人がいます(苦笑)
尊敬します。

でも、
私は 野草が好き。
大輪のそれには無い風情を
慈しむように愛でたくて。

 

いま あなたの足元には
どんな花が咲いていますか。

あした、視線を感じてあげてね

ではまた ご機嫌よう。

 

-日本の四季

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

成人式。振袖の意味。あなたは行く?行かない?

          みなさま ご機嫌よう。 いきなりですが質問です。 あなたは成人式には出席されました? 本日は、こちら 目次1  成人式、あなたは行 …

大人だから食べたい本物の味『晒(さら)し飴』=七五三の『千歳飴』

京都の飴屋 岩井製菓の七五三用千歳飴の製造風景   みなさま ご機嫌よう。 時節柄 七五三のお話しが聴かれます。 千歳の祈りを込めて 三歳(みとせ)の無事を喜び 五歳(いつとせ)七歳(ななと …

その熨斗袋で大丈夫?金額・用途別の選び方(おまけの動画つき)

  みなさま ご機嫌よう。 ゆみこです 今日もいらしてくださり ありがとう存じます。   本日は・・ 『ご祝儀袋と金額について』のお話しをします。 それも、用途別・金額別に 具体例 …

懐かしい夏を思い出す音色 「南部風鈴」三重奏の歴史と起源

再稿   みなさま ご機嫌よう。 ゆみこです 今日もいらしてくださり ありがとう存じます。   夏の風に添わせるのなら風鈴。 中でも 深いトーンで鳴るのが 南部鉄。 あなたの、お好 …

使いやすく人気の外ほうきはコレ!逆さ箒の意味や安産祈願のお話しも

みなさま ご機嫌よう。 ゆみこです 今日もいらしてくださり ありがとう存じます。   シャ、シャ、シャッ・・という音。 場を掃き清める風景。 ほうき(箒)の音。 静謐で趣のある、丁寧な暮らし …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

 

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

 

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

 

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

 

略 歴

 

 

千羽屋呉服店・長女

永田町・山王日枝神社奉職

舞台着付
根津昌平氏師事(松竹衣裳)

和裁学苑
村林益子氏師事

和装ポージング&ウォーキング
田中レーヌ氏(パリコレモデル)師事

和文化講座
中嶋よしゑ氏(京都・芸妓)様

メンタルケア・スペシャリスト認定

きもの文化検定3級

小笠原流礼法・師範

 

Special thanks !

立川・府中アスレティックFC