し ぐ さ

蓋盆(ふたぼん)の煎茶(玉露)点前・巫女点前の覚え書き①

投稿日:2019-10-04 更新日:

みなさま ご機嫌よう

あなたは神社の境内で

巫女さんの野点などを、
ご覧になったことはありますか。

こちらは
普段、巫女が御奉仕の合間に
お稽古を積む、

蓋盆(ふたぼん=茶びつ)を使った
『煎茶(玉露)点前』の覚え書きです。

基本のき・なので、忘れないよう
書き残すことにしました。

また、
煎茶道具も色々ありますので

お道具のイメージ画像も取り込みながら
進めることにします。

お品の詳細も、
画像下にてクリックしてご覧頂けます

どうぞ。

 

 

 手 順

ご挨拶

・水屋から、
建水を下座の手に持って出る

・建水

【煎茶道具 建水】

 

・襖の前に、静かに座る
建水を身体の下座側に置く
襖を、三手で開ける
・静かに座礼
(頭は、下げる時より起す時の方が、ゆっくり)
・もう一度、建水を持って立つ
下座足から敷居を踏まずに入り、点前座へ進む


蓋盆(茶櫃)


茶びつ(茶櫃)杢目 8.5寸 

 

の、3時と9時のところを持ち
・身体の正面の、自然な位置に持ち上げたら
・蓋表(蓋の上側)を、
上座(お客様の側)へ斜めに傾けて、裏返す


配 置

盆巾、茶巾入れ

【煎茶道具 盆巾筒/茶巾筒】
万歴赤絵 仙月作

 

盆巾・茶巾入れ
12時と6時のところを持って 外へ出す

 

茶碗

【煎茶道具】有田焼 椿紋煎茶碗揃

茶碗を
ひと碗ずつ盆(蓋の内)へ並べる

 

急須盆

【煎茶道具】急須台 約直径3寸 欅製

 

急須盆(茶托の上に重ね置いてある)を
右手で取り上げ、
右膝上まで引いたら 両手で盆の上へ置く

 

急須

【煎茶道具 急須】 後手急須 

 

急須は
3時と9時の所を 上からシッカリ摑み持ち
右膝の低い所で、
左の手の平の上へ置き直してから
さらに
右手を急須の持ち手に持ち替えて、盆の上へ

 

湯沸かし

【煎茶道具】涼炉(小)炭用 

 

湯沸かしを
炉から降ろし、沸騰を止める
(湯沸かしが、沸騰していて
蓋がずらしてある時は、この時に閉める)


茶碗
を洗う

 

・・・つづく。

⇒⇒⇒蓋盆の煎茶(玉露)点前・巫女点前の覚え書き②

 

玉露って、とっても美味しい♡

よく、「お出汁みたい!」・・て
言われます。

普段、

家庭でお点前をすること
無いのですけれど

この蓋盆点前なら、難しくありません。

それに
やっぱり 基本の・・は大切。

「き=気」が、入ると美味しくなる

なので、私も ときどき

振り返って
初心に戻りたくなるのです。。

 

 

-し ぐ さ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

蓋盆(ふたぼん)の煎茶(玉露)点前・巫女点前の覚え書き⑤

みなさま ご機嫌よう 本日も、 蓋盆(ふたぼん=茶びつ)を使った 巫女さんの 『煎茶(玉露)点前』の覚え書きです。 なんと5回目です。 前回まで、 ゆーっくり ゆーっくりと 時間をかけて育てていった …

初心者さま向け。お箸とお椀の扱い方(箸の持ち方・動画つき)

  みなさま ご機嫌よう。 お疲れ様です。 お食事は、お済みになりましたか? 本日のお話しは、こちら 【食事の所作】 基本の「き」の、お話しです。   でも。。 お茶碗やお箸づかい …

女性を美しく魅せる・日常遣いで簡単な、手指の使い方。

みなさま ご機嫌よう。 女性なら誰しも、 しぐさ美人に憧れるもの。 年齢を重ねても 会話が上手くなくても グッと あなたを印象づけるものだから。 本日は、簡単で日常遣いの 手指の使い方の・ お話しです …

蓋盆(ふたぼん)の煎茶(玉露)点前・巫女点前の覚え書き④

みなさま ご機嫌よう 本日は、4回目の 蓋盆(ふたぼん=茶びつ)を使った 巫女さんの 『煎茶(玉露)点前』の覚え書きです。 きっと ここまで根気よくお付き合い下さった あなたは、 私よりずっと 腕に覚 …

正座が苦手な方・和の所作に慣れていない方の、ちいさな心得。

  みなさま ご機嫌よう。 正座が 普段づかいの所作でなくなって 久しい昨今。 あなたは、正座に自信がありますか。 ご自宅に、和室の少なくなった今 道の付く 習い事などをされているかた以外は …