し ぐ さ

蓋盆(ふたぼん)の煎茶(玉露)点前・巫女点前の覚え書き②

投稿日:2019-10-05 更新日:

みなさま ご機嫌よう

本日も、こちら

巫女さんの
蓋盆(ふたぼん=茶びつ)を使った
『煎茶(玉露)点前』の覚え書きです。

煎茶道具といっても
色々ありますので、

その都度、ご紹介していきたいと思います。

よろしければ、
どうぞ ご覧ください。

 

 手 順 ②

現状↓

 

茶碗「洗う」

・水柱


【茶道具/煎茶道具】水注 水次 青磁

 

水柱を
右手の中3本で摑み親指と小指は伸ばす

右膝上の、低い位置で左手を添え
1の茶碗から順に、水を注ぐ

 

・建水

【煎茶道具 建水】
志野焼き・織部焼き・黄瀬戸 五陶作

 

建水に水を捨てる
茶碗を、帯の高さまで持ち上げ(身体は起して)

茶碗は一度
左手の手の平に置いてから建水へ(1から5の順)

 

茶碗「拭く」


【煎茶道具 湯のみ】

 

1の茶碗から

・右手で
茶碗に、茶巾を掛けて持ち上げる

・左手は
Uの字になる様にして、糸底を持ち

・胸の高さの自然な手の位置で
左脇を締め過ぎないように注意して

3回に分けて、拭き降ろす

 

・茶巾

【煎茶道具 茶巾】 煎茶用茶巾 本麻 1枚〜

 

茶碗「温める」

・湯沸かし


【茶道具/煎茶道具】ボーフラ(湯沸し)
白 横手 ぼうぶら 湯灌 保富良 保夫良

 

・湯沸かしで
茶碗の1から順に熱湯を注ぎ温める

 

* ここで、前半の流れが終わる。

一度、
両手を膝におさめて呼吸を整える

 

茶葉を測るへ

 

・・・つづく

⇒⇒⇒蓋盆の煎茶(玉露)点前・巫女点前の覚え書き③

 

お茶の先生の所作って

もう
普段の何気ない仕草から、キ・レ・イ♡

丁寧に時間を使っているから?

「どんな物でも、
両手で扱う・手を添える」

そんな
ささやかなことが、とっても素敵。

心に いっぱいの余裕は
きっと
人を美しく見せる

そして心に いっぱいの幸せは

「人を巻き込む」

そういう事のできる人に、憧れます。

 

 

-し ぐ さ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

巫女さんの 「煎茶(玉露)点前」のまとめ。「茶巾・盆巾の作り方」

みなさま ご機嫌よう いつも ありがとう存じます ゆみこです   本日は 以前に書いた 【巫女さんの 『煎茶(玉露)点前』の覚え書き】 (全7話)と 【巫女さんの茶巾・盆巾の作り方】のお話し …

着物しぐさのお手本になる女性を求めて「おそめ」を読む(序章より)

みなさま ご機嫌よう ゆみこです いらしてくださり ありがとう存じます   着物を身にまとった 所作の美しい女(ひと)影をさがして 今回、手にした一冊 「おそめ」 著者は 石井妙子さん 流麗 …

着物で座るときの、小さなポイント。

みなさま ご機嫌よう。 宴の席。 会食・旅行・法事の席。 お着物でお出掛けして、 いざ座布団へ座ろうとすると、いつも裾が開いてしまう。 そんな、あなたへ。 和装ならではの 美しい席への着き方があります …

初心者さま向け。お箸とお椀の扱い方(箸の持ち方・動画つき)

  みなさま ご機嫌よう。 お疲れ様です。 お食事は、お済みになりましたか? 本日のお話しは、こちら 【食事の所作】 基本の「き」の、お話しです。   でも。。 お茶碗やお箸づかい …

蓋盆(ふたぼん)の煎茶(玉露)点前・巫女点前の覚え書き③

みなさま ご機嫌よう 本日は、3回目の 蓋盆(ふたぼん=茶びつ)を使った 巫女さんの 『煎茶(玉露)点前』の覚え書きです。   忘れないよう、 思い出しやすいように っと、 お道具のイメージ …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

 

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

 

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

 

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

 

略 歴

 

 

千羽屋呉服店・長女

永田町・山王日枝神社奉職

舞台着付
根津昌平氏師事(松竹衣裳)

和裁学苑
村林益子氏師事

和装ポージング&ウォーキング
田中レーヌ氏(パリコレモデル)師事

和文化講座
中嶋よしゑ氏(京都・芸妓)様

メンタルケア・スペシャリスト認定

きもの文化検定3級

小笠原流礼法・師範